滋賀県内の石造物④:徳源院宝篋印塔群(佐々木京極氏墓所)

名称:徳源院宝篋印塔群

伝承など:佐々木京極氏歴代墓所

所在地:滋賀県米原市清滝 徳源院清瀧寺

江戸時代の三重塔や「道誉桜」と通称される枝垂れ桜などで有名な徳源院は、JR東海道本線の柏原駅から徒歩二十分ほどの場所にあり、ここにはかついて京極氏の始祖・氏信の柏原館があったと言う。

この徳源院の本堂の裏手には、佐々木京極氏歴代の墓所があり、宝篋印塔登場最初期の作から幕末の宝篋印塔までが揃ってい

もっとみる

【2月1日~2日開催】米原で程よい便利さと伊吹で雪体験&冬の農業も体験!国際交流も!

2月1日~2日に米原で開催する滋賀移住体験プランのご案内です。

米原は新幹線のとまる駅。
東京にも2時間あれば行けますし、駅前には安くとめられる駐車場も多く、2拠点生活にはもってこいの地域。
程よい便利さの街中から、少し車を走らせると伊吹山での田舎暮らしも叶います!

今回のコーディネーターは、松井ライディ貴子さん。
国際結婚をされ、米原に住んでいます。

滋賀はアメリカのミシガン州との姉妹都市

もっとみる

滋賀県の右上、伊吹山の麓にある米原市

滋賀県の右上、伊吹山の麓にある米原市。
もし自分がここで暮らすならどんな感じだろう・・・

(#三島池)
そんな想像をしながら、移住体験なるものをしてきましたー!!!

滋賀県米原市。
日本列島のほぼ中心に位置する滋賀県で唯一東海道新幹線が止まり、
東京や富山など全国各地へのアクセスも良好。
古くから中山道や北陸道など交通都市として発展していた跡を残す。

1日目の今日は、まず米原のことを知ろう!

もっとみる

中山道と、情報プラットフォームの移り変わり

予告通り醒ヶ井は続くわけです。感覚的ですが、街並みという観点だけでいうと、東海道より中山道の方がいい風景がつづきます。機会あれば、中山道撮影ツアーをしてみたい。

朝一瞬だけBSをつけたら、認知症のおばあちゃんを歌ったシンガーソングライターのレポートを見た。普段ならスルーだけど時間でいうと3分ぐらいみたわけで。こういうのってテレビじゃないと、絶対見ることは基本ない。

すでに民放TVも新聞もほぼほ

もっとみる
ありがとうございます。マジックポイント回復しました。
7

Nの集落 さんの 【月額300円】Nの集落FC マガジンを購入した人だけが見られるノートです。

【厳選】学生の僕が滋賀県を走り回って見つけた若手イノベーター7人 ver.1

僕は、2016年11月からふるさとの滋賀県長浜市という人口10万人ほどの町に3年半ぶりに移り住んでいる大学生ですが、3ヶ月ほど滋賀で地方活性みたいなことをやってきて、多くの面白い人たちに出会いました。今回は、特に僕みたいな大学生に「滋賀にもこんな面白い人たちがいるんだ」と知ってほしくて書き始めました。それでは僕がオススメする滋賀県の7人の若手社会人を紹介します。

中山郁英さん(長浜市)

所属:

もっとみる

「近江の国未来会議」から見えてきた滋賀の学生が今やりたいコトとは?

2016年12月27日に「近江の国未来会議〜僕らが創る新しい滋賀のカタチ〜」というイベントが開催されました。滋賀にゆかりのある学生が主体的に企画したイベントに現在、滋賀で活躍されている起業家、行政関係者、政治家が参加してくださって一緒になって滋賀の未来について議論することができました。当日は第一部、第二部を合わせると70人近い方々が参加してくださり滋賀の熱気を感じるイベントとなりました。今回はイベ

もっとみる

『蜘蛛男』

「課長」
「おらんけ」
「おりまへんな」
 次は、と目を細めて、とうに諳んじているはずの時刻表を見上げる。
「大垣発、14時58分か」近頃めっきり細かい数字が見辛くなった。
「鳥渡、煙草吸うてくるけ」
 課長と呼ばれた男は、大儀そうにベンチから立ち上がる。
 背を曲げて錆の浮いた階段を登って行く。

  滋賀県警米原署捜査3課長、横村康夫。国電の駅に網を張ってじっと待つその捜査手法から、署内では蜘

もっとみる