産休をはじめてとった母と、育休をはじめてとった兄

母が私を出産した当時、産休という制度はあったものの、母の職場ではわざわざその制度を申請してとる女性はおらず、何となくの職場慣習で休みをとっていたらしい。

そんな中、母はあえて産休制度を利用することにこだわった。

申請のための手続きが面倒で、担当者には嫌な顔をされたそうだが、母は頑として譲らなかった。

「自分の後に出産する女性職員のためにも、制度としてきちんと申請して産休をとる事例を作ることに

もっとみる

渋谷のプロボノ部

2019年7月23日(火)8:00-9:00

00:00 | 00:30

今回のゲストは3人の”ママボノ”たち。
育休中にはプロボノとして、小金井市けやき通り商店会のパンフレット制作を行いました。

ママボノとは育休中や離職中の子育て女性たちが、仕事復帰に向けたウォーミングアップをかねて行うプロボノ活動のこと。

いまは職場復帰をされたゲストのみなさん。
ママボノの経験が、どのように仕事にいきてきたのでしょうか?

▼プロジェクト詳細
『地元密着の商店主のみなさーん!地

もっとみる

「働かなくてもいい」となると

意外だった。
自分が、こんなにも仕事のことを考えないなんて。

産休に入って3週間がたつ。

これもホルモンバランスの影響なのか?わからない。

産休前は、専門職だし、みんなが目の前の仕事をしている間に、技術を広げて新しい武器を作ろう、とひっそり思っていた。

でも、「あるがままにいよう」と思って生活した結果、今の楽しみは、胎動を感じることと、読書。

読書といっても、技術書じゃない。

育児に

もっとみる

産休中やったこと(産まれる前編)

一人目出産の産休は、いままで働いていた人にとってなかなか手持ち無沙汰になりがちなのではないでしょうか。
産休入りしたばかりのときは「やっと休みだあああああ!」と思いましたが、一週間もすると毎日やることを探すのに必死でした。
これも産まれるまでの話なんですけどね。
ということで、産休中にやったこと備忘録です。

出産準備

まずはこれをしっかりやらないと、他のことに手がつかないですね。
やったことは

もっとみる

「出産をして仕事への考え方が変わった」。ベンチャーで産休育休を経て、時短で活躍するママの本音に迫る!【社員紹介vol.4】

プロフィール
中村 晴南(なかむら はるな)
大学時代に1年間の中国留学を経験し、新卒で通信業界に営業職で就職。2017年4月、留学カウンセラーとしてRe-abroadに入社。産休・育休後、英語事務グループに復帰し活躍する1児のママ。

-Re-abroadに入社する前はどんなことをしていたんですか?
大学時代は、1年間中国の上海に留学をしていました。留学生ばかりの学生寮に滞在していたのですが、隣

もっとみる

育児中でも幸せに過ごすためのセブンルール

セブンルールという番組を毎週欠かさず見ている私。今週は、熊本の婚活プランナーの方のセブンルールでした。その中でグッときた言葉が、「結婚っていいよ〜とお勧めしているにもかかわらず、自分の結婚生活や家庭生活が幸せと感じていないと結婚をお勧めできない」でした。

番組では、冒頭で「誰しも自分に課しているルールがある」という。

私は、娘に「この世界は、愛で溢れているよ。みんな優しくて楽しい、面白い世界。

もっとみる

保育士を続けるのは体力がいる話

ここでいう体力は、身体。こころと、からだ。

産後、産休前に働いていた会社に復帰した。
考えてみれば、
ちゃんと「保育士」として社員で働くのは初めてだ。

フリーターで、通信大に通いながら
保育のバイトやパートをしていたし、
国家試験も受けながらだったから。

なので、年齢だけみればアラサーのベテランだが、
キャリア的にはぺーぺーなのである。

産後に復帰したはいいものの、
0歳児を抱えながらの東

もっとみる

30代未婚子無し女でも書ける!歌える!日本の少子化がとにかく止まらない理由「少子化対策狩りにいこうよ」

参考:幼児におすすめ手遊び歌「もうじゅうがりにいこうよ」動画&歌詞
https://feature.cozre.jp/60074

国:しゅっさんこそだてしようよ しゅっさんこそだてしようよ
女:出産なんてしたくない 出産なんてしたくない
女:生活だってあるんだし 貯金だってないんだし
女:出世だってしたいもん 昇給だってしたいもん
女:あっ あっ 安倍 安倍 おー

国:しゅっさんこ

もっとみる

入社前の産休申請

大阪府立病院機構・大阪急性期・総合医療センターに内定していた女性医師が、就業前に産休申請をした件が物議をかもしている。

1日も勤務していない状態で産休申請をしたことについて批判が集まる一方で、産休に難色を示したセンター側職員に対しては、マタハラにあたるとして(懲戒ではない)厳重注意がなされたという。
件の女性医師は内定を辞退したそうだ。

センターの対応を含め、批判の根底にあるのは「産休の前提と

もっとみる

7/3

自分を介さない仕事が出てくる。

私も業務範囲内なのだが、報告は特にない。これから休んでいなくなるから、仕方のないことであって、もうどうにでもなれと思うことにする。

鉄分が足りない。
席を立ち上がるたび、くらりとする。

鉄分ジュースと鉄分グミを買った。