誰もが知っている大企業を興した人物であっても、
必ず最初は失敗している。

『最強マフィアの仕事術』

「助けてあげる」ではなく「助けてもらおう」と考えた

自分のことすらままならないのに、「誰かの力になりたい」とか「誰かを助けたい」ってすこしおこがましいことなのかな、と思っていました。

でも私の周りにいる、誰かを「助ける」活動をしている人たちはよく「助けられているのは自分」という言葉を言います。その意味が、ようやく少しわかってきたような気がしました。

私は今、熊本県のために、自分の「専属編集者」という仕事を通して何かできることはないかと、ずっと考

もっとみる

「びぷれすイノベーションスタジオ」@熊本のコンセプトをカラーリングで考えた話

2019年10月にオープン予定の「びぷれすイノベーションスタジオ」のコンセプト構築にあたっては、「新聞社である熊日にしかできないこと」そして「新聞の未来」をずっと考えていた。新聞社はこれからどうなるんだろう、新聞社はこれからどうしていけばいいんだろう。熊日の未来は?…私なんかが何か答えを出せる訳ではもちろんなくて、抽象的に、ぼんやりと希望を思い描いたりしていた。希望っていうのは、「こうなったらいい

もっとみる

天賦の才能がないと行って悲観すべきではない。
才能がないと思うならば、それを習得すればいいのだ。

『生き方はニーチェに聴け!』

阿蘇行くなら今

阿蘇 草千里。

春、夏ここに来ると緑色の美しさに息をのむ。

日本語離れしたスケールの大草原。その雄大な草原の涼風を楽しみ、大自然を全身で感じることができる。

自然ってやっぱりすごいなと思いつつ写真を撮りながら、それを何気なく気づかせてくれる阿蘇が好きだ。

もっとみる

熊本にはいいバーがある

仕事で熊本に行ってきました。出張も旅・熊本編。よく飲みよく食べました。

夕方には仕事も終わりフリーに。晩ごはんの待ち合わせまで時間があるので街をぶらぶら。

熊本の街、路面電車の走る通町筋という道をはさんで上通(かみとおり)と下通(しもとおり)というアーケード商店街があって、だいたいこの周辺で用事は済む。上通はちょっとおしゃれで上品な感じ、下通は居酒屋さんやバー、クラブ(DJがいない方)など

もっとみる

テントがあれば地球がわが家

アーユーボーワン、たけまるです。
2016年、九州は熊本阿蘇の大自然の中でテント村暮らしをしていました。
熊本地震で被災したことでライフラインが寸断されてしまったからです。

しばらくは車中泊生活をしていました。
車中泊生活はとても疲れます。
身体だけでなく心の体力もうばっていきました。

テント村に移ってからは足を伸ばして眠れるようになりました。
テント村では自衛隊さんの食事やお風呂も利用できま

もっとみる

南関

南関町は熊本県の北西部にある小さな町
田畑が広がり
のんびりとした町
そして、
作り手のいる町

特産品は
南関アゲ(特大の油あげ)

そして
南関そうめん

300年前から伝わる手延べそうめん
参勤交代の時には肥後の特産として献上された
由緒正しきそうめん

あとは
竹の産業
竹の箸だけにこだわり作り続ける
ヤマチク

#ヤマチク
https://www.hashi.co.jp

竹あかりを日

もっとみる

玉先生

写真は玉先生に奢ってもらったつけ麺。
いや~これが美味しかった。
土曜日の真昼間の新宿だというのに、待ち時間も少なくて良かったです。

つけ麺専門店 三田製麺所 新宿西口店
みなさんもぜひ👍

玉先生についてよく知らないよーって方は下に貼っておくので見てみてください!

めちゃくちゃかわいい絵でしょ?💕
受験を控えてる方はもちろん、そうでない方も役立つ情報満載ですのでぜひチェックしてくださ

もっとみる

懐かしさは感性を鈍らせる

こんにちは、すうです🌞
お久しぶりです。

投稿途切れてすいません。
何やら落ち着かず、ぐるぐるしてました。

ここ最近いろんなイベントで
いろんな人に会って
ほっとついたときのメモを。

"懐かしさは感性を鈍らせる"

「感性」というものを大事にしたいなと
つねづね思っているのですが

疎遠になっていた友達や親戚、家族
過去の記憶や関係性は結構曖昧で
そういう人たちへの感性って
懐かしさによっ

もっとみる