稽留流産

わたしの体の中で動き始めた心臓が、ある日突然止まった

稽留流産。言葉はなんとなく知っていた。
知り合いで流産してしまった人もちらほらいたので、そこまで珍しいことではない、というのもなんとなく知っていた。
とにかく、なんとなく、しか分かっていなかった…。

実際に自分の身に起こってみて、稽留流産とは想像以上に辛い出来事だった。
辛すぎて辛すぎて、いろいろな人の体験談を読み漁った。
自分だけじゃない、そう思っただけでちょっとだけ絶望から這い上がれたような

もっとみる

流産と仕事

先日私は二人目の子どもを流産した。初期流産のため原因は不明である。
四月に部署異動をして、慣れない仕事に奮闘していた。新しい部署での仕事は覚えることが多く、勤務時間中は気を抜くことができなかった。仕事に慣れるまで、周囲に迷惑をかけないよう二人目の子づくりは控えるつもりだった。しかし、そんな最中に突然妊娠が発覚した。戸惑いはあったものの、いずれ二人目がほしいと思っていたし、産休まで仕事を全力疾走する

もっとみる

小さなお産 その後

5月末にこんな文章を書きました。

小さなお産のこと

あれから1ヶ月後、小さなたまご(胎嚢)は自然にでてきて、私の小さなお産はおわりました。

なんという経験だったんだろう…。

妊娠がわかってから、最後の検診を終えるまで、ほんの2ヶ月。

GWが随分前のことに感じる。

小さくても、陣痛がちゃんとあるなんて知らなかった。

人間もたまごから生まれるなんて知らなかった。

悲しいこととばかり思っ

もっとみる

妊活始めました~初めての妊娠~

去年流産した時の事を話します

#妊活 #妊活ゼリー #基礎体温計 #排卵日予測検査薬
#ベビ待ち #アラサー妊活 #不妊 #流産 #稽留流産 #初期流産

私たちは一緒に住み初めてから避妊はしてません

2018年7月末から結婚準備と並行して彼氏(現旦那)が一人暮らししていた1DKのアパートを引き払い、2LDKのアパートを新たに借り同棲を始めました

ニトリで家具を全部揃えましたが、引越し(7

もっとみる

稽留流産の手術をして、得たものを考える。

元号が変わる、奇跡の10連休といわれたこのGW直前に、私は手術をしました。
稽留流産でした。

今でも自分のお腹が空っぽであることは悲しいし、平成のうちに妊娠することができなかったことも悲しい。令和元年ベビーを授かれる可能性もほとんどなくなった。平成最後の日は泣いた。
でも今日は、前向きに、手術をして得たものについて考えたいと思う。

【手術をして得たもの】
①分かつことができる痛み
私はしんどい

もっとみる

38歳 稽留流産した時のはなし

不妊5年目にして自然妊娠で授かった第2子

まさか流産するとは思ってもいなかった。

ある土曜日、12週目の検診でエコーで我が子を見るのをワクワクしながら病院を訪れた。しかしエコーでは、無言の時間がしばらく続き、胎児の血流がない事、心拍がない事を告げられる。自然と診察台の上で涙が溢れた。医師によると、前後3日程の誤差はあるかもしれないが、大きさから11週4日頃心拍が止まったと推定されるそうだ。

もっとみる

ふたりめ。

先日、私が3歳のころからの幼馴染と約1年ぶりに会った。

3人兄弟の末っ子で4月生まれの彼女。

それに対して、一人っ子の私。

幼いころは、姉御肌でなんでもシャキシャキと進めていく彼女の背中をみていつもついて行っていたものだ。

小学校まで同じだったけどその後は全く別々の道を歩んだわたしたち。

だけど久しぶりに会うと、しばらく会ってなかったことなんて忘れてしまう彼女と過ごす時間。

そんな彼女

もっとみる

流産後の健診へ。

先日、流産後の健診に行ってきた。

今まで何も思わなかったけど、産婦人科にはいろんな人がいるんだなと思った。

大きなお腹を抱えた妊婦さん。

妊婦さんマークを鞄につけた妊婦さん。

旦那さんや他の家族に付き添われてきてる人。

旦那さんとふたりで来てる人。

ひとりできてるひと。

外国語で話す患者さん。

流産後一週間経過し、気持ちの整理はできてきたけどまだ正直完全に吹っ切れたわけではない。

もっとみる

2019年2月15日(金)命日。

人生で初めての流産。

人生で初めての全身麻酔。

人生で初めての手術。

流産の手術は、”簡単な手術””10~15分で終わる手術”と言われるけど

私にとっては全て初めてでとても怖かった。

だけど手術は全身麻酔の効果で、眠っていると終わっていた。

午前7時 抗生物質を飲む。絶飲絶食の為、お部屋でテレビを見たり読書をしたり時間をつぶす

午前8時頃 手術着に着替える

午前9時頃 点滴と麻酔。

もっとみる