これから

自分の建築に対する自信なんかない。
 したいことをしているだけ。結果が伴っているとも思っては居ない。
 理解していただける方がいるだけであり、わからない方も多い。

 これからの建築について、

 これは私の中での議題であり、
 建築に対する愛着や使用方法は永遠の疑問である。

 建築とはなんなのか。

 もう7年ほどこの学問をしているが、一向にわからないしわかりたいとも思わない。

 永遠の疑問

もっとみる

低離職率の理由

厚生労働省の調査によると、高卒者の39.3%、大卒者の31.8%が卒業後3年以内に離職しているそうです。

しかし、本日訪問したある上場メーカーは、大卒者の3年以内の離職率が10%未満とのことでした。

もちろん要因は、複合的でしょう。

ただ、採用・育成を担当する人材開発部門の責任者の方は、「社会貢献性の高い仕事だということを、徹底して訴えているからではないか」と自己分析されていました。

曰く

もっとみる
うれしいです!これからもよろしくお願いします!
5

「みんな、いっしょ」が苦手だ。

1ヶ月ほど前に、長女の通っている小学校からチラシが配られてきた。そこには、子どもたちが、授業中に姿勢が悪いことが気になっており、姿勢をよくするために、ある体操を全クラス(特別支援学級)に導入します、と書かれており、順次、クラスごとに授業1コマを使って教えていくと説明があった。

姿勢をよくすることには、なんの異論もない。ただ、全員一律に「姿勢をよくする体操」を教えることに、嫌な感覚をもった。

姿

もっとみる
気持ちを伝えてくださったこと、ありがとうございます。
8

社会性がない人と台風の話

僕の人生で社会性を育む場が今までなかったため、台風に備えるという発想がなかなか出てこなくなっております。

それも自分が被災する当事者になるという意識が薄いためなのですが、当然こんな意識でいることは大間違いだと知っています。いつか痛い目をみることが判っている。

それでも、人として、僕は社会性がない。
だから困っていて、結局なにもできないでいます。

養生テープが話題になっている。
小劇場に関わっ

もっとみる

写真家の林義勝さんとお話したこと。

写真家の林義勝さんが写真展にいらした。
 林さんは、伝統芸能や文学・風土といった時の記憶を確かな構図と美しい色使いで活写される日本を代表する写真家で、また林忠彦氏のご子息。
 「新・小説のふるさと」はもちろん林忠彦氏の『小説のふるさと』に多大な影響を受けていることは言うまでもないし、実際、尊敬をこめてタイトルに『小説のふるさと』のお名前を戴いた連載だったわけで、この日ようやく林義勝さんにお会い出来

もっとみる
たいへん有り難うございます!
1

ボードゲームのススメ

我が家の「夜の遊び」の定番はボードゲームです。

もともとは息子の療育プログラムの一環で楽しみ始めましたが、海外製ボードゲーム達の「可愛らしさ」と「面白さ」に、親の私がすっかり魅了されてしまいました。

================

 ボードゲームの魅力

================

1 どうしてボードゲームなの?

ボードゲームをする一番の目的は「社会性を育てる」事。

スポーツや

もっとみる
ありがとうございます☆
19

社会に通じる「継続力」のお話

自身の筆の重さを痛感しています。
忙しさを理由にやらないのは、やるほどの理由がないから。
理由は作るもんなんだよ!ってそれ一番言われてるから!

さて、継続力。

皆さん、何か続けていることってありますか?
楽しくて続けてること、続けざるを得ないこと、意識せずにやってしまうこと。

日本では、慣習的に継続することを求める傾向があると思っています。
まあ、要するに「我慢しろ」って言われること多いねっ

もっとみる
今日の運勢は"小吉"です。
2
よろしければ、シェアもお願いします。
2

広告の倫理観について思うこと。

世の広告は、人の目に触れることを前提として作られているわけですが、そのせいもあって炎上することもあります。

最近の例でいえば、ベルフェイスが台風をネタにした広告をWebで展開して炎上しておりましたね。

広告は取り下げたそうですが、今回の炎上で失ったものも少なくないでしょう。

広告は、そもそも人の目に止まらないと、存在していないも同じになってしまうのですが、認知を獲得するために社会性を失っては

もっとみる
ありがとうございます。うれしいです♪
7

旅行は社会性を身につける大事な機会

日中活動の事業所では、旅行に向けての話し合いが始まりました。10人ぐらいのグループで旅行を企画します。私が現場にいた頃は、伊勢志摩や大阪USJに行ったこともあります。旅行は楽しいことがいっぱいあります。またさらに、利用者との旅行は、支援者にとって社会性を学ぶ絶好の機会にもなります。

駅の改札で集合するときにどこに集まったら良いか、周囲をよく見て、さらに利用者の状態に合わせて集合しなければいけませ

もっとみる
スキ ありがとうございます!
2