24年ぶりの夢叶う

どうも、やんじぇです。
ゲームモードに入ったので更新滞るかもしれません。

ロマサガ3ことロマンシングサガ3のリマスター版が発売されました。

1995年の発売日からちょうど24周年にあたる2019年11月11日にリマスター版がリリース。

ロマサガ3といえば、私のなかではFF6と共にこれまでやった最高のゲームにランクインするタイトル。
両タイトル共に頭の中がガイドブックになるくらいやり込んだゲー

もっとみる
毎度おおきに
3

アダルトチルドレンの話にふと思う

以前もチラリと書いた私の祖父の話。
とある方のブログを読んでいて

レストランで猛烈にお怒りのおじいさんに出会したというお話。

アダルトチルドレン

ひとりぼっち、というのがとてもイヤがった祖父。
祖母が先に亡くなってからそれはますますヒートアップしていきました。

かといって、素直にそれは言えないし恥ずかしいから
言ったことに対して、なぜはいと言えないのか
みたいな感じに怒ることもたまに。

もっとみる

◇ポップコーンに弾ける心

わたしが足を運ぶゲームセンターは、ファミレスや温浴施設、ボウリング場、映画館といったものが集まる施設にあります。だから休日ともなると、家族連れでとても賑わう。
そして時に、ゲームセンターのある1階にポップコーンの匂いが強く漂っていることがある。映画館は2階なのだけど、エスカレーターですぐ行ける範囲。だから届いてしまうんですね。

ポップコーンは、わたしにとって少し思い入れのあるスナックです。
あの

もっとみる

小さな頃の話

私がまだ4歳くらいの頃の話。

妹はまだ生まれたばかりの赤ちゃんでした。

とあるお休みの日、母が近所のスーパーマーケットへ買い物に行き、父と妹と3人でお留守番をしていた時のこと。

妹が泣き出したんです。

父も私も頑張って妹をあやしたのですが、なかなか泣き止みません。
きっと、おなかが空いたたのでしょう。

「早くお母さん帰ってこないかな…」
そう思った私は、自分のおもちゃの携帯電話で母に電話

もっとみる

怒る子ども

12歳の頃、私はしばしば、世界に対して怒っていた。

ニュース番組を見たり新聞を読んだりして、今世の中で何が起きているのかを知って、それに対して自分の意見を持ち始めた頃だった。先生や両親とニュースを話題にする機会も増えた。話相手になるのはとりわけ父が多かったように思う。父は毎晩晩酌しつつ、ニュース番組にああだこうだ言い、子ども相手に議論を吹っかけた。要は酔っ払いがクダを巻いているのだけど、私はそん

もっとみる

お父さんチーンしてあげようか…

ときどき、右手の中指がばね指と呼ばれる状態になります。

ばね指は、指を曲げて伸ばそうとすると指がばねの様になってスムーズに伸びなくなり、指が曲がったままになってしまいます。それを反対の手で戻そうとすると痛みを伴います。

それでもしばらくすると治ります。

また、さほど生活には困らないので、放置しています。しかし、ひとつだけ困っていることがありません。鼻がかめません。

鼻をかもうとして、鼻に手

もっとみる
これからもよろしくお願いいたします !(^^)!
1

母の愛

小学生の頃、尿検査でひっかかってしまい病院で再検査を受けに行った時のこと。
おしっこに血が混じってたとかだった気がする。
採血があり、それがどうしても怖かったが我慢した病院の帰り、
「我慢できて偉かったね、パフェ食べにいこうか。」
母がそういったのだ。私はびっくりした。
三姉妹の私は、姉妹達がいないときに外食なんてしてはいけないと思っていた。
母が連れて行ってくれたファミリーレストランで食べさせて

もっとみる
読んでくださってありがとうございます
28

子どもの頃の記憶があまりない

夫が娘を見て言う。
「俺もこのくらいはよく走り回っていた」
このくらいって……娘、今2歳なんですけど?
そんなの、覚えてるもの??

私は全然覚えてない。
おそらく最古の記憶こそ2歳くらいかなと思うんだけど、六甲山の夜景を見ながらおそらく父に抱っこされていた。母と父方の祖父母も一緒だった……と思うんだけど、それも本当に記憶なのか夢なのか、多少アレンジされているのかわからない。

何しろ、幼稚園に入

もっとみる
モチベーションが上がります!
4

不意に来た手の痺れを、私は"怖い"と思った

子どもの頃に見たドラマ。

その中で、何もなく平凡に過ごしていたのに、大人になってから急に病に陥るようなドラマがいくつかあった気がする。

当時の自分は、

それをただドラマとしてしか見ていなかった…

現在、23歳。もう私は大人になった。

今日は仕事が21時ごろに終わり、電車に乗っていた。

席が空いていたので、座ってぼーっとスマホをいじっていた。

そんな時、急に左手が痺れた。

何もしてい

もっとみる

ほんとに、昔はよかった?

「あの頃は、よかったね。」

と、テレビドラマの中で、飲み会の中で、会社の中で、歌の歌詞のなかで、聞かれたりもする。

話の中に出てくる「よかった、あの頃」は、校庭で遊んでばかりいた小学生のころだったり、ちょっと悪さをしていた中学生のころだったり、彼女ができた高校生のころだったりする。

でも、その言葉を聞くたびに、

「ほんとに?ほんとに、そう思う?」

って聞きたくなる。

毎日退屈な授業を受

もっとみる
さいこうの1日!
12