みんなの学校

関わり合い方が教育になる時代?

今朝、泣いてる声が聞こえてきて、娘と外に出ると黄色い帽子の一年生でした。娘っちが知っている1年生。
6年生がケアをする学校なので、数名の6年生がケアしている様子をそばで見守っておりました。

娘っちは3年生、1年生の1年間、泣きながらだったし、毎日校門まで送る日々だったので、泣いてるお子さんの気持ちがわからないでもない。

2年前はこんな日々。

運動会直後で、クラス内もざわついていると思うのね。

もっとみる

小4の娘(不登校中)が理想とする学校

前の記事の続きです。映画「みんなの学校」を親子で観て、色々語り合っていたところ『理想の学校とは』という話になりました。

以下、10歳娘が理想とする学校として挙げた項目を列挙します。

授業(勉強)について

・単元数は少なくてもいいから、一つ一つをじっくり深く学びたい。
(学校では各単元ごとにさらっと内容を学んで通り過ぎていくだけだったのが嫌だった、とのこと)
・先生中心に進めてほしくない。話し

もっとみる

『みんなの学校』

昨日は映画を鑑賞しに出かけてきました。久しぶりに。

ぼくが暮らしている富士吉田市には映画館はありません。映画館は映画を観るところですが、映画は映画館で観るとは限らないし、映画を見に出かけていくとしても映画館とは限らない。

訪れた場所は、国立市の市民会館。そこが映画の上映会上だったから。自主上映というやつです。

前々から見てみたい、見なければならないと思っていた課題がやっと果たせました。

もっとみる

娘(10歳)が不登校になった理由が、映画「みんなの学校」を一緒に見て少し分かった気がする

※今回は性教育ネタではありません。
アクロストン妻です。
遅ればせながら、映画「みんなの学校」を見てきました。
大阪の新設公立小学校:大空小学校にて支援が必要な子ども達が通常学級にて学び、子ども達、先生達、保護者達、地域の人達が協力し合って作り上げている学校の1年間を撮影したドキュメンタリー映画です。そしてこちらの校長先生(当時)が、この映画を通して全国で有名になった木村泰子先生。

映画の公式サ

もっとみる

安心できる場とプライド:次男の登校拒否の話

学校がつまらない次男の、その後の話。

次男もこの4月に2年生になり、特別支援学級には1年生が9人も入ってきた。
クラスの雰囲気がガラッと変わり、これまでお世話をされる側だった4人は、急に1年生たち9人のお兄さんお姉さんになった。
そんな混乱の1週目、次男は胃腸炎を起こして学校を休み、2週目は泣きながらなんとか行ったものの、3週目になり「学校の全部が嫌だ」と言って登校拒否を起こした。そこでちょうど

もっとみる

逆らおう

折にふれ
心に刻んできた言葉

木村先生の口から
生で聴けたよ…

ますます
逆らおう

流されないよ
なにものにも

むなしくなりませんか。

「木村さんは全国に『みんなの学校』のことを伝えて回っているけど、それで日本社会は変わったと思いますか?

 僕は全然変わっていないと思います。
 木村先生は一生懸命伝えてくれていて、僕は今日の授業が大学に入っていちばん考えさせられた時間だったけど、でも社会は変わっていないと思う。
 先生はここまで一生懸命にやっているのに、むなしくなりませんか?」

この対談を読んでいて一番印象に残ったのは、龍谷大

もっとみる

言葉にできないんですけど、これだけは伝えたくて…『ありがとうございました』〜木村泰子さんが教えてくれたこと〜

やぁ。
まさまさです。

#コルクラボ のゲスト会に木村泰子さんが来てくださった。

木村先生は対談が始まってしばらくすると、サディの質問を遮ってこういった。

ちょっとまって。言いたいこと先に言わせて…。
コルクラボって最高の雰囲気やね。
こういう空気の中で集まっていて、一緒の空気が吸えて幸せ。

なんだか嬉しくなったことを思い出す。

話を聴いた後、木村先生のもとへ行き。

木村さん。
『あり

もっとみる

みんなの学校

11/4 日本橋映画祭 サイボウズbar

この映画は映画館ではなく、希望者に貸し出しという形でのみ上映、観賞が出来るという映画で、大阪の公立 大空小学校の「すべてのこどもに居場所がある学校をつくりたい」という木村校長を始めとした教職員の方々とそこに通う子ども達、親御さん、地域の方達の関わりと学校、地域、社会の変化を追った作品になっている。

*より詳しいこの映画のサイトの紹介文が短くまとまって

もっとみる

一人ひとりが、”自分の居場所”を感じるコミュニティづくりとは?映画『みんなの学校』を一緒に観たいと思う理由

映画「みんなの学校」とは?

大空小学校が目指すのは
「すべての子どもに居場所がある学校を作ること」
成長がゆっくりな子も、言葉がうまくでない子も、同じ教室で一緒に学ぶ。
先生も親も地域の人も子どもも、みんな失敗しながら学びあう。
大阪にある公立小学校の挑戦の物語。

予告編はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=E-fVUP-P2eQ

私が初めて見たのは1

もっとみる