文系大学生

はつとうこう。

はつとうこうは何にしようかなあと悩んで、かんたんに、つらつらと自己紹介をします。

写真は今日出会った、人懐っこいエゾリスです。


中のひとは、教育系の大学院に所属する修士課程2年です。
専攻は発達心理学で、心の育ちや感情とのつきあい方に関心を持ってます。
中学生くらいの年代のこころのゆらぎや 自分と、他者と上手に付き合えるようになる成長について、おもしろいなあと思っています。

あるときは中

もっとみる

【読書レポ】文系と理系は思考するときの闘い方が違う

1.文系クラスと理系クラス、どうやって選択した?

高校生になると専攻でクラスが分けられ、大学になるとそれぞれが全然違う世界に見える。大人になって勉強することがなければもう解放された気分になる。―文系か理系か問題。

今回は、文系と理系の違いについて説明したうえで学ぶことと日常生活の関係について述べた本を共有します。

共有する本:「文系?理系?」

2.大前提として

今回は1冊の中の「第1章 

もっとみる

文系大学生の統計検定2級勉強日記

現状:
•ゼミや授業で統計学や計量経済学を学んだ程度。

•T検定やカイ二乗検定は何をするための検定なのかはRを通して感覚的に理解しているつもりだが、数式の中身は分かっていない。

•統計学を網羅的には知っておらず、細かい知識が抜けている。

目標:できれば内定式までに合格したい。9月30日を第一目標として合格を目指す。長引いても12月までには確実に合格を目指す。  

   

勉強方法:主にネ

もっとみる

私のゴールはどこなのか。

現在の私は明確な夢は持っていない。

小さな頃は、人の命を救う仕事がしたい。と思っていた。
小学校の卒業式では小児科医になりたい。と、雛壇の上で証書を貰う前に叫んだ。

今思えば、その成績でよく言うな。と思われたと思うが高校2年生まで医師になる夢は持ち続けていた。
勉強は積み重ねで結果が出せると思い前向きに取り組んでいた。

しかし、私には、医師になるための強靭な体力とメンタルが欠如していた。

もっとみる

気が利く文科系、気が利かない文科系。(?)

文科系の大学とかからでしたら、一般企業なら営業か販売、それが嫌なら消去法で介護士や保育士や製造業とかがありますが、
やはり、販売店や介護施設や保育所等、人と関わる仕事をする以上は、ただ真面目、優しい、勤勉とかばかりでなく、気を利かさないといけない訳でもありますから、
黙々と勉強や読書ばかりして来て、アルバイトとかの社会勉強や、家では家事の手伝いとかをしていないような人なら、社会人から頑張ってもなか

もっとみる

文系データサイエンティストの実体験(追記あり)

目次
1.概要
2.自己紹介
3.本編
3-1.文系でもデータサイエンティストになれるの?
3-2.文系の中でデータサイエンティストになれそうなのはどんな人?
3-3.文系はデータサイエンティストになるべき?
3-4.データサイエンティストになりたい文系の方へ
3-5.技術キャッチアップのためには
4.最後に

-------------------------------------------

もっとみる

夏夜隅

今日、海の日です。祝日です。3連休です。
令和初めての長期休暇も間近です。
先日、「学校に化粧して行って良いか」ということが問題化してました。SNSで沸騰している様子が、「令和」らしいなと自分は思いました。
そのことも少し経ったら、自分なりに言語化してみようと思っています。

今日は、平成って何の時代なんだろうってのを言語化していきます。
今年で20歳というおそらく人生で一番のアニバーサリー・イヤ

もっとみる

【読書レポ】かわいいとセクシーのジレンマの渦中から自分の物語を紡ぎはじめる

1.女性グループが訴える他者依存からの脱却

前回、「BLACKPINK」の≪Kill This Love≫を中心に取り上げて、精神的自立を目指す女性像について論じました。それが以下。

今回は、これの補足版として韓国女性グループへ向けられてきたまなざしの問題について議論した本を共有します。

!文章に登場する芸能人については、各自Google先生に聞いてくだされ。!

共有する本:『K-POP 

もっとみる

熱いやつってなんか寒い

継続は力なりということで2日目の日記も書いていきます。
今日も昨日と同じような1日を過ごしました。
お昼くらいに起きて友達と二郎系ラーメン食べに行って寝てバイト行くというスタイル。

今日のバイトは騒がしいお客様がたくさんいたのと、最後の締めが二人しかいなかったので大変でした。バイト終わってlineを見ると高校の同級生の美女から電話したい感じの文章が来ててテンションが上がりました。あとバイトを早く

もっとみる

祝100投稿目 人気な記事を分析・解説する。

こんにちは、ヒッチくんです。

去年からnoteで投稿を始め、100投稿は最低でもしようと決めていました。

100投稿し気づいたことは、どのような記事が読まれていたのか、統計を取ることができるのです。

過去投稿した中で一番読まれている記事はこちらです

短い文で単調な記事ですが、僕のジャンルである国際系から少しかけ離れていると思えます。

ですが、一番いいねや閲覧数が多いのです。

2018年

もっとみる