村上世彰

(試行版)ぼくらは、それを見逃さない。⑤村上世彰氏を頼るPWJ、2008年から大西健丞氏に資金協力

NPO法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ、広島県神石高原町)の大西健丞代表理事と、かつて村上ファンドを率いて一世を風靡した村上世彰氏との付き合いは10年以上です。

 2016年に村上氏が作った一般財団法人村上財団の理事にも就任していますから、信頼厚いブレーンと言ってもいいでしょう。この財団の支援先にも大西氏の影響がうかがえます。

https://murakamizaidan.jp/con

もっとみる
うれしいです。
13

地域経済を「回す」だけじゃ足りなかった。

今日は、村上ファンドの創設者・村上世彰さん「いま君に伝えたいお金の話」を読みました。

正直かなり初心者向けな内容で、書かれている9割以上はすでに知っているようなことばかりでした。ちなみに、この書籍に込められているメッセージは、下記の言葉がすべてです。

お金は
稼いで貯めて、回して増やす
そして、増えたらまた回す

ぶっちゃけ『これを伝えるための一冊』と言っても過言ではありません。

で、まあ普

もっとみる
フォローもよろしくね!
12

やっと使っているaudible

ご存知の方もたくさんいらっしゃる方と思います。

アマゾンが手がける、サブスクリプションの本の音読サービスです。



割と初期から、契約だけしては、すこしやって持て余してを繰り返し、要約、真剣に聞き始めています。

ナレーションモノなので、口調が嫌だ、リズムが嫌だ、そもそも声質が嫌だ、など言い出したらきりが無いのですが

速読ならぬ、速聴とうか、ナレーションスピードを上げる機能により、若干お

もっとみる

村上世彰『生涯投資家』読んだ

勉強になった。インサイダー事件で逮捕されたりして悪い人なイメージが一般的だが、本を読んでみると信念がある人のように見える(本人が書いたからそう見えるのかもしれないが)。ただやはり信念ゆえに物言いは単刀直入なんだろうなという気がする。なので敵も作ったんだろう。

学んだこと1。上場は「誰にでも買える」舞台に乗ること。なので、非上場企業より格が上とか、そういうことはない。市場から資金を調達できるように

もっとみる
ありがと!

「お金のエンタメ化」論が、やっと日の目を見ました(笑)

村上 世彰さんと、西原 理恵子さんの共著
『生涯投資家vs生涯漫画家 世界で一番カンタンな投資とお金の話』
56ページで「お金のエンタメ化」について話している
「担当の編集さん」
これは、わたくしなんです。えへん。

仮想通貨、なんて言葉が全然一般的でなかった2010年ごろから、ずっと
電子マネーはエンタメ化していく
と言い続けているのですが、
やっと日の目を見ました。笑

村上さんはあんまり食い

もっとみる
よろしければシェアもお願いします。
1

2019/5/28 リアルインベスターZ

こんばんは

通信制高校のN高等学校で、

投資部が設立されたとニュースでやっていました。

顧問にはあの村上世彰さんが就任されるとのことです。

リアルインベスターZですねw

楽しそうですねw

いいですねw

そういう青春もありですねw

今日のトレードです。

ドル円 109.321決済買い 2.4万通貨 +16.2pips +3,672円

決済のタイミングは良かったです。

決済した後

もっとみる

みんな大好きお金の本【お金の話:ひろゆき】読了まとめ

さてさて、今月2冊目のひろゆき本。

これからを生きるための無敵のお金の話

を、読了。

今月は1日あれば読めちゃう軽い系の本ばっか読んでる。

冒頭の写真の通り、ひろゆき氏曰く、このまま高齢化が進めば日本は時給100円になる時代が来るとのこと。

先日読んだ、このままだと日本に未来は無いよねでも、いかに日本がオワコンかについて言及されてます。

そんな中で幸せに生きていくためには、多くの日本人

もっとみる
LIKE yeah⤴︎(LINE pay風)
6

「いま君に伝えたいお金の話」読んだよ!

村上ファンドの親こと村上世彰さんの著書です。投資を生業にされているということで、どんなお話が読めるのか楽しみにしていました。「お金は回して増やす」など、投資家ならではの内容もありましたが、全体的にお金のことについて分かりやすく説明されていました。

「お金」は悪いやつじゃない
日本ではお金の話はタブーとされている面があります。家庭では「子供はお金のことは知らなくても良い」と言われますし、況して友人

もっとみる

「異端児」が語る正統マネー論『いま君に伝えたいお金の話』

本稿は光文社のサイト「本がすき。」に2月7日に寄稿したレビューです。編集部のご厚意でnoteにも転載しています。

かつて「モノ言う株主」として日本の産業界を揺るがした村上世彰氏の若者向けのマネー論だ。インサイダー取引で有罪判決を受けた「村上ファンド事件」の記憶が鮮明な読者は、異端児の先鋭的な言説が展開されると予想するかもしれない。その期待はあっさり裏切られる。全編にわたって、真っ当至極で、むしろ

もっとみる
「おカネの教室」も是非ご一読を!
8

「ゴーンショック」への理解を深める本をご紹介

カルロス・ゴーンさんが起訴された事件、テレビなどの報道では彼の「金の亡者」っぷりが強調されていましたが、私のTwitterタイムライン周辺では「そもそも逮捕されるようなことじゃないだろ」的論調でした。

その辺は私がフォローしているアカウントの特性も多分にあると思われます。

そこで、今回のノートでは私がこれまでに読んだ本の中で「そんなタイムライン」の醸成に関わってそうなものをピックアップしてご紹

もっとみる
このために書いてます。
3