キリがない練習

今日は早目に床に就こうと思っていても、寝る前だし軽くアプローチっぽく、と振り始めたが最後、そっから小一時間は眠れない。

中々納得がいかない。特に安定度という点で。ポツポツ出る激しいミス。どうしてもこれを撲滅したいと思い、一体どこに原因が???と考えてしまう。

キミ。一体何を目指してんの?

自問自答もしてしまうってもんだ。

先日亡くなられた金田正一さん。様々な方が追悼のコメントを出されている

もっとみる

無限の引き出しはないけれど

仕事中、良い気付きがあったり、後輩の子がいいことを言ったり。
noteに書きたいことがたくさん生まれるのに、いざ書こうとすると書けない。
書いても読みづらいものが生まれてしまう。

代わりに、仕事終わりの買い物や絵売りの人に会ったことを書いてみると、するする書ける。

ここで自分の内側の声を聞くと、、、

( ´_ゝ`)最近、仕事終わりのことばっかり書いてる!
同じことばかりより、たまには仕事のこ

もっとみる
スキをありがとうございます!とても嬉しいです。
16

対談動画:演技の引き出しの使いかた

ドラマ/映画の演出家として活躍中の千村利光監督と対談しました。

テーマは「演技の引き出し」。

千村監督が演出サイドの視点から、小林でびが俳優サイドの視点で
「演技の引き出しってよく言われるけど、それって要するに何なのか?」から「演出家が俳優の演技の引き出しを活用する方法」について・・・企業秘密ギリギリOUTの内容でディスカッションしてます(笑)。

【『演技の引き出しの使い方【演出編】』お芝居

もっとみる

アウトプットせな!

おはこんばんにちは!

昨日はインプットの日でした✨

私は、以前インプットした知識はアウトプットせず満足してました。

勉強会に行ったという満足感だけ、、、

それは、もったいない‼️と思うようになって

意識が変わりました

今は、中途半端な知識がスッキリになる感覚は楽しい。

知識が整理整頓されていく感じ

記憶が新しいうちにアウトプットして記憶に定着させるを実践してます。

日々、考え方が

もっとみる

自分の引き出し

おはこんばんにちは!

今日は偶然見つけた牛タン屋に♫

2年前までは、偶然見つけた店に入るなんて全然できませんでした💦

いつもの店で安心してた。

けれど

友達からいつも一緒やなと言われて

なんかモヤっとしたんです(笑)

それからは、新しい店にチャレンジしまくりました‼️

おかげで今は新しい店に行くのが楽しみ✨

そして、友達から美味しい食べ物は、お前に聞いたら間違いない!

とまで

もっとみる

一生はなんのため

月末でこんなに憂鬱なの久しぶりだなー。

嫁に癒してもらいたくなる、変な意味じゃなく。

売り上げがダメなことはもちろん自分のせいなんだけど、

それをダメだダメだといいまくられることにも憂鬱で、

それをいうのがまた自分の上司で、

そのゼロは上司自身の体裁を崩すことになるため、

言いまくってくるわけ。

なんかミスしても許されない環境って、こんなに窮屈で、

こんなに楽しくなくて、何してもミ

もっとみる

ペトリコール

「それ、“ベイカーベイカーパラドクス”っていうらしいよ」

 改札を抜けてすぐ、逆さまに落ちていくような裸体のモニュメントの周りでは、待ち合わせをする人でごった返している。

「服の選択ミスったかもなぁ…」
 蒸し暑さにやられ、シャツの中へ風を送り込みながらスマホを取り出す。聞こえてきたそのワードを検索すると、手持ちぶさたな午後の2時は終わり、3時が来る。

 音と共に震えるスマホの画面に目をやる

もっとみる

写真家はペテン師 !?

今日は朝からずっとタレントさんのレタッチ作業の日だった。PCの前でにらめっこ。作業を黙々としていた時に、ふと昔のことを思い出した。

♢♢♢

 わたしは駆け出しの頃に「芸能人の方にお会いできるお仕事したい」と思っていた。単純にミーハーだからだった。願いが叶って早いタイミングからタレントさん、女優さん、役者さん、著名な文化人の方などたくさんの方にお会いする機会に出会えた。

 撮影前日はドキドキし

もっとみる
ありがとうございます😻ハシビロコウは意外と動く!
77

エピソードをたくさん持つことの大事さ

僕は話が下手です。

でも、話すのが好きだし、書くのも好きです。

だからこうやってnoteでひたすら発信しているわけです。

ただ、会話となると難しい。

相手によって、エピソードを変えないといけないからです。

エピソードを相手の頭に入りやすいように切り替える。

そのためには、エピソードの引き出しを、たくさん持っていたほうがいいです。

そういったエピソードは、ツイッターやYoutube、n

もっとみる

Youtuberでは絶対に勝てないと確信した

僕は書評のYoutuberになろうと思っていました。

でも、さまざまなYoutubeチャンネルを見て。

僕には絶対勝てないと思いました。

どうしてかというと、僕には圧倒的に引き出しが少ない。

引き出しが少ないと、面白いものが作れない。

普段の情報収集量が少なすぎたわけですね。

だから、ほかの攻め方をしようと思います。

応援よろしくお願いします。