損保

再保険の仕組み②(再保険の種類)

今回は再保険の種類について説明します。ご存知の通り、損害保険契約には多種多様な契約(財産保険、サイバーリスク保険、賠償責任保険等)があるため、再保険契約もその特徴によって、様々な形態を取ります。

1.再保険契約の種類

(1)責任分担方法による分類
 ①Proportional契約:保険料も支払い保険金も比例てん補(pro-rata)
 ②Non-proportional契約:出再会社と受再会社

もっとみる
スキありがとうございます!定期的な配信しますのでフォローお願いします!
2

再保険の仕組み①(再保険の意義・機能)

今回は損害保険業界に携わるものとしては必ず理解しておかなければならない、「再保険」について勉強します。

なんで保険会社が更に保険かけるの?再保険って誰がどのように締結するの?一般消費者にも関係あるの?など再保険にまつわる話を書きたいと思います。
再保険なんてマイナーな分野だから興味ない!と思われる人も是非読んでみてください。実は、再保険って本当は非常に重要なものなのです。

1.そもそも再保険っ

もっとみる
スキありがとうございます!定期的な配信しますのでフォローお願いします!

【書評】内藤誼人「人前で緊張しない人はウラで「ズルいこと」やっていた」(2018)

仕事で目上の方と話すときや、大人数の前で話すときにいつも必要以上に緊張しちゃいませんか?周りの人が堂々と話せているのになぜ私だけ・・と考えることはありませんか?

私もそのような性格で、悩んでしまうこともありましたが、この本を読んで考え方が変わりました。すぐに実現できるアクションプランが多く実践的な本です。冒頭の悩みがある方は必読の書です。

1.著者紹介
 立正大学客員教授。慶應義塾大学大学院社

もっとみる
スキありがとうございます!定期的な配信しますのでフォローお願いします!
3

損害保険業界の豆知識①

就活時代に損害保険業界を見ていた人は、損害保険業界に関心があった方もいらっしゃるかと思いますが、ほとんどの方にとって損害保険業界は目に入らない業界かと思います。

そこで、今回は損害保険業界とは何なのか?について、若手社員の目線から論じたいと思います。

1.損害保険とは?

 損害保険は、「会社・個人のあらゆるリスクの発現によって発生する損害を補償する」ものです。

これだけだとわかりにくいです

もっとみる
スキありがとうございます!定期的な配信しますのでフォローお願いします!
1

損害保険の魅力

現役の損保マンが余すことなく語っていこうと思います。

損害保険がカバーする領域は想像以上に広い、です。

これがやりがいでもあり、苦労するところでもあります。

人も企業も、取り巻く環境は「リスク」でいっぱい、です。

それはもう想像以上に。。

製造業を例にあげるなら、

・大規模自然災害による工場の損傷

・その事故による売り上げや利益の減少

・企業に責任が生じる事故の場合はその近隣への賠

もっとみる

Product Liability Advocate(製造物責任)

本日の、テーマは損保マン業務に直結する話なので、少し堅めです。

訴訟大国アメリカで物議をかもしたとある有名な訴訟について争点や評価について自分なりにまとめます。

テーマは「製造物責任」。

Q:どんな事例?

製造業者がとある「安全装置」を「標準装備」とせずに、「オプション提供」していた場合に、製品製造過程やデザイン自体の「設計瑕疵(ミス)」や「リスクテイカーへの説明責任」が問題になります。

もっとみる

交通事故に遭った場合、解決までに立ちはだかる2つの「壁」_1

1つ目の壁 損保会社の担当者の圧力
損保会社の担当者の対応に追われるだけで疲弊していまい、

治療どころではなくなり、「こんな面倒は嫌だ!!」と言わんばかりに、

適切な治療もせず、また適切な賠償金を得ずに、示談解決されてしまう方もいらっしゃいます。

特に、軽微な事故と思われがちな、追突事故による頚椎捻挫の被害者の方に対する対応は、ひどい時があります。

ましてや、症状固定時期になっても症状が残

もっとみる

【就活】会社説明会で志望度が下がった話

今日は午前中は損保、午後は商社の会社説明会に行ってきた。

毎日説明会三昧でESが追いついてないからそろそろ真面目にやらないと行けない。

余談は置いといて、
結論から言うと2社とも志望度は下がった。

まず1社目。3メガ損保のうちのひとつ。前半会社説明、後半パネルディスカッションという流れだったけど、どっちもイマイチ。
まず、会社説明が長い。私は合説でチラッと聞いただけでほぼ初めてだったけど、今

もっとみる

総合商社は時代の最先端!?

これから先、あらゆる業界がコンサル化して、さらに総合商社化すると思う。
自分の仕事だけやって「はい、終わり。」じゃなくて、もっと踏み込んでトータルコーディネートをするようになるっていうこと。

そう考えるようになったきっかけは就活してて「みんなコンサルティングするじゃん!」って思ったこと。

説明会に行ったら銀行は「ただ融資するだけじゃなく融資先の会社のコンサルティングもする」って言ってたし、損保

もっとみる