甘ったれた日々にスパイスを。(紫野和久傳 果椒)

こう食いしん坊だとさもありなんですが、わたくしタプタプしておりまして。
バラ肉も二の腕もあごもタプタプ。
ショートパンツを履いて歩こうものなら、それだけでタプタプタプタプ。
御見苦しくて申し訳ない(とはいえ暑いから履いちゃう)。

食べられる時期と何かしらで食べられない時期があり、食べられるうちに食べておけと言い訳しておりますが、それにしても限度というものがあるわけです。

そんな時は、ちょっと何

もっとみる

金沢の器茶漬け

石川県のアンテナショップ
「いしかわ百万石物語 江戸本店」
http://100mangokushop.jp/
で買った
「佃の佃煮」というお店の
「器茶漬け」
http://www.tukudani.co.jp/
https://shop.tukudani.co.jp/products/list?category_id=11
 
この日は
「山椒ちりめん」を食べました
 
山椒からくるイメージほ

もっとみる

日本ならではの"夏の香り"。最高級の「山椒」から香りを蒸留したはなし

「日本には、世界に誇る香りがある。」
私たちはそう考えています。

春夏秋冬の四季が巡る日本では、木々や華や果実など実に様々な香りが存在しています。
自分たちの足で国内各地を巡り開拓した日本ならではの香りを、自分たちがつくるKomonsの各商品に取り入れてお届けしたいと考えました。
ホームケアブランド「Komons」

その第一弾として、例年5月~8月が旬の和歌山産”山椒”から香りを蒸留し配合した

もっとみる

母がオリーブオイルに漬けた山椒をもってきて、それを口にした祖母が、いままで見たことのない表情をしていた…。 90歳を手前にして"初めての味"を経験した祖母は、まるではじめて離乳食を口にした乳児のように、悶絶した顔で固まっていたのである。笑

野草食日記 72  6月の実山椒は固かった

5月に庭の山椒の木に実がなりました。
山椒の出回り時期は普通6月、そんな固定概念を持っていたので、ひとまず一部のみを収穫し、残りは6月まで待つことにしたのです。

6月5日に満を持しての収穫作業、洗って茹でたあと一粒かじってみると・・・。
ガリっという歯ごたえ。
見てみると黒い粒が出てきました。

種です。
花椒を買った時に見かける、あの種。
多分そうに違いありません。

かといって捨てるにはもっ

もっとみる

曲げわっぱ日和 その88

こんにちは、きさ まみです。
梅雨寒の月曜日。
昨日の手仕事が活きたお弁当です。

*茄子と牛肉、ヤングコーンのオイスターソース炒め
*蕗の煮物
*チーズ入り卵焼き
*ミニトマト
*ちりめん山椒ご飯

旬がもうすぐ終わるふきを駆け込みで。
昨日あく抜きと筋取りをして炊いておいたもの。
特有の香りと食感、ほろ苦さが美味しい。

卵焼きはベルキューブのトマト味をちぎり入れて巻きました。
卵液はクレイジ

もっとみる

【春 5月①】初夏の香り「実山椒の下処理」

5月下旬~6月上旬の短い間にしか出回らない実山椒の下処理をご紹介します😊
この下処理をしておくと、ちりめん山椒や実山椒の醤油漬けが簡単に作る事が出来ます。

材料

・実山椒……好きなだけ

作り方

①実山椒を購入したばかりの状態だと、このように枝に実がついています。これを

このように

枝から実を外していきましょう。小枝の処理が億劫ですが、仕上がりの見た目が変わりますので頑張りましょう。(

もっとみる