霊→無→表現→\←分析

無とは、言語的理解の霊の最終形態であり、それは、言語が霊の入り口であることを意味している。人は、霊の理解を直観を用いて識り、身体で表現するために創られた。霊の分析をすることは霊から離れること。表現の知は分析の対象としてではなく一つの表現として眺めることが大事。

#無 #霊 #人 #直観 #直感

偏見が始まる時。直感とのせめぎ合い

偏見が知識不足というのは、とても簡単。でも、そこには大きな理由(目的)があって、その目的を明確にしないと、進めないのではないか、と、思う経験をした。

基本的に我が家の息子たち2名はとても仲良しで、よく一緒に遊んでいる。が、ある日、次男が泣きながら、長男の手を振り払っている現場にでくわした。「お兄ちゃん、僕に触らないで!嫌なんだから!絶対に!!!」その剣幕たるや凄まじく、あっけにとられていたら、長

もっとみる

直感と衝動を見分けるべし

衝動はしばらくするとなくなる
直感はなくならない

ピンと来たからと買ってみて
すぐ飽きたり後悔するのは衝動だから

即行動も大事だが
衝動か直感かを見極める時間を取る事も必要

直感を一旦スルーしても
直感ならばまたその感覚は来る

我が人生に大切なものならば来ないはずがない

衝動ならばそのまま忘れていく

焦らなくてもいい

しっかりと人生を見つめる方が大切

インプットの冒険、アウトプットの創造

こんにちは、セイヤです。
昨日はゲストハウスFeteで一日店長をしてました。
夜遅くまで語っておりました(というか朝)。

モヤモヤがあるときや何かに悩んだ時、自分はいつもこのゲストハウスに行って相談したり考えたりして、原点回帰しています。自分にとっては、道しるべのようなゲストハウスです。

最近は、しっかり動いているはずなのに「なんか前に進んでないなぁ」という感じがあって、モヤっとしていました。

もっとみる

気負いを手放す

皆さん、こんばんは。
Grounding Lifeのゆかです。

昨日から子供達が私の故郷に遊びに行っており、一人で静かな時間を持っています。

とても貴重なタイミングなので、前からとても行きたかった葉山に足を伸ばしました。

葉山には、昔から繋がりがあるけれどもしっかりと対話したことがなかった知人が暮らしています。

数年越しで叶った対話。
とても豊かなひと時でした。

互いに「問い」を投げかけ

もっとみる

なんとなく感じることを、大切にしたい。最初、その人・モノ・場所に触れた時に感じること、生活のワンシーンで浮かんでくる、こうしてみたいな。時折、感じる、「なんとなくこうしたい」。今まで見すごしてきたけど、思ったり適格だったりする。直感って、やみくもな勘っていうより人生のガイドかも。

【スケジュールの優先順位】

最近スケジュールが重なる時がたまにある。
予定ある日に限って予定が入る。なんでなんやろ?この前の予定は当日に連絡が来た系。「今何してんの?」的なやつ。自分は休学組やから暇人扱いされてる。ま、半分合っとるけど。

その時はしょーがないからまた今度って話になった。けど、その連絡が「明日何してんの?」になるとどうやろうか。

**
明日元々予定があるとする。その前日の夜ぐらいに違う人からその連絡

もっとみる

26. 占いの備忘録

今日は、暇だったし、ちょうど人生の方向性について悩んでもいたので、占いに行くなどした。

支柱推命と手相を見てくれる先生だったけど、支柱推命がよく分からなかったのでとりあえず見てもらった(結局よく分かってない)。

転職するか悩んでいる、と相談したところ、「モチベーションが上がる仕事じゃないと満足できない人みたい、モチベーションは今どう?」と言われ、「うむ、たしかに今モチベーションはゼロです。」と

もっとみる

器の容量が足りない
感覚や直感を解放すると、多くの情報を得られる
高感度のアンテナから情報を受信する
あるいはノンフィルターで水が流れ込んでくるような

無防備にそれをやると、容れ物が溢れて壊れてしまう

そんな感じ

器は文字通り、肉体と心
魂の力を使うにはまだ弱い

意識はちゃんと動いてくれる。

初めまして、一真です。

自分を変えたいとき。

だけどなんとなく、体が動かない時。

環境は自分自身が移しだされ、

形成される。

それはまるで鏡のよう。

だけどね、

ほら、

意識を自分自身の内に送り込むの。

”私は変わりたい”

と。

環境を変えていけばいいの。

少しずつ、

変えていけばいい。

部屋の机の上を整理すること、

ベットのしわをのばすこと、

散らかった本棚を整え

もっとみる