【短歌】厚手のタンクトップ

湯上がりの
君が拾った
100円の
夜に似合いの
歌を歌おう

#ユキヒョウ

打ちつける
滝の向こうに
生き急ぐ
ビジョンがゆれて
問いかける夏

#うたいびと

AIに
どっぷり浸かる
7月が
9月の中に
探す折り合い

#江戸仕草

梅干と
タンクトップの
一枚を
陽射しの中に
とじた絵日記

#うたいびと

#夏うた #折句 #短歌 #詩 #自己紹介

#好きな曲 ♪ワンダーランドと羊の歌(ハチ Feat.初音ミク)

いつの間にやら夏本番である。
冷夏と言われていたのも過ぎてしまえばなんてことないように、暑い。
空気は蒸し蒸し、アスファルトの照り返しはギラギラ、ミンミンジージー蝉の声、風が吹いたと思ってもブォンと熱風。
打って変わって空には時折分厚い雲を見せながらも、澄みきった青が広がっている。

「ワンダーランドと羊の歌」はそんな暑い暑い夏が来ると、聞きたくなる曲。
夏のオススメの曲の一つだ。
アーティストは

もっとみる

うみおり夏のピクニックアカペラまとめ

やっほーさおりでーっす!

写真はおうちで作ったやきそばでーす。いかりスーパーで売ってたちょっと高いこだわりの麺つかったら、なんかめっちゃおいしくできた!!!ソースはもちろんおたふくソース。最高や。

さてさて~先月うみちゃんとうみおりしてきました。うみちゃんも書いてくれたとおり、最近「うみおりする」っていう動詞を自然に使っているふたり。「うみちゃんそろそろ うみおりしよ~」みたいな感じで使うので

もっとみる

夏に気後れしてしまうあなたに送る、夏っぽくない夏のうた

梅雨が明けると世の中は、まってましたとばかりに短い夏のハンドルを切る。
やれ海やらビアガーデンやら、花火大会やら、一夏の恋、やら。
そういう雰囲気は別に嫌いじゃなくて、でも、そのアクセル全開のテンションについていけないことも、しばしばある。正直に言うとね。

そもそも、夏はそこまで好きじゃないし、なんなら暑いのは苦手だし、どちらかといえば気温が上がり切っていない早朝の空気や、喧騒をおさめるように沈

もっとみる
00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(01:37)は購入後に視聴できます。

アップテンポな夏うた登場。爽やかな夏の風に向かって揺れる恋心を歌った曲です。この曲はリスナーのみなさんと一緒に作っていきたいと考えていますので、好きな方が多ければ2番とフルバンドバージョンを作成します!


【歌詞とコード】
G D Em/G D C/G D Em/G D C

G D Em Am/C
G D Em Am/C
夏の音 耳にして
君はどこかへ掛けて行く
夏の風 揺られて
君が笑

もっとみる

サザンオールスターズに救われた、2019年の初夏

2019年5月12日。私は東京にいた。

あまり眠れない夜行バスで四国から新宿まで行き、この日はあるネット媒体を専門とする広告代理店の最終面接。

当時、就活があまりうまくいかず悶々と「将来生きてけるのかなあ、、、」といった不安や、周りが内々定を得ていくことへの焦燥感に押しつぶされそうになりながら東京に向かっていた。

同じ日、サザンオールスターズのライブツアー「“キミは見てくれが悪いんだから、ア

もっとみる

#9 ”憎んでも恨んでもいいから忘れないで”

親の影響で車の中ではよくTUBEがかかっていました。当時父が乗っていたパジェロには、TUBEのアルバムを焼いたカセットがいっぱいあって、その時の気分でなんか色々かけていた記憶があります。

大きくなり、世の中で出回っている言葉の大体を理解するようになったころ、この曲がテレビ(なんだったか忘れたけど、Mステとかでよくある夏うたヒットランキングみたいなやつ)で流れていて、結構衝撃を受けました。

そう

もっとみる

MAKE MY MEMORIES

make my memories あなたと作りたい
make my memories 真夏の夜の夢
いつぶりかわからないけど 何度もの愛してるを
wow あなたに贈りながら願って xoxo

ちょっと戸惑うこともあるけど
それって それが愛ってやつ?
笑えるハグの意味合いと違った抱き合いに
いつもと違った鼓動が弾み 鳴り響く

make my memories あなたじゃなきゃヤダって
m

もっとみる

メロウシトロン

初夏が大好きでその季節をイメージして書きました。2、3年前に作りました。

ほしぞらは君のうえ

飾られた想いなんてない
ふうわりと宙に浮かばせて 高く高く
君に見えるようになるまでに
もっと もっと ふうわりと 高く高く 昇れ

その美しさが いま夜空に映えることは

ほしぞらは いつの日も君のうえ
君がこの愛に照らされつづけるように
ぬくもりは 君の笑み 導いて
私の愛がこの日を待っていたように
君へと星光よ 永遠に…

あたたかい気持ちがあるから
ふうわりと火を灯し ちゃんと

もっとみる