OpenMusic公式チュートリアル解説:30 - リストの操作 I

■今回のテーマ

同じ長さのリストの生成

■使用するファンクション

arithm-ser、CHORD、create-list、flat、length、om-round、om-scale、om-quantify、om*、VOICE.

もっとみる

OpenMusic公式チュートリアル解説:29 - MIDI II:チャンネル解析

■今回のテーマ

スタンダードMIDIファイルを正しい微分音と CHORD-SEQ に変換する。

■使用するファンクション

MIDIFILE、omloop、om-if、repeat-n.

もっとみる

OpenMusic公式チュートリアル解説:28 - MIDI I:Note の移調

■今回のテーマ

ノートを移調後、MIDIファイルを CHORD-SEQ に変換する。

■使用するファンクション

mf-info、mat-trans、omloop、save-as-midi.

もっとみる

OpenMusic公式チュートリアル解説:27 - リズムの定量化

■今回のテーマ

ミリ秒単位でデュレーションを定量化する。

■使用するファンクション

omquantify、VOICE、flat.

もっとみる

OpenMusic公式チュートリアル解説:26 - リズムの編集

■今回のテーマ

VOICEエディタでリズムの編集を行う

■使用するファンクション

なし

■解説

 チュートリアル26は、パッチは用意されているもののドキュメントは無い。パッチ内のVOICEはダブルクリックでエディタが開くので、自分で色々試してみろという事だと思われる。

 が、闇雲にいじってもエディタの全容は知ることが出来ない。

もっとみる

「歪 distort 土橋庸人 × 山田岳ギターデュオ」@ティアラこうとう(2019年6月20日)を聴いて

最近,「○○をアップデートせよ」や「○○2.0」という表現が目につくが,すでにあるモノや価値に,新しい考え方や違った目線を取り入れたり,次のステップや時代に移ったりということを端的に表しているな,と今更ながら納得した。

話は変わるが,最近の私は「半径50mから始めるアートマネジメント」をモットーに、直ぐに実行出来る事を意識しながら活動している。音楽やアート界隈以外の友人知人と積極的にアートの話を

もっとみる

OpenMusic公式チュートリアル解説:23 - Chord-seq II :オンセットとデュレーション II

■今回のテーマ

CHORD-SEQのデュレーションリストに休符を使用する。

■使用するファンクション

CHORD-SEQ、omloop、omif、om-abs、dx->x、remove

もっとみる

OpenMusic公式チュートリアル解説:22 - Chord-seq I :オンセットとデュレーション I

■今回のテーマ

CHORD-SEQ エディタでデュレーションを管理する。

■使用するファンクション

CHORD-SEQ、dx->x、x-dx

もっとみる