大日向

【新しい運動会】

6月1日(土)

旧佐久東小学校が閉校して以来8年ぶりの復活となる「大日向運動会」が開催されました。

出たい競技に出たい人が出るというフリースタイル運動会。

「曲中は踊って、間奏の間に玉を入れる」という独自のルールの玉入れも、
ぶっつけ本番でもその場のノリでなんとかなるもんなんだね。みんな楽しそう。

息子も見よう見まねでダンス&初玉入れを楽しんでいました。

運動会といえば練習に次ぐ練習・・

もっとみる

【笹が枯れる】

笹って、60年〜120年のサイクルでしか枯れないんだそうです。
何十年も枯れない笹が枯れるなんてそうお目にかかれないんことなんですね。知らなかった。
一生に一度訪れることがあるかないかのタイミング。
佐久穂町では今年、各所で笹枯れのタイミングを迎えているようです。

大日向のいつも通る道端の笹もほんとだ、枯れてるわ。

笹は地下茎でつながっていて、枯れる直前に花を咲かせたら辺り一帯一斉に枯れるらし

もっとみる

【ぜっけい】

GW中、
信州大武者ゼミ生(佐久穂町をフィールドに町づくりについて学ぶ学生たち)と
「大日向の歌」の歌詞に出てくる場所を地区の人に案内をお願いして、一緒に歩いてもらい教えてもらいました。

十番まである歌詞のうちの、今回は二番から五番のあたりまで。
地区でいうと大日向の5区〜4区あたり。

まずは歌詞の四番に出てくる妙義山に登る。
私は二度目ですが、下から見上げると圧倒されるこの景色。

って、い

もっとみる

【大日向小学校開校式】

GW初日の4月27日(土)。

桜が満開の中開かれた大日向小学校の「開校を祝う会」に行ってきました。

大日向小学校の敷地内にある旧大日向保育園(現在廃園)〜旧東小学校の卒業生という保育園のお友達のママと町の子どもたちと。

お声がけしたら、「今東小がどうなってるのか見てみたい!」とのことで一緒に行ってきました。

久々に足を踏み入れた母校にはお祝いに駆け付けた300人超の熱気。
かつて見たことな

もっとみる

【新元号への願い】

そういえば、昭和と平成って、どんな意味を持って付けられたのかな?
とふと気になりWikiってみたら、

昭和:「昭和」の由来は、四書五経の一つ書経堯典の「百姓昭明、協和萬邦」(百姓(ひゃくせい)昭明にして、萬邦(ばんぽう)を協和す)による。 漢学者・吉田増蔵の考案。「 ... なお、江戸時代に全く同一の出典で、明和の元号が制定されている(「百姓昭明、協和萬邦」)。 国民の平和および世界各国の共

もっとみる

【歩いてみた】

なんと美しい輝き@八峰の湯

昨夜、女神が降臨した(お迎え来てくれることになった)ので、生ビールin長野(これがいかにレアな機会かお分かりいただけるだろうか…涙)を有り難く楽しみ、車を役場に置いて帰りました。

今朝も役場まで送るよと女神は言ってくれたのですが、

一度歩いてみようと思っていたので、息子(onストライダー)連れて大日向→役場まで歩いてみました。

と言いますのも、

移住相談の対応

もっとみる

【大日向交流会】

2018年11月25日(日)

来年4月にイエナプランスクール大日向小学校として生まれ変わる予定の旧佐久東小学校体育館にて、大日向区民による大日向区民のためのお祭「大日向交流会」が開催されました。

昨年までは収穫の秋を祝う「収穫祭」という名前で行われていましたが、これからこの地に生まれるであろう新しい流れの交わりの場となれるようにということで今年から名前が「交流会」に変わりました。

今回はまだ

もっとみる

【中山間地域の日照について】

私の住む大日向という地区は、千曲川の支流である抜井川(ぬくいがわ)沿いに拓かれた集落で、上流から順に1区〜5区に分かれています。

上流にいくほどに山は迫り平地は減っていきます。

都会の場合は近隣に高い建物が有るか無いかで日照に影響があるけど、中山間地域の日照は山の影に隠れるかどうかでその影響が大なので、

同じ大日向でも、1区〜5区、またその中でもさらに国道の北側か南側かとか、山との位置関係と

もっとみる

【映画「大日向村」】

昨日から花の郷・茂来館にて、佐久穂町文化祭が始まっています。

前回茂来館始まって以来の人の入りだったという映画「大日向村」の再上映があるということで、大日向に住んでる以上観なければと思い行ってきました。

今回も満員御礼。
会場でたまたま会った大日向在住の先輩移住者の友人と一緒に観ました。

「大日向とは名ばかりの日の当たらない谷底の日陰の村〜」
という冒頭のナレーションに友人と一緒に思わず笑っ

もっとみる

【ズクある女】

茜さんが今宵も何かやっている・・・

ある夏の夜は、

大量のプルーンの皮を高速で剥き始め、砂糖の分量をパーセンテージ割り出しきっちりと計り、

鍋でグツグツ・・・何やらブツブツ言いながらジャムを作っていた。

そして今度は、

嘘でしょ?!っていう量のバスケットいっぱいのてんこ盛りの柿を「こういう黙々系作業好きなんで」とクールに微笑み、また高速で剥き始めた。

この皮が必要だとのこと。何に必

もっとみる