梅雨明けを予想する 結果編

今年の7月29日(月)、気象庁から関東甲信の梅雨明けの発表がありました。

しかしこの梅雨明けの発表は「今後晴れる予想である」という予報を加味して発表されるため、思ったより晴れなかったとか様々な理由で、後で日にちが修正されることがあります。

今年も、実は修正されました!

修正前:7月29日 → 修正後:7月24日

私は放送で、梅雨明けがこの日になりそう!
というのを発表していました。

しっ

もっとみる

50度🔥超えた〜😆

冷夏始まりの2019年も台風一過のあとの寒暖計計測では、外は45度!
気象庁発表は35度〜36度。およそ10度の誤差。

とうとう、昨日今日と、50度超えた!🔥

気温が最も上がる時間帯は9時〜10時の間のようだ。

ピークは9時半前後🔥🔥🔥💦

昨日51度〜52度。

今日は53度じゃないか?

去年は推定52度を指したところで寒暖計が壊れた。

今年は推定53度を超えた。

去年の5

もっとみる

エアコンの温度設定を法律の観点から見ると?|労働実務相談Q&A

〈相談内容〉
 暑い日が続いていますが、オフィス内のエアコンの温度設定の話しをするときに出るのが、「28度」という数字です。この温度にするのはムリがありそうですが、上限や目安などどのように考えるべきでしょうか。

〈回答〉
 事務所則5条では、室の気温が17度以上28度以下…になるよう努めなければならないとしています。エアコンの設定温度ではなく、「室温」です。28度は上限ということになります。事務

もっとみる

「天気予報は平和の象徴」の件

▼「8月15日」前後は、新聞記事に「戦争の歴史」関連の話題が増える。

以下は、投稿から出来上がった記事なので、その流れとは別だと思うが、2019年7月24日付の東京新聞メトロポリタン(首都圏)面に、「天気予報と戦争」について考えさせられるいい記事が載っていた。

〈天気予報は平和の象徴/軍事機密化に心苦しさ/元気象庁職員 増田善信さん(95)/「爆弾低気圧に違和感」と投書〉

「天気予報と戦争」

もっとみる

大雪欠航したら?新千歳脱出方法①

年に数回、猛烈な寒波が道内を襲い、欠航や遅延が相次ぐ雪国ならではの北海道の空港。
中でも新千歳空港は1日400便以上が発着し、一旦ダイヤが乱れると影響が大きく、空港で配られた毛布をもらって冷たい地面に寝る人々の姿はニュースでよく見る光景だ。

本州にどうしても外せない用事があったときに、大雪で欠航したときは絶望感に打ちひしがられるのは間違いない。ではどうすればいいのか、、、私なりの心構えや新千歳か

もっとみる

北海道の歴史的猛暑の原因 佐呂間町39.5℃

きょう北海道東部を中心に、記録的というよりは歴史的猛暑になりました。5月にです。ご覧くださいこの剣山を。北海道佐呂間町では39.5度まであがりました。

(画像は気象庁HPから)

結論

先に結論書きます。原因は上空暖気とドライフェーンです。

それっぽく言うなら「いや~ありゃ山を越えて一気に上空の暖気が吹き降りたね。フェーンさまさまだよ~」です。あす、職場や学校でどうぞお使いください。

厳密

もっとみる

学校管理下での熱中症による給付件数と予防対策、その歴史

最近暑くなってきました。日焼けの季節、とともに熱中症のリスクが高まる季節。久しぶりに学校安全webのデータから、学校での熱中症による災害給付件数をまとめました。

*参照データ
学校の管理下の災害 [平成30年版]
https://www.jpnsport.go.jp/anzen/kankobutuichiran/tabid/1912/Default.aspx

死亡件数(平成30年度)

中学校

もっとみる

自然災害と常に隣り合わせの

阿蘇山が噴火

今日、4月16日18時28分
阿蘇山に「ごく小規模な噴火」が発生しました。
18時30分過ぎには速報が入り、
隣の県ではありますが、速報を見た・聞いた瞬間に
鳥肌が立ちました。

当時の噴火警戒レベルは「2」。
これは火山活動の状況として、
「火口周辺に影響を及ぼす(この範囲に入った場合には生命に危険が及ぶ)噴火が発生、あるいは発生すると予想される」
というものらしいです。

噴火

もっとみる

気象庁の桜開花日のテキストファイル

気象庁ではサクラの他に 57 種の生物について 65 の事象を観測している.時節柄,サクラの開花日のデータベースがないかと探したところ,生物種ごとにPDFファイルが公開されていたので,データベースにインポートしやすいよう,第一正規形に整形したファイルを公開する.

 気象庁の該当ページ

https://www.data.jma.go.jp/sakura/data/

 第一正規形に至る過程は次の

もっとみる