多様性がぶつかる最前線のリポート『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』

本稿は光文社のサイト「本がすき。」に8月21日に寄稿したレビューです。編集部のご厚意でnoteにも転載しています。

いきなり私事で恐縮だが、私は2016年から2年間、家族そろってロンドンで暮らし、娘たちはそれぞれ地元校に通った。三姉妹の次女が入ったのが、成績や素行に問題を抱える生徒が多い、「地区の底辺校」のハイスクールだった。それほど大きな事件はなかったが、生徒間の窃盗などのトラブルは日常茶飯事

もっとみる

SFに息吹を吹き込む新たな古典の誕生 『三体』

本稿は光文社のサイト「本がすき。」に8月8日に寄稿したレビューです。編集部のご厚意でnoteにも転載しています。

話題の中国発の大作は、評判に違わぬ一気読みのエンターテインメント性をそなえた第一級のSFだ。多くの識者が指摘しているように、スケールの大きさとグイグイと引き込むストーリー展開は巨匠アーサー・C・クラークの古典「幼年期の終わり」を想起させる。

『三体』早川書房
劉慈欣/著 立透耶/監

もっとみる

ターゲットは自分でないと気づく

『STORY』連載エッセイでの平成最後の5年分を納めた、人気書籍3冊目を読みました。

        (画像はAmazonからお借りしています)

数々のファッション企画、美容企画を向こうに回して、必ず人気ベスト10に食い込む、長寿人気連載!(Amazon内容紹介より)

本作もエッセイ全てに林真理子節が炸裂しています。

しかし3冊目となると、ふっと思い出しました。

「ああ、これは40代の人

もっとみる

賢者が説く、しなやかな生存戦略 『反脆弱性』

本稿は光文社のサイト「本がすき。」に7月29日に寄稿したレビューです。編集部のご厚意でnoteにも転載しています。

著者ナシーム・ニコラス・タレブは、ユニークな実践知を提唱する当代の賢者の一人といって良いだろう。

ベストセラー「まぐれ」では、生物としての人間が進化の過程で獲得した「世界の切り取り方」が、現代社会、特に経済・金融分野では有害なバイアスとなり、意思決定やリスク管理などで重大な誤りを

もっとみる

装画『未来を、11秒だけ』-メイキング

『未来を、11秒だけ』
著:青柳 碧人 氏
刊:光文社
発売日:2019/07/18
ISBN-10: 4334912931
ISBN-13: 978-4334912932
デザイン: welle design 坂野 公一 氏

装画を担当いたしました。

シェアハウス《FREEDOM TREE》の住人たちには秘密がある。
本名。身許。ここに住む理由。
11秒だけ、未来が見えること。

繁華街でト

もっとみる

主流派経済学への強烈なアンチテーゼ『父が娘に語る美しく、深く、とんでもなくわかりやすい経済の話』

本稿は光文社のサイト「本がすき。」に7月17日に寄稿したレビューです。編集部のご厚意でnoteにも転載しています。

原題は”Talking To My Daughter About Economy”。
昨今の経済・ビジネス書の常で、邦題はいささか冗長だが、タイトル通り、父から娘への語りかけというスタイルでつづられたこの本は、いくつかの理由で類書とは一味違う魅力を放っている。

『父が娘に語る美し

もっとみる

あまりに過酷な「天職」との出会い 『紛争地の看護師』

本稿は光文社のサイト「本がすき。」に7月1日に寄稿したレビューです。編集部のご厚意でnoteにも転載しています。

「国境なき医師団」で活動する日本人看護師の話題の手記は、私にとって期待したテーマに対する満額回答以上の読書、そして意外な面で深く考えさせられる読書になった。

『紛争地の看護師』小学館 白川優子/著

まず感想より先にお伝えしておきたい。この本はできるだけ多くの人に読まれるべきだ。多

もっとみる

幻想を解く本音トーク 『誤解だらけの人工知能』

本稿は光文社のサイト「本がすき。」に5月29日に寄稿したレビューです。編集部のご厚意でnoteにも転載しています。

副題にある「ディープラーニングの限界と可能性」についての対話を中心とした、手軽に読める格好の入門書だ。
特に「限界」についての専門家による明け透けな本音トークは、巷にあふれる「ディープラーニング万能論」や「人工知能脅威論」がいかに陳腐で安易か、具体例を挙げて指摘する痛快な読み味があ

もっとみる

天皇家という家族の実像 『天皇陛下の私生活」

本稿は光文社のサイト「本がすき。」に4月3日に寄稿したレビューです。編集部のご厚意でnoteにも転載しています。もう元号が変わったので、最後だけ少しリライトしています。

半藤一利の「日本のいちばん長い日」など、終戦の年である昭和20年(1945年)の昭和天皇と周辺の言行を記録した読み物はおびただしくある。
本書のユニークさは、その激動の1年を「観察期間」としながら、あえて天皇家という特殊なファミ

もっとみる

「外さない書き方」の指南書 『東大作文』

本稿は光文社のサイト「本がすき。」に5月9日に寄稿したレビューです。編集部のご厚意でnoteにも転載しています。

ベストセラー「東大読書」の姉妹作の売り文句は、「『伝える力』と『地頭力』がいっきに高まる」。ずいぶんと欲張りなタイトルだ。看板に偽りはないのだろうか。

『「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる 東大作文』東洋経済新報社
西岡壱誠/著

四半世紀近く記者稼業をやっているので、一応、

もっとみる