東北旅

【週報】190318~190324

高橋 奎 (@_keitakahashi_)です。今週の週報。

1.今週はどんな日々だったか

今週はなんか忙しなかったなぁという印象が強いなぁ。
4年間していたNPOカタリバの卒業式があり、
その翌日は早朝から東北へ友達と青春18きっぷで旅に出て、
そして大切な場所である、大川小の校庭に立った。
この4年間が凝縮され、色がつき、そして自分のあり方を振り返った。そんなデトックスされた時間でした。

もっとみる

組織の中でのありたい姿〜いつも大川小は大切なことを教えてくれる〜

大川小の校庭で目を瞑ると、何を考えるでもなく、自然と大切な感覚が戻ってくる。

1年半ぶりに、大川小学校に行き、佐藤敏郎さんの話を聞いた。

感じたことを残したメモを残しておきたい。

組織において、「本当に大切なこと」は主張しなければ見失う

間違いなく、大川小で一番先生たちが大切にすべきだったのは、「子どもたちを守ること」だった。しかし、どうするか先生たちは議論することができなかったと言われて

もっとみる

山形の旅-第1弾(雪景色❄️)-

こんにちは!みっこです☺️

みなさんは年末年始をいかが過ごされたでしょうか⁉︎✨

私は山形の親戚のお宅にお邪魔していました‼️

東京に出てから、冬の季節に東北地方にうかがうのは実に5年ぶりで、久しぶりに雪深い景色をみてきました❄️

山形新幹線に乗りました✨
こちらは山形駅のホームです☺️
線路に積雪がありますねー♪

山形新幹線は、福島まで東北新幹線と共にハイスピードで進みますが、その後は

もっとみる
嬉しいです♬
7

宮沢賢治は25歳当時、働きながら、作品を作り1ヶ月に原稿を3000枚書いた

#東北旅 に持って行った本たち。

傑作。窪さんの人間描写、心の動きに感動して、旅館の枕を濡らした。

上野の新幹線入口の本屋さんで文庫本を買う。村田さんと主人公の不思議ちゃんぶりは唯一の存在。視覚、聴覚の描写が秀逸。

宮沢賢治のこのムック本を読んでから、宮沢賢治記念館を訪れた。25歳当時、働きながら、作品を作り1ヶ月に原稿を3000枚書いたということを知り、呆然とした。ほとばしるとはこのこと。

もっとみる
今日のおみくじ【大吉】
1