「メン・イン・ブラック インターナショナル」

原題:Men in Black International
監督:F・ゲイリー・グレイ
製作国:アメリカ
製作年・上映時間:2019年 115時min
キャスト:クリス・ヘムズワース、テッサ・トンプソン、リーアム・ニーソン、エマ・トンプソン

 スピンオフと捉えるのであれば、アリかという娯楽作品。
 予告を裏切ることない予告そのままの映画。それをつまらないと取るか安心ととるかは人夫々の反応だ。

もっとみる

勘違いで人が死ぬ!怒りの除雪車×リーアム・ニーソン『スノー・ロワイヤル』

雪に囲まれた田舎町キーホーで除雪作業員を営むネルズ・コックスマンは、模範市民賞を受賞するほど真面目な人物。そんな彼の一人息子が、麻薬の過剰摂取によって突然死する。息子に限って薬物なんて―。真相を探る内に、息子が地元の麻薬王バイキングの一味によって殺されたと知り、ネルズは孤独な復讐を始める。一方、手下が次々殺されていくことに気づいたバイキングは、これを別組織による妨害工作と断定し、敵対組織を襲撃。平

もっとみる

キャスト負けしてた『メン・イン・ブラック:インターナショナル』

2019年公開映画87本中56位。

地球を守るために、MIBがエイリアンの野望を阻止するという、
よくも悪くも1作目から変わっていない展開でした。

1作目の公開が1997年だったから、実に22年。
その間に、多くのSF、アクション、スーパーヒーロー映画が作られてきた。
その中で見てしまうと、「なんで続編作ったんだろう」
って思っちゃうぐらいには、正直あんまり刺されなかったな。

幼い頃に宇宙人

もっとみる

6月10日 「スノー・ロワイヤル」面白かった!リーアム・ニーソンって素敵!

お天気センターの尾澤です。

きょうの福岡は、おおむね晴れの一日。
日中の最高気温は26度前後とこの時期らしい気温で、もう今年は何回か30度超えを経験しているからか、すこし肌寒く感じます。朝晩は特に。
うっかり窓を開けっ放しで寝ちゃったりしたら、一発で風邪ひきそう。

そして、次に雨が降りそうなのは週末です。
福岡はここのところ記録的な少雨で、ダムの水がかなり少なくなっているので、まとまった雨が降

もっとみる

『スノー・ロワイヤル』リーアム父の復讐が勘違いの嵐で狂騒へ! 6/7~公開中

原題:Cold Pursuit ★★★★☆

リーアム・ニーソンが愛する息子を殺され、復讐の鬼と化す…

ワケですが、

『96時間』の類いとは、ちと違います。

『ファーゴ』やタランティーノ風『96時間』…と、引き合いに出されますが、それはあくまで表層。

バイオレンス(社会派)アクションコメディ、というのか

リーアムパパが駆る除雪車のごとく、思い込みや既成概念をグワグワ押しのけていくんです。

もっとみる

粛々と復讐していくだけの映画『スノー・ロワイヤル』

2019年公開映画81本中52位。

模範市民賞を受賞するぐらい真面目に仕事をこなす
除雪作業員役のリーアム・ニーソンが、
コカイン絡みで息子を亡くしてしまい、
犯人たちに復讐していく話。

ハリウッドらしく、派手なアクションがあるかと思いきや、
それを期待していくと、ちょっとがっかりします(笑)

犯人を見つける上で斬新な手法を取るわけでもなく、
復讐する上で何か特殊能力があるわけでもなく、

もっとみる

キングダム・オブ・ヘブンの感想/ワンコと助手も思い出してあげて~

(2018年8月のブログ記事の再掲です。)

スケールがデカ過ぎて一回観ただけではよく分からなかったので、二回鑑賞しました。その結果、ますます感想が書きづらくなり、もう何がなんだかよく分からない状態になっておりますが、そんな私は多分元気です。ざっとした印象だと、オーリーがずっとボーっとしていました。そして冒頭の音楽が志方あきこっぽかったな、とか思いながら鑑賞。

相変わらずオーリー目当てに観たので

もっとみる

試写『スノー・ロワイヤル』(2019年の映画) +追記『ウィンド・リバー』も見ました。

2015年WOWOWの予告欄にすごいやつが出現した。

『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』(2014年の映画)

これに私の超直観おもしろ映画センサーが反応した。

「これあれでしょ。リーアム・ニーソンみたいな除雪おじさんの怒りが爆発してヤクザハウスの軒先を雪まみれにしたり轢殺したり氷いちごにするやつでしょ? 絶対おもしろいじゃん!」

ところがこの予想は完全に裏切られた。期待を上回る満足感

もっとみる

『フライト・ゲーム』を視聴。リーアム・ニーソンと聞いてもピンとこないが、顔を見たら「ああ、見たことある」な主人公をはじめ、その他大勢。ストーリーはサスペンスで、主人公のみアクションという作品。犯人が名乗るまで誰が犯人でもおかしくないような、そういう展開。良い作品。

フライト・ゲームの感想

リーアム・ニーソン大好き。 ジャウム・コレット=セラ監督と組んだ2作目。アル中の航空保安官がハイジャック犯と戦います。ただし、犯人はけっこうしょぼいしストーリーは穴だらけなので、物語よりもリーアムに萌えることがメインの映画だと思います。

ジュリアン・ムーアさんが出ていましたが、とくにストーリーに絡むこともなく終わります。なんなの? ジュリアンさんの無駄遣い? リーアムとジャウム・コレット=セラさ

もっとみる