山本KID徳郁

肉体は滅びても、精神は生き続ける。

今日(9/18)は山本kid徳郁 選手の命日だ。
2018年9月18日。この世を去った。

自分が大好きだった格闘家。

高校生の時、いつもkid選手の試合の日を楽しみにしていたのを思い出す。その戦いぶりにいつも心を熱くさせられた。ビデオに録画し、何度も見ていたのが懐かしい。そして試合のDVDも買ったりして何度も何度も見ていた。今でも大切に持っている。

kid選手はもういない。でも、自分の心の中

もっとみる

山本"KID"徳郁の話

2018年9月18日
格闘家の山本KID徳郁さんが亡くなった。

2019年9月18日
僕はまだその事実を受け入れられない。

僕は格闘技が好きだ。
空手・キックボクシング・総合格闘技と習い、道場やリング、たまにはストリートで練習の成果を発揮した。

「プロになりたいな」とぼんやり考えたこともあったが、そんな淡く軽い未来は気がつけばどこかへ吹き飛んでいた。

当時は気弱だった僕のことを思ってくれた

もっとみる

堀口恭司の戴冠にグッとくる訳

2019年6月15日
マジソンスクエアガーデン
バンタム級タイトルマッチ
◯堀口恭司vs●ダリオンコールドウェル
5R 判定3-0
堀口恭司、日本人男子初北米メジャー団体戴冠!

死ぬまで忘れない日付になりました。

なぜ偉業なのか?どれ程喜ばしい出来事なのか?

少し歴史を遡る事になります。
先ずはこれまでの北米メジャー団体の日本人男子の主なタイトルマッチです。

2001年2月23日 UFC

もっとみる

山本 “KID” 徳郁 という存在

今、思っていることがある。

それは...

私は本当に人を幸せにしているだろうか?

私は本当に人に感動を与えているだろうか?

幸せにしてるつもり、感動させてるつもり、
その勘違いが一番恐ろしい。

だから、そのことを念頭に生活を、コミュニケーションを見つめ直そうと思っている。今日という一日が、私の生き方の縮図であるから。

そのきっかけは、格闘家 山本“KID”徳郁 の「死」である。生前の彼

もっとみる

無限と有限

こんばんわ。あるいはおはよう。もしくはこんにちわ。

pepepeです。

先日少し思ったことがありまして、私は毎日日課にしていることがあるんですが、退社後自宅に帰りお酒を飲まずに寝るまで日課をやろうとする時と退社後自宅に帰り日課をここまでやってお酒を飲むと決めた日の集中力の差が歴然でした。

前者は寝るまで無限にやる。お酒も飲めない。
後者は時間を決めて有限的に。しかもお酒OK。

時間の使い

もっとみる

神の子・山本KID徳郁✨基礎基本を繰り返す努力!

こんばんは!
池藤ともひこです😄

今回は、先日にがん闘病中を公表した総合格闘家の格言を紹介します!
早く回復して元気になってほしい限りです✨

強くなるために必要なのは、基本を繰り返す努力
-山本"KID"徳郁-

僕は結果が出たときも、惜しくも出なかったときも、立ち返るところはいつも基礎基本です!
なぜならば、基礎基本は大事であり、成果をより拡張させていくために欠かせないからです✨

もっとみる