アポ島2日目 in フィリピン

Good morning guys.

アポ島2日目を迎えました。

寝起きは悪かったです。

朝食を食べに行くと、ガイドが探してたよ〜と。

そうか、今日はダイビングか!

知ってましたが、忘れてたフリしました。

ガイド イズ カミング

ガイド「飯食い終わったらすぐ行くで!」

しむ「まじかよ!うんこしてぇな!」

ガイド「うんこは海中ですればええんちゃう?」

しむ「ナマコと間違えたら可愛

もっとみる

ベトナムでは「犬派?猫派?」と聞かれない ~ベトナム週1日記・1

ベトナムでは「犬派?猫派?」と聞かれない。犬が圧勝、というか、猫が土俵にすら登っていないからだ。ベトナムでは猫の地位が低く、「放し飼いにしてねずみをとらせるもの」「名前もつけない」と、ペット以下の扱いをされることが多い。
いずれにせよ、ベトナムでは「犬派? 猫派?」というくだらない質問をされないのは素晴らしい。(どっちも可愛いし、そんなところに戦争を起こすな)

そんなベトナムで、私は猫を飼うこと

もっとみる
「新聞に載れば翌日ゴミになる」「それなら僕はゴミ箱になろう」
15

ベトナム来てから1年経った所感あれこれ

渡越してから1年が経ちました。2・3年は住みたいと思って来た当初ですが、ぶっちゃけ1年住めるとは想像していませんでした。(なんでだよ…) 
海外に出るという目標は達し、3ヶ月〜6ヶ月あたりに猛烈に襲いかかった暮らしへの”飽き”状態をなんとか乗り越え「自分はどこへ流れていくのだろうか…」とふわふわ時期に突入しています。

そう、色々経験するんです。日本に住んでいる時とは違った感傷に浸る自分をたまに引

もっとみる

「Plogging(プロギング)」始めました!

オランダに来てから、ウォーキングやジョギングをすることが多くなったのですが、最近「Plogging(プロギング)」を始めました。

「Plogging(プロギング)」とは?

スウェーデン語の”plocka(集める)”と”jogging(ジョギング)”を合わせた造語で、「ゴミ拾いをしながら走る」運動のことです。

これが一石二鳥、一石三鳥以上の良いことがあるので、シェアしたいと思います。

さっそ

もっとみる

外に出て、自分の足ると足らぬを知る

「外に出ねば。」

在宅で仕事をしていると、家の居心地の良さにかまけて、そう自分に言い聞かせねばならない時がある。

その「ねばならぬ」の背中を少しでも押そうと所有している、ミュージアムカード。オランダに存在するそれは便利なカードで、オランダ国内の美術館・博物館がほぼほぼ無料で1年間行き放題になるカードだ。

今日はそのカードを活用して、アムステルダムにある通称NEMO、科学博物館へ行って来た。

もっとみる

【ベトナム・ハノイ駐在記】 第3回 誇りをもって生きるということ

はじめに

私は、いつからか使命感で仕事をするようになっていました。

自分に課せられた任務を、なんとしても成し遂げるために努力を惜しまずに働きました。

幸いにして、私はソフトウェア開発という天職に巡り会う事ができ、仕事は多忙を極めましたが充実感をもって働いていました。

マレーシアで訪れた心境の変化

マレーシアで暮らすようになると、そんな私の心境に少しづつ変化が訪れます。

マレーシアでは仕

もっとみる

【ベトナム・ハノイ駐在記】第2回 手渡された手紙

はじめに

私が開発拠点としてハノイに進出したいと思った理由は一言で説明するのが難しいです。

今回はマレーシア駐在時に出会ったベトナム人開発者の女性の話をしたいと思います。

彼女はハノイで大手開発会社に勤務しており、数ヶ月間のオンサイト契約で私たちと一緒にマレーシアで一緒に仕事をしていました。

佳境を迎えた製品開発

製品開発がいよいよ佳境を迎えていました。

彼女とタスクの仕様について、連

もっとみる

【マレーシア駐在記】 第7回 車社会のマレーシア

はじめに

マレーシアが車社会であることは事前にインターネットなどを調べて知っていました。

しかし、見ると聞くとでは大違いで、実際にマレーシアで暮らしてみると車の必要性を痛感します。

マレーシアは東南アジアの中で、シンガポールやタイと並んで発展している国です。都市部は鉄道網が整備されているため、都市部に住んでいれば、車が無くても暮らしていけます。

実際、マレーシアに移住した日本人も車を所有し

もっとみる

虫を殺すか、逃がすか ―ベトナムの話

※虫画像とかはないので、虫嫌いの人も読めます。

相変わらずベトナムに住んでいる。

昨日家にGが出たのだが、あまり怖くなかった。

一ヶ月前に風呂場にGが現れた際は、一目見た瞬間に「ヒッ」と叫んで風呂場の扉を即閉じ、風呂場を封印、したがって同じ場所にあるトイレも行けなくなり、一時間ほど逡巡しつつ尿意と戦った結果、覚悟して近所のコンビニへ殺虫剤を買いに行き、帰ってきたところでマンションの一階にいる

もっとみる

【マレーシア駐在記】 第6回 マレーシアの人達はフレンドリー

意外に親切だったマレーシアの人達

初めてマレーシアを訪れてから足掛け7年。
この間、首尾一貫して変わらない私の感覚があります。それは、マレーシア人は人なつこくフレンドリーだということ。

ちなみに、これについてはマレーシアで暮らす日本人達の中でも異論があります。ですので、これから書くことは私個人の見解で、私から見たマレーシアだと思ってください。何かの参考になれば幸いです。

マレーシアに来て驚い

もっとみる