建武新政

建武の新政 後醍醐天皇政権に加わった人々

建武の新政政権は、護良親王・足利尊氏・北畠親房など上層の人々と文観・楠木正成のように新興の人々で構成されていました。後醍醐天皇と護良親王、足利尊氏と新田義貞など政府内の不協和音が拡大し南北朝の争乱が始まります。

建武の新政 大学講師と高校教師のコラボ日本史

異形の王権と呼ばれる後醍醐政権。建武の新政において、後醍醐天皇・護良親王・足利尊氏はどのような位置にあるのかを考えます。

#0215【自分勝手は滅びの元(建武新政の綻び、日本史通史)】

1日1分歴史小話メールマガジン発行人の李です。
月初の日本史通史シリーズです。

意気揚々と天皇中心の政治を志した後醍醐天皇でしたが、彼のやりたかった政治は、厳しい言い方をすれば「天皇中心」の政治というよりも、「自分のワガママを貫きたい」政治と言えると思います。

(前回:No.214【言行不一致が不信感へ(建武新政の不安定な門出)】)

行きあたりばったりの政策、寵臣・寵妃(お気に入り)たちへの

もっとみる

#0214【言行不一致が不信感へ(建武新政の不安定な門出、日本史通史)】

1日1分歴史小話メールマガジン発行人の李です。
今週は月初の通史シリーズです。前回、不屈の傑物である後醍醐天皇の号令によって鎌倉幕府が滅ぼされたところまで叙述しました。

(前回:No.204【得意満面の悲願達成(後醍醐天皇と鎌倉幕府の滅亡)】)

隠岐の島に流された後醍醐天皇でしたが、意気揚々と京の都へと舞い戻ります。

後醍醐天皇は自分が島流しされていた間に鎌倉幕府の手によって擁立された光厳天

もっとみる

#0216【理念先行・現実無視の結果(建武新政の崩壊、日本史通史)】

1日1分歴史小話メールマガジン発行人の李です。
月初の日本史通史シリーズ。鎌倉幕府崩壊後の後醍醐天皇による後醍醐天皇(とその側近達)のための政治は大きく綻びを見せました。

(前回:No.215【自分勝手は滅びの元(建武新政の綻び)】)

京都が遠い陸奥(東北地方)と鎌倉(関東地方)に将軍府をつくり、後醍醐天皇の息子たちがそれぞれ将軍として赴任していました。

しかし、行き当たりばったりのその場し

もっとみる