常陸国風土記メモ

古代五風土記の一書、現在の茨城県に当たる常陸国風土記を読み、印象に残った箇所のメモ。
今回も結局現代語訳に近くなってしまった。これで五風土記全て完了!

●総記

 ・古は相模の足柄山以東を全て我姫(あずま)の国と呼び、常陸とは呼ばなかった
 ・ただ新治、筑波、茨城、那珂、久慈、多珂の国と呼び、造や別を派遣して統治させた
 ・孝徳天皇の治世、高向(たかむく)の臣、中(臣)の幡織田(はとりだ)の連ら

もっとみる
不肖神主の私めが、貴殿に幸多からんこと、お祈り申し上げる。
2

イナンナの冥界下り

安田 登 2015 ミシマ社

漢字発生時の「心」の作用、すなわち「時間を知ること」と、そしてそれによって「未来を変える力のこと」(p.5)

イナンナの冥界下りに興味を持ったのは、M.マードック『ヒロインの旅:女性性から読み解く〈本当の自分〉と創造的な生き方』がきっかけだ。
イナンナがエレシュキガルに会い、Black Motherの顔を得ることが、女性の回復であり成長に不可欠であることを描く下り

もっとみる

自分の至福を追求せよ!!

世界中の神話を研究した神話学者のジョーセフキャンベルは「自分の至福を追求せよ(follow your bliss)」と言っていた。

また、心理学者カール・ロジャ-スの弟子で、NVC(Nonviolent Communication=非暴力コミュニケーション)を体系づけたマーシャル・B・ローゼンバーグは、「楽しくないことはしてはいけない!(Don't do anything that isn't

もっとみる

不幸になりたがる日本人

生きづらさを感じる日本での生活を離れて、外から日本を見つめて感じることを、これからの未来へ思いを馳せながら書きました。きっと日本の未来は明るい。人の心の中をめっちゃ考えました。いろんな問題についても調べました。人の幸せを考えるための大前提みたいな話になってるかと思います。10000字を超える大作ですが、ぜひ読んでほしいです!

ーーーーーーーー

現在の日本社会を生きづらいと感じている人も多いので

もっとみる

黄金の枝 7

だが森を統治している神はダイアナだけではない。格下の神が2人、この森林の聖域に同居している。一人は玄武岩から湧き出す清水のニンフ、エゲリアである。かつてこの水は滝となってル・モレという土地の湖へと注ぎ込んでいた。現代のネミの村人たちがこの地に水車を建設したためである。川底に小石の散らばった小川の流れる様子はオウィディウスにも紹介されていて、自身もこの水をしばしば飲んでいたと彼は言う。子を身籠った女

もっとみる

【パラオの神話・伝説】太陽探し

パラオの神話・伝説シリーズ/神話素材番号:001/引用:Kramer Vol.4 story168/男達が太陽を探しに行くお話

遠い昔のある日、パラオのペリリュー島のガラケウクル(Ngarakeukl)という村にいた四人の長老たちが、海岸に座り、沈んで行く太陽を見ていた。

彼らは、太陽は沈んだ後どこへ行くのか、追いかけて確かめることにした。次の日の朝早く彼らはカヌーを出し、西へ向とかった。夕方

もっとみる

万有引力は、愛だ②

さて、昨日はタイトル詐欺となってしまい、すみませんでした。

愛とは何か、私の考えを示す前に、日本での意味の変遷を紹介しました。

それを今から全て否定しようと思います。

正確には、否定というよりもより大きなアイデアで包み込もうという試みです。もっと言えば、切り分けてきたものを元の形に戻したい。

また少し歴史的な事実を紹介することになる。私の意見が酔狂なものだと思われて無視されたくないのである

もっとみる

万有引力は、愛だ①

Doubt thou the stars are fire,
Doubt that the sun doth move,
Doubt truth to be a liar,
But never doubt I love.(2.2 Hamlet Shakespeare)
星々が火でできていることを疑おうとも、
天動説を疑おうとも、
真実が嘘であると疑おうとも、
私の愛は疑わないでくれ。(『ハム

もっとみる

祭り祀られ|神々の八幡神楽 寄稿文

日本人にとって自然は、ありとあらゆる神々だ。

神社に祀られている神々はもちろん、太陽も風も山も木も石も水さえも祀る対象であり、八百万の神が存在する。自然への信仰心は強く、例えば雷は、やまとことばで「かみなり」であり「神+鳴り」という意味を有する、雨雲や雷鳴に対する信仰から名付けられた言葉もあるほどだ。狼も「大+神」という音が由来で、畏敬の対象だったことは有名な話。

日本人は、何千年も前からそれ

もっとみる

神様からのダメ押し😳

昨日は淡路島の伊奘諾神宮へ。

なんと、また子供が寝てくれて、
前日の譲鶴羽神社に続いて
夫婦2人で参拝😳

Facebookで行き先を募集して、
それぞれ違う人からたまたま
教えてもらった神社なのに。

偶然にも前日に行った
譲鶴羽神社の御祭神はイザナミで、
この日の神社の御祭神はイザナギ⛩

夫婦の神さまを
お祀りしている神社に
2日連続で参拝できて、

しかも二社とも
夫婦2人き

もっとみる