田舎の生活

田舎の生活

慣れ親しんだ京都を離れはや二ヶ月。

畑に野菜を植えたり、満月を眺めたり、蛍を見にいったり、ちょっと遠出して古本市に出店したり。

僕が望んでたのはこういう暮らし。

でもどうしてか、無くなったものばかりに目がいってしまう。閉店した近所のお店に毎朝いい匂いを醸してた豆腐工場、深く愛し合った人。

こんなに好きなふるさとを離れてまで僕が欲しかったものってなんだったんだろう。そう考えてしまうことがたま

もっとみる