不育症後記

出産から、はや50日。産んでからの様々な経験からか、陣痛の痛みはもはや、近い未来、不育症である事すらも忘れてしまうだろう。

病名がついた時、治療法があるんだという安堵感と共に感じたのは「育てられない体」と言われたような絶望感だった。真綿で首を絞められるように、日が経つにつれ、強く強く感じるようになった。認めたくないからこそ、病気であることを受け入れた、だから、毎日の注射にも耐えられたのだと思う。

もっとみる

出産当日3 手術

以下当時のメモをベタ張りです。
時間があったら直します。

何分後かわからないけど、先生たちと旦那、母が戻ってきた。先生から子宮口の開きが悪いこと、赤ちゃんの旋回が止まってること、熱があり、時折赤ちゃんの心拍が下がること、リスクを翌朝に持ち越す必要はないため帝王切開の選択をすることにしたと説明を受けた。
その後、手術の事前説明を受けたが、担当の先生の話が長く、「なんでも了承するから早く手術してく

もっとみる

出産当日2 LDR〜診断結果

以下当時のメモをベタ張りです。
時間があったら直します。

LDRに移った。ベットが高すぎて登れる気がしない。震えながら、2-3度立ったまま旦那につかまって陣痛に耐える。背中も腰も痛い。なんとか小上がりに上がってクッションにもたれて陣痛に耐える。こんなに、こんなに痛いのか。

意識が朦朧としてきた。内診があり、ようやく子宮口が6センチになったと言われた。頭の向きを確認したいと言われ、触診されたそ

もっとみる

出産当日1 破水〜LDR

以下当時のメモをベタ張りです。
時間があったら直します。

19/6/22
朝ごはんの前にバンコマイシン耐性菌のスクリーニングテスト。お尻にチクっとされて痛かった。少し、熱があるようだ。

朝ごはんを食べて内診、子宮口は開いてない。内診は痛い。促進剤を使っていくと先生から言われた。

8時30分に点滴の準備、9時から促進剤。旦那は9時15分頃に来てくれた。促進剤を入れてから30分ごとに量を増やし

もっとみる

0809/母になるのか(妊娠糖尿病管理入院レポ③)

7:00朝の血糖値チェック→84(セーフ)

7:30 朝ごはん(規則正しい生活…お腹はちゃんと空いている)

その後本を読もうとするも、うとうとしてきてふて寝。

9:30 朝ごはん後2時間血糖値チェック
→108!(一回98だったけど測り直したらちょっとあがった)

はじめて食後のチェックで120以下だったので嬉しくなる。しかしもう2泊3日だろうな…と諦めていた。本、ゆっくり読もう…なんて思っ

もっとみる

0808後編/落差がすごい(妊娠糖尿病 入院レポ②)

入院に無駄にうかれた後の地獄。(先に投稿しておいてよかった)※落差をお楽しみください

14:00

昼ごはんから2時間後採血→140

え?高くない…?
たしかネットでみた情報だと120でアウト…と思ったら

「食後は150くらいまでOK」って最初新人さん?らしき看護師さんが間違えていて、なんだ大丈夫なのか!と一瞬気楽になるもその後「ごめんなさい120でした…」と言われて落ち込む。あ

もっとみる

0808/入院にうかれる(妊娠糖尿病管理入院レポ①)

10:30
朝ごはん家で食べてから病院へ。 家の近さでわりと適当に決めた産院なのだけれど、完全個室なので、とてもたすかる…!産後もこんな部屋なら全然過ごしやすいな…と感動。ベビーベッドにときめく。

11:00
まずは40分間胎児の心音チェック。(これが噂のNSTか!)ベットで寝ながら娘の心音を聞いている、と、不思議な感じがして眠くなる(が、娘が動いたらボタンを押さないといけないので眠ってはいけな

もっとみる

妊娠糖尿病からの「食べる」について

前回のポストでは妊娠時のつわりから妊娠糖尿病になった後の食生活の変貌を書いた。して、出産後の今はどうしているのかと言うと「ちょっと気をつける」を毎日している。

さすがに妊娠糖尿病中は甘いケーキやらアイスは一度も口にしなかった(表立っては赤ちゃんのためと言っていたがただ巨大児になって難産になるのが嫌だっただけ)。けれど、やはり食べたい欲求は奥底に隠していたので産んだらすぐにハーゲンダッツを食べると

もっとみる

妊娠・出産を経て「食べる」が激変した話

赤ん坊を妊娠した時、これまでの食生活が激変した。  

一人暮らしの堕落した大学生時、営業職として朝から晩まで働いていた時から妊娠直前まで私は美味しいものとお酒が大大大大好きだった。居酒屋は絶対チェーン店がいやで店選びに人一倍気合を入れていたし、家でおつまみを作ってだらだら飲むのも大好きだった。甘いものも漏れなく大好きで、夕食の後は〆のアイスやスイーツを食べるのが日常だった。そんな飲む量も食べる量

もっとみる

0807/産休の過ごし方、模索中

2日目にして、人と喋らないの無理…となった。無理、家にいるの無理だ私。そして夜は案の定帰ってこれなくなった夫(昨日もあんまり寝てなかったけど大丈夫か)によって、完全に人と喋る機会を失う。洗濯物全部まわしたのにな、お弁当の素材作ったのにな、残念。(というのが声に出てしまったごめん)

そして家事やってあげた感と褒めて欲しい感を自分から感じてぞわぞわする。やっぱり家にいるのは良くない(今日は一日結局

もっとみる