プロダクトマネジメントは「状態」であるという話

こんにちは。プロダクトマネージャー的な仕事をすることが多いkoyoです。

「的な」と書いてしまうのは、日本におけるプロダクトマネージャーの定義が曖昧であり、人によってどのような仕事だと捉えるのかが明確ではないので「的な」という言葉をつけています。

とはいえこれは海外でも似たような状況のように見え、要はプロダクトを勝たせるために何でもやる人、、、くらいの位置付けなのではと思っています。

プロダ

もっとみる

背徳感の読書

本を読むのは好きだが、長い間読む体力がない。そう考える人も多いだろう。僕も例にもれない。

 図書館に行くと読みたい本、読むべき本が無数に広がり、自分の人生すべてを賭しても読み切れないという非情な現実を目の当たりにする。貸出数限界まで本を借り、家の机に積み上げ悦に入る。まだ読みかけの本があったことを思い出し、借りた本は後回しにしてその本を自分の前に置く。そこで体が冷え切っていることに気づき、コーヒ

もっとみる

毛糸の詩



月旅行なんていかずに、
夜の寒さをあるこう、
まるで砂場の砂を掬ったそのひとすくいひとすくいが空にかえってゆくそれを、
きれいだね、といえる、
そんな関係で。
毛糸で編まれた手を、
ぼくらは編みもののように繋いで、
まちがえてほかのだれのこともあたためないマフラーをひとつ編みたい、
そしてそのマフラーの両端を星と星に結んでブランコにして、
夜空にいちばんちかいところで夜空をみていたい。

もっとみる

ゲルバナ #4 読書感想文的なアレ。

流石にこれまでの文章が中身なさすぎたので、
今回は中身がある文章をお届けしようと思います。

題して、「読書感想文的なアレ。」

これは僕が本を読み終わったタイミングでその本を紹介していく!
という、不定期開催の読レポです!

今回僕が呼んだ本はこちら!

(iPhoneで撮影した写真がなぜか使えなかったので、
画像は割愛させて頂きます^^;)

この本を僕が手に取ったきっかけは2つあります。

もっとみる

マッチングアプリ別ープロフ画像の特徴-男編-

マッチングサイトの企画や、恋愛コラムを書くにあたり、
複数のマッチングアプリを使っている。

登録している人たちのプロフィール画像をぼんやりと眺めているうちに、
サービス別にプロフ写真の特徴が異なることに気がついた。

比較・検証したのは次の3社。

■Pairs…日本最大手。日本・台湾・韓国と拠点を広げ、登録人数は述べ500万人。
■ゼクシィ恋結び…20代が中心に利用する恋活マッチングアプリ。利

もっとみる

空想進路相談と超絶なる現実パッパ

実家なうです。

 風呂上がり、テレビ見ながら父親に「ア〜〜〜もう"フリーランス"で働きた〜い!」と言った。もちろん思いつき。ここ2、3日の。『自営業の老後』的な本に今日手を出しそうになったのは内緒だけど。

 マイパッパはなんて返事したと思う?

 「フリーは大変だよ。文系なんだし、「士」系でも。行政書士と宅検取って不動産系で働くか、一発だけど司法書士受けるか・・・でもその大変さとか考えたら大学

もっとみる

特定の人への悲しみ

どうやって生きていけばいいかわからないことってあるよね。みんなたくさんたくさんの人間がいて、私が人間である限りそんな多様な人間と関わらなくちゃいけなくて、つまり違う意見を持った人たちはいるわけで。同じ日本人で同じ大学に通ってる人たちでも多種多様な意見があるし。
それで私は時々傷つく。
「眠剤飲んでる女なんてメンヘラ」とか、「〇〇(かつて部員の不祥事で活動停止になったことがあるが歴史も功績もある

もっとみる

インフルで生まれ変わった(気分になる)

10年振りくらいにインフルエンザになった。38.5という熱を4日ほど味わった。会社を突発的に1週間休ませてもらったのも初。心も身体も悪いものが抜けたのか、今とてもスッキリした気分。誰とも会わず、自分に向き合う時間が出来た。この気持ちを忘れたくないと、どこかにメモしておきたくなった。

さらに、今のこの大胆な気持ちなら・・・(インフル中に、”in to the wild”を観て、また旅に、というか、

もっとみる