日本民藝館

『日本民藝館へいこう』坂田和實、尾久彰三、山口信博

古道具において新たな路を築いたレジェンド、

坂田さんが日本民藝館にたいしてどう思ってるのかを知りたくて

この本を手に取りました。

選んだ22点の民藝館貯蔵作品も坂田さんらしいなと思ったし

山口さんのデザイナー目線から視た弁当箱の話も興味深かった。

今週末にオンラインストアにて販売予定です。

[日本民藝館に行こう / 坂田和實、尾久彰三、山口信博]

東京でいちばん居心地のよい美術館でふ

もっとみる

民藝旅 vol.1 山陰・愛媛編 まとめ

皆さまこんにちは、東堂です。

「民藝ってなんだろう」をテーマに日本を旅する、民藝旅 vol.1山陰・愛媛編、お楽しみいただけたでしょうか?

鳥取県からはじまった、もじゃもじゃ絵描きの民藝旅。

大砂丘に登り、

蔵の町に魅了され、

松の姿に息を呑み、

ついで旅路は四国、愛媛県へ続きました。

瀬戸内の春にときめいて、

友人の暮らしに触れて、

次世代の巨匠の芽吹きを感じて、

職人の静か

もっとみる
ありがたし…!・:*+.(( °ω° ))/.:+
9

5【金彩花柄のグラス】

花柄が好きだ。

いつの頃からか気に入った花柄があると、素材が何であれ用途が何であれ洋の東西や新旧を問わず財布の紐が緩んでしまうようになった。
それも、比較的成人してからの話。

「花柄」
一言で済ませようと思えば万国共通。
世界中にフラワーモチーフは溢れているし、
古代から人は「花」に対して執着してきているように思う。

強いアイコンだ。

しかし、いかにアイコニックな図案だったとしても私のなか

もっとみる

民藝旅 Episode:0/日本民藝館「柳宗悦の直観」と 21_21「Another Kind of Art」 (2)

2. 日本民藝館「柳宗悦の直観」

前回のnoteをお読みくださった優しい読者様。お待たせしました、東堂が海の”もずく”と消えそうになったあの時間の続きです。

学芸員さんの月森さんは、本当にお忙しく、スタッフさんに呼ばれてどこかへと去って行かれました。東堂は、ポケットモンスターでバトルに負けた主人公のように、”めのまえが まっくらになった”状態。しばらく、鉛筆を握りしめて、作りの良さそうな皮のベ

もっとみる
これがあるから頑張れる〜!
15

《資料》ひととびラジオ5. 大津絵を愛でる

ラジオで話したことなどの資料です。

●話に出てきた大津絵
・鬼の念仏
・藤娘

・仏と位牌

・塔

・鬼の行水
・達磨大師
・青面金剛

・十三仏

●飛び出し坊や
「とび太くん誕生秘話」
http://www.mahorova.com/works/tobidashikun

●飛び出し坊や・大津絵の鬼バージョン・大津絵まんが
http://ebisukikaku.net/item.html

もっとみる
金剛の露一粒や石の上 茅舎
2
00:00 | 00:30

大津出身のせいこと、能友で大津絵を習った経験のあるたかねさんとで、その不思議な魅力や発見したことについて余すところなく語りました。おおらかで、かわいくて、楽しくて、尊くて、縁起がいいもので満ちている、江戸民画・大津絵の話。どうぞお楽しみください。

●大津絵美術館
https://enman-inn.com/about/museum/

●大津市歴史博物館
http://www.rekihaku.

もっとみる
ほのぼのと舟押し出すや蓮の中 漱石
4