凡人が秀才のアウトプットを目指す

全体像を纏めてから、アウトプットしていこうと思ってましたが中々時間がかかりそうなので、速攻性が高いtipsから紹介していこうと思います。

題名に書きましたが、凡人が秀才のアウトプットを出す為の取り組みとなります。凡人と秀才の定義については別途書いていきたいと思います。

まず最初に紹介したいのは、自工程完結(JKK)という考え方からです。JKKとは一言でいうと【自分の仕事に自らが責任をもって一定

もっとみる

「反例を積み重ねろ。」

ナシーム・ニコラス・タレブ著・「ブラック・スワン」を読んだ。

ありえない事象のことを指すブラック・スワン(黒い白鳥)。

その特徴は、
・普通は起こらない
・大きな衝撃がある
・事後に説明が可能

なこと。

そのありえないことが実際に起きてしまうと社会に大きな影響を及ぼす。

9.11のアメリカ同時多発テロや3.11の東日本大震災なんかはまさにブラック・スワンだ。

このありえないことになぜ人

もっとみる

「最悪を想定しろ。」

今、台風19号が日本に上陸している。

これからの時間(21時)にかけてピークになるみたいだ。

俺が住んでいる地域はかなり被害を受けると予想されているからどうなるのか?と多少心配している。

一ヶ月前には千葉が台風による被害を受けたけど、
テクノロジーが発達した現代でもまだまだ予測できないような自然災害が起こってしまう。

今のところ自然災害を「消す」なんてことは出来ず、
予測する・防ぐ・備える

もっとみる

自分が思い描いていた「起業家」がインターンをする前とどう変わったか

今回は、想像していた「起業家」という存在が、インターンをしてどう変わったか、それに対してどう感じたか、自分なりに考えた事を皆様に共有できたらなと思っています。

インターンをする前

インターンをする前、僕の起業家のイメージを分析すると2種類あって「ギラギラ型」と「天才型」に分けられます。

「ギラギラ型」はカリスマ性のあるスーパービジネスマンです。ピカピカに磨かれた革靴に、バッチリ決まったアルマ

もっとみる

凡人だからできること

こんにちは、おそとです!

ぼくははっきりいって、凡人です。
何かすごい事ができたり、人を笑わせたりできるわけではありません。

たまに「文章が書けてすごい」と言われますが、僕レベルの文章は誰だって書けます。みんなが文章を書いてないだけです。

先日、TOMORROWGATEの西崎社長の講演会が近畿大学であったのですが、そこで成果がでる10の行動指標というものを教えていただきました↓↓↓

成果が

もっとみる

「勉強しろバカ。」

松田行正著・「RED ヒトラーのデザイン」を読んだ。

人類史上最悪の独裁者ヒトラーがなぜあそこまで権力を握れたのか?
そしてなぜ人々はヒトラーに心酔し熱狂したのか?

それはヒトラーの天才的かつ徹底的なデザイン戦略によって醸し出された「神秘性」と「官能性」にある。

では、どのようなデザイン戦略を取っていたのか?を
ナチス関連映画を取り上げながら解説していくのがこの本。

著者の松田さんがグラフ

もっとみる

「ジョーカーの条件。」

映画・「JOKER(ジョーカー)」を観た。

ゴッサムシティに住み、大道芸の会社に勤めコメディアンとして成功することを夢見るアーサー。

自分自身病気を患いながら母を看病して生活していくが、市の財政難により一向に生活は良くならない。

現状が変わらないだけじゃなく、様々な出来事がアーサーを絶望のドン底に叩きつける。

そして、最恐のカリスマ・ジョーカーが誕生する。

というのがあらすじ。

こんな

もっとみる

自分のこと。自己紹介。

こんにちは

Taiki です。

僕のnoteを読んでいる人は多分僕の事を殆ど知らないか、最近知り合ったばかりの人なので自己紹介します。



僕は現在都内の大学で西洋史について学んでいる普通の大学2年生です。

サークルは入ってません。お金かかるので。

バイトは塾講師と焼き鳥屋をやっています。

焼き鳥屋は美味しくて安くて居心地が良いのでいつか来てみて下さい。 笑

好きな事は海外旅行です

もっとみる

「闇を背負って。」

夏目漱石著・「こころ」を読んだ。

noteで本のアウトプットはしてきたけど、
小説は暫くしていなかったから久しぶりにしてみようと思う。

毎日読書をする中で、
俺は絞らず色んなジャンルの本を読むようにしているんだけど小説だけは欠かさずに読んでいる。(毎日3ジャンルの本を読んでいる。)

知識を広げることは大事だけど、言葉の感度を上げたり表現を磨くことができるのは小説だからだ。

夏目漱石の中長編

もっとみる

「複雑な世界で。」

映画・「グリーンブック」を観た。

ジム・クロウ法という黒人を差別する法律があり今より顕著に差別が行われていた1962年アメリカ。

仕事を探していたトニーはコンサートツアーを行う天才黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。

仕事を引き受け二人はグリーンブック(黒人用旅行ガイドブック)を頼りに8週間のツアーに出かける。

という実話に基づいた映画。

昨年度のアカデミー賞作品賞を獲った映画で

もっとみる