他との違いを考える 6."卒業"後もサポート

「KECを他とdifferentにするもの」の6つめです。プログラムを終えた後にもサポートを受けられる…と、見たまんまの意味です。他との違いは、そもそも「卒業がある」というところでしょう。

「教育」だから、「卒業」がある

私はKECを教育サービスと考えています。学校などの教育機関には普通、卒業がある。だから、KECのプログラムにも修了があるというわけです。修了までの期間は3ヶ月が標準。ですが、

もっとみる

クライエントの後ろ姿

カウンセリングというのは、その人が抱えている問題についてカウンセラーと一緒に考え、一緒に解決方法を探していく、二人三脚の作業だ。

カウンセリングを始める時はいつも、暗い部屋の中にふたりで入るような感じがする。カウンセラーからの質問は、懐中電灯の光のようなものかもしれない。

色んな角度から光を当てて、ここにこんなものがあったんだ、あそこにあんなものがあったんだ、と、ふたりで確認していく。

見つ

もっとみる

ここにぼくの席はない

ウサギノヴィッチが自作の詩を読みました。
短いですので是非お付き合いください。

卒業文集

ある日、息子の小学校の担任から電話がかかってきた。

「卒業文集を書いてもらったのですが、その内容が少し良くないので書き直ししてもらえますか。」

良くないってなんですか。

「いや、あのーご家庭のことを、えーっとこれは保護者の方も見るので、息子さんに渡しましたので確認いただき書き直して提出していただけませんか。」

と先生は濁していた。

お父さんはお母さんと仲が悪くなったのでいっしょに住んでい

もっとみる

0715「七五三と燻製」

東京にいる間は、なんとなく早起きして、早めの時間帯に適当に日記を書くくらいじゃないとダメだ。一度出かけると結構な密度で忙しくなってしまい、そんなことをやっている暇はなくなってしまう。といいつつ、土日月の放漫な低意識レベル生活でずくずくになってしまっていたので、いろいろひっくるめてそんなにやる気が出ない。

今年はニューヨークは、5月の後半からずっと、梅雨みたいな感じだった。通常ニューヨークには梅

もっとみる

「人と比べる」から卒業するために

SNSから少しずつ卒業してる。人に見せることを意識して切り取られた他人の生活の一部と自分の悩みや現状全てを比べるという意味のないことをどうしてもしてしまうから。自分だって、人に見せられる部分のことしかポストしないのに。だから、1年に1回か2回くらいのポストなんだけど。

fbは2年ほど前にアカウント削除。Twitterは一瞬だけnoteアカウント持ってたけど、本アカウントは1年前から見るだけにして

もっとみる
頑張れ頑張れ小さなキツネ。ゾウやライオンなんかに負けるな。
7

読書とネイル③

今回紹介したのは、YouTubeでの配信が3月の卒業シーズンということもあり、こちらの本です。

「少女は卒業しない」(朝井リョウ)廃校が決まっている地方の高校の最後の卒業式。思いを寄せていた、先生、先輩、友達と彼女たちの別れの7つの物語です。

アップ

卒業といえば桜、桜のピンクと卒業生が胸につけるお花をイメージしました。

私は朝井リョウの作品が大好きなのですが、彼の作品は読み終わったあとに

もっとみる

臥龍という男

サティは20歳の頃
《書を捨てよ町へ出よう》という
寺山修司の言葉に感化され
街に出たことがある。
ほんの1年位の事。

19歳で付き合いだした
8つ歳上の彼氏とのご縁から
色んな世界や大人の人達との関わりが増え
自分の視野の狭さや未熟さを思い知ったサティは
もっと人とふれあい見聞を広げなきゃと
切実に感じるようになっていた。
あらゆる人とコミュニケーションをとることで
それぞれの人生や思いを傾聴

もっとみる

不登校の理由とは

大学院不登校の理由、いろいろ書こうとすると長いのですが、

1. 研究室にいること自体が居づらく感じてしまう。

2. 研究は向いていないなと思う。

3. 単純に精神的に幼稚なために学校に行くことをサボって寝てる。

の3つに大別できるのかなとは思います。

割と近いことを代弁してくださったブログを見つけたので、全てのエピソードが一致してるといった訳ではありませんが、そのリンクを載せて終わりにし

もっとみる

その根拠はいつどこの俺のせい ?

人から

「ゴムくんは大丈夫だと思う」

「なんか、大丈夫そう」

「お前は大丈夫だよな」

って言われる。本当によく言われる。
同級生にも、先輩達にも後輩のあいつらにも。先生達にも。あのこにも。

みんなみんな口を揃えて言う。

は、なに、口裏合わせてんのかってぐらい言う。

そんなことを別れ際に言われても、
「そうだよな、俺は大丈夫なんだよな」って、思えるわけがない。

いやいや、大丈夫じ

もっとみる