実は私、マチュピチュに行ったことあるんです・・・

月曜日になりました!
来週、再来週は営業日が4日になりますね。
仕事していかないと・・・笑

ということで(???)
本日のピックアップはこちらです。

マチュピチュ!
私、行ったことあるんです。。(タイトル通り)
マチュピチュって
上から下を見下ろして家とかを見つけることができるんですが、
下から見上げても遺跡の場所とかわからないんですよ。
すごくないですか??ありえるんですかね。
本当にラピュ

もっとみる

マチュピチュ訪問のコツ〜2019年9月版〜

9月上旬から約12日間ほどペルーを旅してきました。ペルーで最も人気があり名高いと思われるスポットがマチュピチュ。そのマチュピチュ観光にあたって、色々と気づいたことをここにシェアしてみたいと思います。今後ペルー訪問を計画している方のお役に立てれば幸いです。

・マチュピチュそのものは子連れやお年寄りでも訪問可能

今回一番驚いたのが、マチュピチュを訪れる観光客の層が非常に幅広かったこと。小学生の団体

もっとみる

マチュピチュで1日過ごす

クスコの早朝、宿を出てマチュピチュ村へ向かう駅へ出発する。
マチュピチュとの往復便はダイヤが限られているため出発は朝になる。

早朝に出発し、ゆっくりと高度を下げながらマチュピチュに向かっていく。
車窓からはインカ帝国の石積み跡やトレッキングツアー客が歩いているのを確認できる。のんびりとした景色を眺めていると終点のマチュピチュ村の駅に到着。まだ明るかったのでせっかくならと温泉に行ってみる。

温泉

もっとみる

南米横断

11月に就活を終えた僕は焦っていた。
12月からの南米横断がそこまで迫っていたからだ。

就活と並行して作成していた卒業論文を12月9日に提出し10日に東京へ移動、11日に成田からアメリカ経由でペルーの首都リマに入った。
日本と季節が真逆の南米といえど、首都から離れアンデス山脈に近づくにつれ標高も上がり、気温はどんどん下がっていった。

最初の目的地はマチュピチュ。
高校生の時に世界史の資料集で見

もっとみる

マチュピチュは本当に飛んでいた

今回もちょっと不思議なおはなし。

一年半くらい前、カンボジア旅行に行ったのですが
その帰りの飛行機の中でのこと。

旅行の疲れが出たのか、
座席でうとうとしていると

突然、
おでこの真ん中に
ビジョンが浮かびました。

それは、空に浮かぶ大きな城。

その城は傾き、崩れかかっていました。

まるであの有名な「天空の城ラピュタ」の
最後のシーンのように。

城は大きな大陸の上にありました。

もっとみる

RT./『ペルーの有名な観光地であるマチュ・ピチュが1911年に発見された当時の写真と、最近の写真を比較したページ。 …当時の調査隊のリーダーは米国のハイラム・ビンガム3世で、インディアナ・ジョーンズのモデルの一人。 』※

RT./

『ペルーの有名な観光地であるマチュ・ピチュが1911年に発見された当時の写真と、最近の写真を比較したページ。 https://t.co/VKAZFeT3Bt 繁茂していた植生を除去する「発掘」を行ったことがわかる。当時の調査隊のリーダーは米国のハイラム・ビンガム3世で、インディアナ・ジョーンズのモデルの一人。 』※

Sourse:※画像含む

https://twitter.com/

もっとみる

空気×コノテーション×日本

ペルーから帰国してから、もう一年以上経つ。

帰国した時の様子は、今でもよく思い出せる。

空港から自宅までの道中で、私が感じたことは、
『日本はつくづく息苦しい国』ということだった。
電車の中にいる乗客たちは、みんな揃って下を向いている。
暗い面持ちで、疲れたと言わんばかりの表情で。
街中を歩いている時も妙だった。
ペルーは良くも悪くも「街が笑っていた」のに対し、
日本は真逆で、「街が死んでいる

もっとみる

細かい旅行日記_2019_中南米_38

マチュピチュ二日目の登山口から入ったところで、

まずは順序通り進みます。

こういう景色が見えるところで順序と逆方向へ15分ほど進むと太陽の門への道案内看板が出ています。

まずはひたすら進む

なんか、大きな岩があった。

オブジェだろうか。と思いながらさらに進む。

踊り場?祭壇?みたいなものもあった。

何に使うのかはわからないけど、アニメの主人公なら多分このあたりで意識を失って過去のペル

もっとみる

細かい旅行日記_2019_中南米_37

マチュピチュ二日目

11時からのチケットを持っていたので余裕をもって8時半に宿を出る。

宿のお姉さんに聞くとペースにもよると2~3時間程度とのこと

朝から電車が走る光景を眺めながら山の方へ

昨日とは違う。

往復2500円を超える高額バスチケットなんて買ってやらない。

何といってもマチュピチュの標高はたったの2600m

ふもとの村は約2000m

数日前まで4000Over平均だった自

もっとみる