「・・・行きたくないなー。」

今日は水泳の日。朝からそんな話をしていると上の娘の口からぽつり。「・・・行きたくないなー。」

「おっと、とうとう来たか。」と内心待ち構えていたわたし。以前にもほんの少しだけ「水泳ってやめてもいいの?」と聞かれたことがあったのだ。その時には「娘ちゃんがやりたいって思うならやったらいいし、やめたいって思ったらやめていいんだよ。」と伝えていた。娘は「ふーん。」と言っただけで、すぐに別の話題に替わったの

もっとみる

プール

今日は子供のプールです。

毎週末プールに行ってるのですが、2人ともプカプカ楽しそうです。

水に顔をつけるのが、弟君は割と平気なのですが、

姉ちゃんが若干怖がってまだやりません。

まぁ、顔を見ずに漬けるのずっと怖がる子っていたしなぁ・・・。

と思いながら温かく見守ってます。

当の父親はカナヅチです。

いいんです。

別に泳げなくても生きてこれていますから。

来週は幼稚園の運動会。

もっとみる

2019年の日本では10月に庭でプールをするのは季節はずれな習慣でした

とか。数十年後 秋も春も無くなった日本でこの記事が『2019年の日本のとある家庭の記録』としてNHKが取り上げる。

今日、庭でプール遊びしてました。実話です。

海に帰りたいと思う時

どうも。かいです。累計PVが増えてくるのを見るのが、最近の唯一の楽しみです。みなさん、「スキ」お願いします。僕もっと、好かれたい。

今日、ある動画を見た。こちらの動画である。

話の本筋とはあまり関係ないのかもしれないが、キングコングの梶原さんはこのような事を言っていた。

「ほんまにごめんなさい、僕理解が出来ないんですよ。プールとか、息できないじゃないですか。そこにはしゃぎながら、行く意味が分

もっとみる

私の「気持ちいい」を追いかける

ジムのプールで泳いでたら、無意識のうちに私の頭の中は「みんなに見られてる」「へっへーん、他のやつより泳げるぜ」「私遅すぎないかな、邪魔かな」みたいなのでいっぱいになる

いつも1キロ泳ぐのがノルマだから、せっせと達成するために泳ぐ。

だけど今日、何か水の感触が違った。

いつもより水が重くもなく、軽くもない。気持ちいい。
身体を打つ水の感触がすごく気持ちよかった。

別に早く泳げているわけじゃな

もっとみる

プールに行ったよ〜

20年ぶり位のプールです。
新居から歩いて10分位の所に#市民プールがあることを知り娘に連れられ、行ってきました。

1時間330円。

25mプールの周りに流れるプール…という造り
溢れるほどの子供達と若いお母さん達に紛れ込んで流れに乗って歩いたりちょっこと泳いだりしながら・・
何周したかなー
45分位して流れるプールから出るとなんと足ががくがくでビックリ‼️

いやー いい運動になったなー

もっとみる

幸福な日常。ジムにいってプールで泳いで、日向ぼっこして・・・

仕事が10時くらいで一段落すると、たいてい僕はジムに行きます。

すぐプールに直行して、しばらく水中ウォーキングをします。

なにも考えないで呼吸を整えながら水の中を歩くだけなんですけど、めちゃくちゃリセットされるのです。

疲れがすぐ取れます。

人とあったり、セミナーをした翌日なども、この水中ウォーキングをします。

多くの人と会いすぎると、そのあった人のエネルギーがよみがえってきて、顔が浮か

もっとみる

プールに行って100回目

今日、去年の11月下旬から始めた水泳が、100回目になりました。3日に1回プールに行って泳いでいるペースになります。

これは私の中の人生にとってかなり事件なんです。

私は三日坊主どころか半日で「その意義」を考えてやめてしまうタイプなんです。子供の頃からそうでした。小学校、中学校と、授業の予習をして行った事は一度もありませんし、復習もしませんでした。テスト勉強や受験勉強以外、勉強はしませんでした

もっとみる

【SPG】JWマリオット・シンガポール・サウスビーチ 宿泊記

今回の滞在はJWマリオット・シンガポールになります。マリオット最上級ブランドのJWマリオットですが、果たしてどのような滞在になったのでしょうか?

1. JWマリオットとは?

 マリオット最上級ブランドになります。日本ではまだ未上陸ではあるものの、マリオット会員の間ではある程度有名なものと思います。また、2020年には日本でも奈良に開業することが発表されています。「なぜ奈良に?」という話もありま

もっとみる

1歳子連れ初のアメリカ旅行記ホテル編

今年の夏、もうすぐ1歳になる娘を連れて行ったアメリカ滞在日記を残しておきます。

アメリカ西海岸のとある小さな町です。夫と3人で行きましたが、数日ほど彼は仕事の関係で昼間いませんでした。

今回は思い出すと一番、感慨深いのは宿泊したホテルでした。

今回、昼間に娘と2人になることもあり、きちんとしたマリオット系のデザイナーズホテルに泊まりました。そのせいか、ホテル内にはあちこちに絵が飾られていま

もっとみる