ゴールライン

みなさんは、どんな時に緊張しますか?
人前に立つとき、会社のプレゼン、就職試験の面接、スポーツの試合、部活動の発表、初めての人に出会う時……
考えただけでドキドキしてあがってしまう、なんて方もいるかもしれませんね。

私が運営するサロンには、
「緊張するといつもの半分も実力が出せない…」なんてことが続き、周りから「仕事ができない」「そういう人」とレッテルを貼られてしまうようで、ますます自分に自信が

もっとみる

「下克上パパ」ー1:年下の上司ー

ー1:年下の上司ー

「八坂君、」

そう呼び止められた瞬間、時が止まった
血が煮えたぎりそうになった

勤続20年、先輩としての尊厳、元・上司としてのプライド

全てが否定されたのだ

年功序列とはもう昔
今や有能?であれば平気で役職が変わる

ウチの会社も例外ではなかった

人事変更の結果出来たのは

年下の上司
^^^^^
しかもそれは
入社当初に面倒を見ていた4つ下の後輩

「八坂さん、も

もっとみる

バストケアに成功する人の3つの共通点。

乳ケア受講者さんたちからの嬉しい報告が立て続けに♡

毎回色々とお伺いしていく中で、バストケアに成功された人には共通点があります。

なので、今日はそのことについて。

成功の共通点

「2カップバストアップしました!」

「バストが上向きになって年下の彼氏に褒められました♡」

「正しいブラのつけ方をするようになってから、かっこ良く服を着こなせるようになりました。」

「二の腕が細くなって背中の

もっとみる

「100分de名著」で学ぶブッダ「真理のことば」 」3回目その3

1.前回のおさらい

自分の子供や財産に執着すると苦しみを生みます。
自分の子供は自分とは別個の人格を持つ人間で、その子なりの人生があり、まあ財産にしても、たまたま自分のところにあるだけで、使うことによりお金が活かされます。
自分の子供や財産は自分の思い通りになるものではないということを理解し、執着を手放すことで、苦しみから逃れることができるということを、前回学びました。

出演者:
司会 ---

もっとみる

究極リーダーマインドセット-これができないリーダーは今すぐ席を譲りなさい-

私は数年間、大きな規模のリーダーをしています。

その経験を通して、様々な各界リーダーを面会する中で、いろんな情報を得る中で、チームとしてとても重要なことを学びました。

今ここで、これからリーダーを務めていく人、今リーダーとして悩んでいる人に最も重要な部分をシェアします。

「リーダーはこれさえやっていればいい」と言っても過言ではない。

逆に言うと、これができないリーダーは今すぐ席を譲るべきか

もっとみる

大成功者に共通する子育て法、その②

前回に続いて、大成幸者に共通する親の子育て法と言うテーマで書いてみたいと思います。

こちらも前回同様、facebook創設者「マークザッカーバーグ」や宇宙開発事業をする「イーロンマスク」、アマゾンの創設者「ジェフ・ペゾス」など大成幸者と言われる人たちの親がどんな風に彼らを育てたのか?を調査した結果を元に個人的に分析したものです。

彼らは親から一定の教育方法で育てられた傾向があるとわかったのです

もっとみる

大成功者に共通する子育て法、その①

最近、ある勉強をする中で気付いてしまったことがあります。

それは、大成幸者に共通する事柄です。どんな大成幸者かというと、facebook創設者「マークザッカーバーグ」や宇宙開発事業をする「イーロンマスク」、アマゾンの創設者「ジェフ・ペゾス」などです。

シンプルにいうと、親の教育方法にある一定の傾向が見られることが判明しました。

私も三児の親として、とても目から鱗というか、感動して…すぐ実践し

もっとみる

タイは留学だったのだ

だって水嶋さんすぐ帰ったじゃないですか。

というのは最近バンコク在住の方に言われた言葉。そんなにたくさんは会わなかったですね〜、みたいな会話の流れだったような気がする。7ヶ月、まぁ在住年数が10はゆうに超えている人からしたら短いは短いか。

今回のバンコク滞在は2泊3日、厳密には25日昼から27日朝の42時間くらい、今考えるとあらほんとに弾丸ねぇ!といった感じだが、きっかけとなった用事は初日夜に

もっとみる

みかんとぼくと成功体験

高校生2年の冬の日曜日、朝起きたら40度の熱があった。

17年間生きてきた中で、過去最大の体温。節々が痛いし、身体が熱くて頭もぼーっとする。インフルエンザかもしれない。幸いなことに親も休みで、寝ているだけでよかったが、ぼくはこんなことを思っていた。

今日のバイトいけねぇじゃん…。

当時、ある総合スーパーでバイトをしていたが、どうしても行きたかった。ぼくがバイトリーダーだったとか、人手が足りな

もっとみる

書く快感なんて、知らなければよかったのに。

「ああ、もう。ネタが出ない!」

仕事終わり。帰りの電車。
僕は焦りを感じていた。

かねてから文章力をつけたいと思っていた僕は、2月から天狼院書店のライティング・ゼミに通い始めた。
ライティング・ゼミでは毎週課題投稿があって、文章を書いて提出する。

「またチャレンジお待ちしております!」

最初の週の課題投稿。僕は、その一言に跳ね返された。
投稿した文章はスタッフが目を通し、合格したものはサイ

もっとみる