渋さ知らズ

踊るよろこび

舞鶴公園で渋さ知らズのライブイベントがあり、家族でテクテク歩いて行ってきた。

渋さ以外のバンドの出演もあるし、美味しいお店も出店していて、ステージから少し離れればシートを敷いて思い思いに過ごせるだけのスペースもある。気持ちよく晴れた日曜日の秋の行楽には打ってつけだったわけだけど、何より楽しかったのは見よう見まねで踊る我が子の姿を眺めることであった。

会場には親子連れも多く、ちびっこたちもお父さ

もっとみる

よく行くバーのマスターが救急搬送された話

天高く馬肥ゆる秋。

過ごしやすく、よい気候なので各地でイベントが行われているようですね。

20年ちかくちょろちょろ行っているジャズバーが京都・木屋町にあります。
狭くて小汚いけれど、壁や天井に張られた、色あせたポスターが40年以上の歴史を語る、味があるジャズバーです。
たくさんのアナログレコードが並んでいて、
かかる音楽はCDだったりレコードだったりで、古いジャズから浅川マキなど。

「こんな

もっとみる

9月16日(月) 渋大祭に行った

川崎の扇島公園で行われた渋さ知らズ結成30周年企画「渋大祭」に行ってきた。
野外フェスに行くのは初めてなので少し緊張した。体力が最初から最後まで持つか、とか。
直前まで雨の予報だったので、雨の中で一日いるのはつらそう、どうしよう、と思っていたのだけど、前日に「雨のち晴れ」に変わったのでちょっと安心した。

川崎駅に着いたときはまだ雨だった。
会場は川崎駅からシャトルバスで20分くらいの海沿いの埋立

もっとみる

#33 自由ってなんだ。

昨日初めて渋さ知らズオーケストラのライブに行った。西部講堂にも初めて入った。

いくつになっても、初めてのことは楽しいし、緊張する。

渋さのライブがあるのを知ったのは、2日前。

今まで存在も知らなかったのを知ったのは、今のところに越してきてから。階下の住人が芝居人でそういう系の知り合いが増えてきたし、話の中に出てくるキーワードでずっと気になってた。(あと、どくんごが気になってる)

土日の2d

もっとみる

渋大祭

蝶が舞えば人は踊る
いちにー、いちにー、たーらーらーらーららー

人が鳴らせば他の人は踊る
さんしー、さんしー、らーらーらーらー

---

9/16(祝) 渋さ知らズ30周年を祝い
"渋大祭"が開催された。

メモと称してまた連々書いていく。

「実は渋さ知らズと一緒に仕事しました!」
自慢気に言ってみる。

( [ぼくポケ 渋さ] で検索かけてみてください)

不破さんはとても優しい方で、会

もっとみる

5月3日(金)〜8日(水) 文フリとナーダム

5月3日(金)

昼はなんだか調子が悪くて寝ていたけれど、夕方から少し回復して作業をした。

山下泰平『「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにする最高の小説の世界が明治に存在したので20万字くらいかけて紹介する本』、通称「まいボコ」を読む。

著者の山下泰平はもともとネットでコトリコ(kotorikotoriko)という名義で活動していて、昔からすごく無茶苦茶で面白い文章を書く人だった

もっとみる

ひこーき(ギター弾き語りカヴァー)

石川啄木の詩「飛行機」を歌にした不破大輔さん作曲の「ひこーき」をギターで弾き語りでカヴァーしてみました。

抱瓶ライブ 渋さ知らズ

憧れの抱瓶に初潜入!!

といっても、ライブイベント!
友達の予約が当日にいけなくなった人がいたので〜

お金を払ったらステッカーもらいます\(^o^)/ #渋抱 #69

メニューはイベント特別メニューで飲み物も食べ物もオール500円◎

大好きなポークたまご♥
混み混みのライブでも食べやすいようにカップでの提供でした〜

今度は通常営業で来たいな◎

しかしたんのしかったー!

もっとみる