実習生

増加する介護技能実習生。日本人が知らない教育現場。

私は、ベトナムの介護認可の送り出し機関で勤務しており、日本語教育の指導していて、たくさんの問題に直面するであろうことを話そうと思っている。これは、空想的な話ではなく、実際の話である。

今、日本が一番問題となっているのは、人手不足である。政府がそれを改善するために、技能実習生を増加させる動きだ。特に、業種として辞めやすいのは、離職率で考えれば、介護である。少子高齢化の日本社会では、高齢者も増え、若

もっとみる

教育実習生かく来たれり

過去の自分を想起する

自分がこの学校に入り、初めて教えた生徒が、教育実習生として帰ってきた。あの頃、毎日逃げだしそうになっていた自分の弱いところをたくさん見せた子達だ。

あの頃は、とにかくこの環境、学校という水槽で息をする場所を探すのに必死で、子供達のことより自分のことだったような気がする。自分でたてなかった!というのが正直なところだった。

そうなのだ。あの頃は、ちゃんとやらなきゃ、という真

もっとみる

三大紙が「移民」問題でがんばった件

▼先週末から今週明けにかけて、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞の三大紙がそろって「移民」問題を追及する報道を掲載した。それぞれが異なる話題で、珍しいことだ。

▼まず、3月17日(日曜)付読売の社会面トップ。

〈実習生仲介団体に謝礼/1人10万円 ベトナム業者証言/監督機関「許可取り消しも」〉

〈外国人技能実習生を送り出す複数のベトナムの業者が、日本側で実習生を企業などにあっせんする一部の「監理団

もっとみる

始めて実習生を担当した話

病院で勤務経験がある管理栄養の方は一度は担当したことがあるだろう。

”実習生”

若かりし頃の自分(とは言っても3年前だけど)も実習生だった。

そう思うと不思議だ。

3年前は右も左も臨床栄養のことが分からなかった-それこそ栄養指導の診療報酬や糖尿病患者のHbA1cの目標値、食品交換表の使い方など-自分が、今では病院で働いていて、一年目にも関わらず実習生に何かを教える立場になるとは。

しかし

もっとみる

外国人労働者拡大へ新資格 〜政府がついに単純労働者受け入れを認めた〜

今日の朝刊は各紙一面、こんな見出しが並んでいました。

「外国人労働者拡大へ新資格 最長10年在留可能に」
http://www.sankei.com/economy/news/180605/ecn1806050036-n1.html

ついに政府が正式に外国人労働者受け入れを表明したのです。

今までも日本には労働者が多くいたじゃないか
と思われるかもしれませんが、今まではあくまで「留学生」「研

もっとみる