古道具の市場に行ってきた。

今日は朝から古道具の市場に行ってきた。

市場の競りはなんとなく麻雀の感覚に似てて楽しい。

もちろん、勉強出来るし今まで視たことなかった

色んなものが知れて楽しいのもあるのだけど。

友美さんは終わる15分前まで1つも落とせなく、

半ベソかいてたのだけど、最後の最後でお目当のものが

パンパンと落とせて結果オーライだった。

彼女はそういうのがそこそこ有るので

持ってるなぁって思うのです。

もっとみる

online shop start

g_shopとは

g_shopは1年に一度1日限定で、渋谷のnovoreというスペースで実店舗を企画していました。1stはオリジナルシューズやカバンの企画、自身が美しいと感じてきた収集物の展示、2ndは「ドイツ」というテーマを設けて、ヴィンテージの服や作家の器などを展示しました。

「美しい」とは何か

g_shopのメインテーマは、

「美しい」と「生活」の関係を研究する。

私は幼いころ(私

もっとみる

いつから古いものが好きなのか

小さい頃から、母親が昔履いていた靴や使っていた鞄、着ていた服などが好きだったのを覚えています。

どこに行くでもなく、母の昔の鞄を持って、母が履いていた靴を履いては近所をウロウロする少し怪しい子どもだったと思う。。。
自分に与えられた真っ白な新しい靴も、学校に履いて行く前に必ず外に出てわざと汚したりしていた。それはちょっと違うかな・・・

なぜだかは分からないけど、とにかく古い物、いや古びた物に興

もっとみる

小商いをゆるく続ける難しさ 〜古道具屋sottoの場合 〜

今やっていることの一つに、古道具屋があります。2017年10月、月に1〜2回営業するお店として sotto という屋号で、はじめました。

月に1〜2回というと驚かれることも多かったけど、否定的に捉えられることはほとんどなかったです。田舎で小さなビジネスをやる。聞こえはいいかもしれないけど、やっぱり小商いだからこその難しさみたいなものはあるなぁ、と。その辺りについて書いておきたいなと思います。

もっとみる

うつわ系Instagramハッシュタグ検索が、食器選びを助けてくれる

「食器を探したいけどなんて検索したら出てくるのかわからない」と言う方は、まずインスタを回遊して欲しい食器のタグを知ることから始めてみてはいかがでしょうか?

検索するワードがわからない?まずはInstagramを眺めよう

検索するワードがわからないと欲しいものにたどり着けない。わかります。でもね、今の時代あれがあるじゃないですか!そうです、Instagramですよ。インスタには、めちゃくちゃ素敵

もっとみる

古道具

小さい時に住んでた家は、大きな神社の前にありました

その神社では毎月骨董市が開かれてて、いろんな宝物がたくさん売られていて                           目をきらきらさせながら入り浸っていました

その頃集めてたのは、古い小さな鍵                   毎回見つけると月2000円のお小遣いから買い集めていました

収集癖があるのは、あの頃からだったな

大人に

もっとみる

【ぶらり】尼崎めぐり#001【寺町編】

こんにちはよしです!
今回はシリーズ物になります。いったい何回分の撮れ高があったのか、、、
当初は竹の子を掘りにいこうって企画だったのですが
時期が早くて断念したんです。
撮影はなんとゴールデンウィーク!!
YOUTUBEをする環境も整ってきたので編集再開です!!

超逆光のオープニングからスタートし、そぞろ歩いていくのですが

六ちゃんがこれを発見。皆さん何に見えます?わかりますよね?
六ちゃん

もっとみる