波に乗る

そうだよ。
何かやらなきゃ って思うから
辛くなる。
しなきゃ って強制かけられると
しんどくなるんだ。
軽く 軽く 波に乗って
流れに乗って
その波が 来た時に
ポンッて やれたらいいよね

波に乗る

波に乗る

最倖の令和時代

これまでの時代よりも
様々な情報がどんどんオープンになるとともに
隠蔽しているものも明らかにされる

この流れはこれからも加速していくことでしょう

しかも科学的に裏付けられた結果も
オープンになっており
信ぴょう性を疑う余地もなくなっている

時代が大きく変化しているけれども
面白いのは人の意識

人間は本能的に変化を嫌うから
人の意識だけは旧態依然
っていう人も多

もっとみる

人生の周期を知っていると強いかもね*自分を超えた大いなる力の導きを知り、感謝して、今生かされていることを生かしていく*

生きている中には良い時もよくない時もあります。人生の波というものですよね。それを、なんとなく事前に予感しているといないでは大きく違う感じがします。喜びごとは急に来ても嬉しいことだけれど、辛いことや悲しいことなどが突然なんの心構えもなく不意にくると結構心やられますよね。

 企業の社長さんクラスになると大勢の社員さんを抱えているわけで、時代の波を読んだり方向性を出したり、大きな決断に迫られたりすると

もっとみる

For The Future

今を生きる喜びが宇宙に届き
心からの笑顔で希望の波に乗る
未来のために
愛と言う名のパズルを合わせて

今日もご機嫌さんでまいりましょう~~♪

もっとみる

波に乗るタイミング

おはようございます。ひろりんです。

寒くてよく寝れませんでしたね。
せっかく衣替えしたのに、引っ張り出さないとダメですかねぇ。

少しずつコトが動きだしています。
できれば早く結論が出て欲しい。

何事にもタイミングがあって、タイミングを間違えると、波に乗れない。

一時期、指示を出していた仕事をしていたからこそ、感じることも察することもあります。

この天気の悪い日が晴れていく様に、早く心を楽

もっとみる

街 × 電動スクーターのあたらしい波(Bird) #26 #波に乗る

街 × 電動スクーター = 最近では全マイクロモビリティ移動の45.8%が電動スクーターらしいよ。アメリカでは。次世代って感じルナー

・Birdは、自動車の使用量、交通量、および二酸化炭素排出量を削減することによって都市をより住みやすくするスタートアップ
・アプリから、電動スクーターをレンタルすることができます
・1つの駐車場に、10台のスクーターを入れることができ、省スペースになる
・100

もっとみる

農業 × コンテナのあたらしい波(Agricool) #25 #波に乗る

農業 × コンテナ = 都市部でもイチゴを育てることができる天候、環境に打ち勝ったスタートアップすごい

・Agricoolとは、都会での農業をサポートし大量生産を可能にするフランスのスタートアップ
・Agricoolの「Cooltainers」は、輸送用のコンテナに、照明、センサー、水、温度制御装置を装備し、その中で大量のイチゴを生産可能に
・殺虫剤が不要
・さらに、消費者の近くで生産することで

もっとみる

医薬品 × ドローンのあたらしい波(Zipline) #波に乗る #24

医薬品 × ドローン = 舗装されてない道路などへの輸送でも存在感を見せてくるドローン。いいね

・Ziplineとは、医療機関から医薬品や血液などの要請があれば、すぐさま無人ドローンで届けるというもの
・2016年からルワンダなどで展開され、その後タンザニアにも拡大したが、このほどガーナでも始まった
・ワクチンや薬、血液を運搬する。ポリオや破傷風などのワクチンを定期的に届けるのはもちろん、急患へ

もっとみる

深さ世界1位×プールのあたらしい波(Deepspot) #波に乗る #23

深さ世界1位×プール = めっちゃ深い。。。楽しそう!!!

・Deepspotとは、2019年夏、ポーランド・ワルシャワにオープンする世界でもっとも深いプール
・プールの最深部は45メートルの深さ
・Deepspotのユニークなポイントは、ダイバーの様子を観察できるトンネルがある

写真みてください!めっちゃ楽しそう。
いいエンタメスポットだなー。ポーランド行ってみたい!

※この記事はあたらし

もっとみる

脳波×リストバンドのあたらしい波(CTRL-Labs) #波に乗る #22

脳波×リストバンド = 脳波を手首で取得する発想。天才すぎんか。。

・CTRL-Labsは、神経科学の成果を応用したニューロテクノロジー系のスタートアップ
・CTRL-Labsは脳が手に送り出す信号を読み取るリストバンドを開発
・脳波を入力デバイスに活用するアイデアは以前からあるが、大半は頭に装着するヘッドバンド型の装置を開発している中、CTRL-Labsは脳から手や指先に送られる信号を検知する

もっとみる