第四話 焼かれた玉座の先を望む男

騎士の兜《マクシミリアン・ヘルム》から噴き出る鮮血を、玉座から降り注ぐ炎が燃やす。
 目を潰され泣き喚く〈鉄の騎士〉が血に伏し、やがて動かなくなったのを確認すると、〈王の公吏〉は鎧通し《メイル・ダガー》の血を拭って鞘にしまった。
 〈鉄の騎士〉は強く、そして強靭だった。だからこそ、幾度殺されても立ち上がり、そして無数の王たちを屠ってきた〈簒奪の王〉を打ち倒し、復讐の誓願をここに果たした。
 焼かれ

もっとみる

第三話 全てを焼き尽くし、〈祝福の火〉をまとう王

瓦礫の山と化した王城、焼かれた屍体が絨毯のように広がる玉座の間で、玉座と男が燃える。
 燃える玉座に独り佇む〈簒奪の王〉は、崩落した天井から覗く空をぼんやりと眺めながら、溜息をついた。
 靄がかった白煙に覆われた空に、薄い太陽が朦朧と揺らめく。風の哭き声すらない空は無味乾燥で、何の面白みもなかった。
 血の雨が恋しかった。滅んだ世界は、あまりにも退屈だった。
 早く来い──〈簒奪の王〉は、炎に舌を

もっとみる

第二話 国を滅ぼされ、復讐を誓う騎士

炎が、暗闇に揺れている。
「お目覚めですか?」
 声がした。ぼんやりと澱む暗闇に焚火の灯りが浮かぶ。
「よく寝むれましたか?」
 そのそばに座る焼かれた細身の男が、こちらを覗き込んでくる。
 目を覚ました〈鉄の騎士〉の前で、〈王の公吏〉がうっすらと笑う。周囲では今回招集された他の三人──〈幼い老魔女〉、〈雷神の子〉、〈山犬〉──が、それぞれ距離を取って、石畳の上の焚火を囲っている。そしてその背後、

もっとみる

第一話 生ける玉座

玉座が燃えている。

 黒煙をあげる炎が玉座を燃やす。焼かれた屍体が絨毯となって広がる玉座の間には、焦げた死肉の煤と、むせ返るような死肉の焼ける臭いが充満し、そして新たな戦いで飛び散った鮮血と臓物が無造作に積み重なる。
 今や王城にかつての栄華は微塵もない。焼け焦げた廃城の石壁は瓦礫と化し、崩れた天井から覗く空からは、しとしとと血の雨が降る。

 燃える玉座には誰もいない。その無人となった玉座の前

もっとみる

終末論の個人観測

世の中には終末論が溢れているが筆者がこれは…と感じたものをここに抜粋する。

これは時期を越え、終末論が誤りだったことを後になって、祝うために記すものであり、恐怖を植え付ける目的ではない。

人類滅亡というお題目に、いい加減飽き飽きしている方や恐怖心を抱いてしまう方は読まないことをお勧めする。

筆者も嫌気がさしているところだ。

また筆者のメモ的な位置付けなので、文体を考慮せず、説明も特にしない

もっとみる

終末のエチュード~アンドロイドと遺言編~#3【連載小説】

残る期間のスケジュールは既にエマが決めていた。

 稚内から北海道道106号稚内天塩線、オロロンラインを通り、留萌から内陸に入り、旭川を経由して富良野を目指す。
 最後は島に戻りたいという希望もあり、往復約700kmの旅。
 地図には富良野までの国道以外にもいくつかマーキングされており、「それぞれの観光名所に立ち寄りながら進むの」と目を輝かせながら一つ一つのポイントを説明するエマ。

「どうやって

もっとみる

終末のエチュード~アンドロイドと遺言編~#2【連載小説】

それからひと月が経過した。
 エマの予想通り、戦争が再開されても、民間の暮らしは大きく変化しなかった。
 攻められた漁港も本土からの援軍によって被害は最小限に留められ、既に落ち着きを取り戻している。

「人類がいない今、戦争に何の意味があるんだろう」
 と、ノアが朝食を食べながら呟くと、
「意味なんてないのよ。遺言を達成するためにやってるんでしょ」
 と、エマがお皿を洗いながら返す。

「もう少し

もっとみる

終末のエチュード~アンドロイドと遺言編~#1【連載小説】

2028年のある日、太平洋沖に隕石が落下した。
 隕石はとても小さなもので、大きな話題にもならなかった。
 それから数年後、人類が異変に気が付いた時には、既に最悪の事態を迎えていた。

 隕石に付着していたウイルスは、地球上の7割を占める海で虎視眈々と拡大。やがて陸上にも襲い掛かり、加速度的に世界中に蔓延する。国際連合を中心に多くの研究者がワクチンの開発に挑戦したが、ウイルスの拡大速度に対して圧倒

もっとみる

『青い悪魔』2

ギル、テッド、ナタリア、ゾーイの四人は拠点バーンドに留まることになり、住人として暖かく迎えられることとなった。翌日から彼らは物資の回収にも積極的に参加し、炊事や天井の改修なども手伝ってくれた。ヨイチは適度に部下と共に狩りへ行き、幼虫などを持ち帰った。近場の保存食は回収しきってしまったらしく、住人たちは食糧が尽きるまでに次の手立てを整える必要があった。
「やっぱり畑を耕した方がいいと思うんだ」
「だ

もっとみる

終わりの前の日

いつものような週末、いつものような朝。今月2回目の土曜。床屋を予約してあったのに時間ぎりぎりまで寝てしまった。朝食を食べる時間は、もちろんない。
 顔を洗って服を着替えて、ネクタイは締めずにたたんでポケットに入れる。
 慌てたから階段で足を踏み外しそうになる。

 床屋まで徒歩8分のところを、小走り5分で到着。オレンジのパーカー姿の店長が、店の前をほうきで掃いていた。
 店長とあいさつを交わし、店

もっとみる