【超簡単心理学】異性への声かけで、印象を高めるちょっとした工夫(1分以内)

出会いが無い...と嘆く人たち多いですよね?

それはね、完全な勘違い。

単純に、出会いを見過ごしているだけです。

街に出てください。沢山の異性がいるでしょう?

日常生活にはチャンスが満ち溢れいている

日ごろから、いつ理想の異性と出会ってもいいように準備しておきましょうね。

チャンスはいつ来るかわからない...

いつくるかわからないからこそ準備しとくのが大事!

日ごろから準備をしてお

もっとみる
ありがとうございます!何度でも繰り返して読んでくださいませ♪
1

宗教にこだわるか意思にこだわるか【斎藤一人】

世の中には、人生の目的を見失いながらも、自分の意思に関係なく、宗教にこだわってしまう人っていますよね。

別に宗教が悪いという話をしたいわけではありません。あれだけたくさんの人が集まるわけですから、各々で何らかの魅力があるのでしょう。

しかし、自分の中に明確な意思があるにも関わらず、一つの宗教にこだわり続けてしまう人もいます。

そういう人が途中から宗派を変えられるかというと、なぜか変えられない

もっとみる

不思議を見つけるのが好きなわんちゃん

知り合いの方は
小さな可愛い
わんちゃんと
一緒に暮らしてる。

お家に行くと
よって来て
お腹なでてと
お腹をみせる。
とっても
気持ち良さそうにしている。

そのわんちゃんは
たまに人の頭の上の方を
見てる。

何か不思議を見つけて
不思議そうに
してるみたいに
見えるのだ。

ご主人さんも
不思議を見つけるのが
上手なわんちゃんだと
言ってらした。

同じ生き物同士
コミュニケーション方法は

もっとみる

⑬プシケ(魂魄)【伝】そのまんまにはありえないところ

どうしても 伝えずにはいられないもの

愛してる という気持ち!

そう  思わない?

私は思います!

人は 伝えたい生き物です  はい!

知って欲しいからです

その先に 認められたい

受け入れられたい

があるからだけどね…

だから  承認要求なるものが

蔓延していたりしますし

表に出せなかったり

出さなかったり

勝手に気がついてもらいたがったり

します!してますね🍀

もっとみる

【記事感想】意思疎通って、大事。

3名から始まり、急激に社員が増える中で「何となくわかっているだろう」という思いが全てを悪化させました。本当に今思うと彼ら彼女らに申し訳なさすぎるなと反省しています。

記事元:Seed Roundでの調達までの7ヶ月を振り返って

思っていた以上に生々しい…

僕も経験したことあります。経営側、としてではなく従業員側、としてですが。その会社は代表の方が外部との関わりを積極的に行っていたため、内部と

もっとみる

蛍と登山(23)synchronicity〜農鳥岳編

先程、鮎に電話をかけた岩場までやって来た。

岩場と言っても、構造的には横に長い台形状の岩場だ。例えるなら、フィールドアスレチックの障害物のような感じだ。岩を登って降りて、を暫くの間繰り返す。沢登りや海岸の岩壁歩きに近いかもしれない。

最初、蛍の動きを見ていた。自分の身長以上の岩壁を越える事が出来ないようだった。岩の上部に手を掛けて、懸垂の要領で自分の体を持ち上げて行くのだが、それが出来なかった

もっとみる

魚類との交流〜おいでちゃんとの思い出

魚類との意思疎通は可能であるか。
答えは厳然たるYESである。YESったらYESである!

以上!

とすると、主張が主張を成していないのでもう少し解説することにいたしましょう。

つまり、わたしはこれまでに金魚を4匹飼っています。わたしの感覚を素直に言うと、これまでに金魚4人と暮らしていた、なのですが、ここは世間の常識に合わせましょうね。
そしてこの金魚たちが実に魅力的で個性豊かなのです。

もっとみる

蛍と登山(22) Little wing 〜 農鳥岳 編

西農鳥岳の山頂に到着した。蛍が来るまで待とう、と思いながらも、内面にはまだ怒りのようなものが残っていた。今のままではまだ冷静な応対が出来ないかもしれないと思い、先へ進もうと、立ち上がった。

いや待て、子供じみた真似はよせ、とも思ったが、不思議と、怒りと煩わしさが勝った。そう思ったら 登山道を駆け下りていた。

やはり、ヤマだけが自分の拠り所なのかもしれない。登山道を疾走しながら意識を高めていく。

もっとみる

蛍と登山(21)Separate ways 〜農鳥岳編

( 妻 ) 

 強い夫が、ここまで小さくなってしまうことに驚いていた。北岳の頂上でも、そして今も、葵さんを想いながら泣いていた。今でも彼女の事を愛しているのだ。夫を追い詰めた事に自己嫌悪を感じながら、それを思い知った。

触れたくない話を無理に聞き出した行為を、ただ後悔していた。”嘘つき”と罵り、僕を信用していない、と夫に言われても、仕方が無い言動だった。

謝らなければならないのだが、目の前で

もっとみる

ギリシャの海で、おばあちゃんと意思疎通した話。

2013年の7月。

今からもう6年も昔の話になるんですね。

ギリシャのアテネに行きました。1週間の滞在。

色々と楽しい話があって、一度には書ききれないのですが、少しずつ小出しにしたいと思います。

今回は、現地のおばあちゃんとのお話。

当時のギリシャ。美しい街だけど、問題も見える。

そのころは、ちょうど、2012年あたりから、ギリシャがお金の問題で、国として破綻しちゃうんじゃないか、的な

もっとみる