子供を守る

児相がうちにやってくる

「泣き声が心配という連絡が児童相談所にありました」

仕事帰りポストを覗くと、児童相談所と印刷された封筒。
それがニュースでよく聞く「ジソウ」だと繋がったのは、封筒の中身を見た後だった。
「子供の泣き声が心配という連絡が児童相談所にありました。」の一言に、体は硬直し、頭は真っ白になった。

え、それは、虐待を疑っているということでしょうか・・・?

「泣き声」と言われ、思い当たる節がないはずがない

もっとみる

インスタいじめ対策が巧妙「いじめっ子にバレないようにコメント隠す」➕AI判定「嫌がらせ不快コメント投稿時にアラートで再考させる」Instagram新機能・アップデート2019年7月最新ニュース速報

インスタいじめ対策が巧妙「いじめっ子にバレないようにコメント隠す」➕AI「嫌がらせ不快コメント投稿時にアラートで再考させる」Instagram新機能・アップデート2019年7月最新ニュース速報

https://koukichi-t.com/archives/15658

1 攻撃者に再考機会を与える「コメント確認メッセージ」と「アンドゥ(元に戻す)」機能
2 インスタグラムでは2017年に少女が

もっとみる
スキありがとうございます!またふらっと見に来てください!
2

川崎連続殺傷事件

また悲しい事件が起きた。
小学生の登校時間を狙った
非常に悪質な事件だ。

小学生を狙うなんて、本当に卑怯者。

犯人の名前は特定されているものの
職業や人となりは発表されていない。

きっと今警察に家の中を隅々まで見られて
パソコンやスマートフォンの中身も
検索履歴からメールの内容から
どんなサイトを見ていたのかまでチェックされているはず。

自分だったら、これだけでも
警察に捕まるようなことは

もっとみる

襲われたらどうするか。

過去、片手では数えられない回数、襲われている。ベトナムでバイクタクシーの運転手に見知らぬ村へ連れて行かれリンチを受けたり、山手線では通路向かいの作業員に胸ぐらを摑まれ尖ったラチェットで顔を刺されそうになったり、ブルガリアで睡眠薬強盗に遭って36時間意識がなかったり、パキスタンで乗っていた長距離バスの乗組員にTシャツを破られて顔に岩をぶつけられそうになったり。リオ・デ・ジャネイロでは実際、少年ギャン

もっとみる

運命は一瞬で変わる

娘が学校へ行きにくい状態になってから、しんどいながらもなんとか登校させていた。衝撃的な「パパがこわい」というつぶやきを聞いて駐車場へ戻ると、そこには同じクラスのママ友がいた。少し立ち話のようになったのだが、この時間が私たち母娘の運命を変えるきっかけになった。

うちに遊びに来てくれたこともあるママだったのだが、込み入った話はこれまでしたこともなく、勉強の進み具合などに話はとどまっていた。ところがこ

もっとみる

逃げ方。効率良く動く

弁護士へ相談に行き、住所を夫に知られずに動くにはどうしたら良いかを聞いてみた。

まず警察です

市役所じゃないんですか?

警察です

ということで、まず警察へ行くことになった。

とはいえ、実際に警察へ相談に行こうとしても、本当に信じてくれるんだろうかという不安が先立ち、これまでの経緯を深夜スマホにメモすることにした。PCも使えずプリンターもないので、メモをコンビニでプリントアウトする方法を選

もっとみる

まずは弁護士に相談、というやつ

離婚、DV、モラハラ、弁護士、、、など検索するとだいたい、最後には弁護士へ相談、のボタンが出てくる。何度も迷っては、やめ、を繰り返したが、夫の脅迫からの逃げ道もなく、ママ友にも相談できる内容でもなく、親も健在ではない、親戚もない、夫の姉たちは自分の父親の通夜にも来ない非常識人たちという八方ふさがり。いよいよ深夜の恐怖からの動悸から、布団をかぶってメールした。

殺されます

その後、弁護士からの返

もっとみる

家族再生とはなんだったのか

夫から逃げるためには、まず引っ越しを考えなければならない。パートの主婦に貸してくれるところなんてあるんだろうか、、賃貸情報で娘の学校の近くの物件を探し始めた。この時は、先行き考えずまずは夫から離れることが第一。そうなると、私の仕事が継続でき、娘の学校と学童が継続できるところで駐車場があって、、となかなか制限が多かった。

夫と住んでいたのは、2年前に建てた別荘地の戸建て。海が近くて潮風の強い海沿い

もっとみる

逃げる?逃げない?

2学期になり、娘が学校の駐車場から教室へ行かなくなった。泣いている。もともとママと離れるのがつらいタイプの子だったけど、この2週間はひどい。夏休み前までは楽しく通っていたのに。

毎朝いろんな理由を探しては聞き、最後に娘が言ったのは

パパがこわい

学校で学校とは関係ないことば。娘が絞り出したことば。

小学校卒業までは我慢しようと思っていた私は、ほんとにしんどいのは私じゃない、娘だとはっきり認

もっとみる

酷暑を乗り切るにはまず死ぬところに行くな!

先日多治見市で正午過ぎに気温40℃に達しました。まだ7月半ばです。

豊田市で小学児童が熱中症が原因でなくなりました。

毎日熱中症で病院搬送される人があとを絶たない。

それでも、冷房のない学校体育館では集会や終業式が行われ、授業後には外で部活動が行われている。

冷房は予算の関係で学校には設置しない自治体がいまだに多い。

外や体育館での集会での水筒持参も全ての学校で認めておらず、学校各自の判

もっとみる