亡き母と姉への思い。

先日は「お母さまとお姉さまを見送った」80代の女性とお墓(納骨堂)の見学を一緒に行いました。この方は私と生前葬儀対策を取り組まれた方であり、お墓・相続についてもご相談を頂いておりました。

ご本人はお一人住まいで生前のお母さまとお姉さまのサポートを行っており、とてもしっかりされた女性です。
優しいお母さまと仕事一筋のお姉さまとの生活で、どちらかと言えば大人しいご本人は、一緒に暮らす中で苦労ばかりが

もっとみる
わざわざありがとうございます!😌

利他的であることは、心地よい絆づくりへの近道:利他のすすめ・監督・選手が変わってもなぜ強い?~北海道日本ハムファイターズのチーム戦略~

組織づくりの本を読んだり、オンラインコミュニティに参加してみて、最近感じる大事なキーワードがあります。それは「利他」です。利他とは、「他人に利益を与えること。自分の事よりも他人の幸福を願うこと」。困っていたり、悩んでいる人に「何かできますか?」と声をかけ、話を聞くこと。思えば、かなり前から「利他」に関する本を読んできたような気がします。

川崎にあるチョーク工場の本を思い出しました。「利他のすすめ

もっとみる
コツコツがんばります!
8

なんだか、ふと思ったことを。

やっぱり、人を結びつけるのは、絆です。

人間って、家族の人以外は、
友達も、恋人も、夫や妻も、
みんな「他人」なのですよね。

だけど、

そこにみえない「絆」があるから、

助けたい、一緒にいたい

そう思えると思うのです。

これって、仕事でもそうだと思うんです。

「仕事だから割り切ってる」

確かにそうかもしれないですが、

じゃあ、一流と呼ばれている方は

もっとみる
読んで下さり、ありがとうございます!(^^)!
1

弱いつながりが幸福を生む

強いつながりも大切だが、弱いつながりも大切にすると良い効果があるよって話です。

弱いつながりとは、接触の回数や頻度が少なく、一緒にいる時間も短い人々との関係を表しています。

例えば、よく行くコンビニの店員さん、コーヒーショップの店員さん、スポーツジムのインストラクターさん、警備員さんなどなどが該当します。

こういった人々たちと、少しでも会話することありますか?

買い物をするときの少しの会話

もっとみる
「物事にいいも悪いもあるものか。どう考えるかでどちらにでも転ぶのさ」
17

帰化に対する僕の考え・・・国籍が日本になるということ

先日のラグビーW杯で日本は対サモアで勝利を収めました。チームの勝利に貢献したのは親の代からラグビーに親しみ、25歳の若さで豊富なキャリアを積んだ具智元選手であることは否定のしようがない事実です。具智元選手の活躍は多くのファンを魅了し、異なるチームである韓国のラグビー選手も彼の偉業を称えています。具智元選手も自身を磨くことに余念が無く、勝利を収めたことを喜びつつも現状には満足せず、更なる精進に努めて

もっとみる
クリックしていただき、励みになります
1

「死にたい」っていつでも言っていいよって言ってくれてた人に言えなくなってしまった

死にたいって思ったら、いつでも言っていいからね、って言ってくれてたお友達に、言えなくなってしまった。なんとなく。別にけんかしたとか何かあったとかそういうわけじゃなくて、わたしが勝手に遠慮して連絡しづらくなってしまった。きっかけは、その人が結婚したこと。

別に結婚したからって何が変わるわけじゃない。ただ、いま連絡していいのかな?こんな話していいのかな?っていう遠慮はできてしまった。なんにも怪しいと

もっとみる

続き

昨日の続きを書きます。

1番のきっかけは、ある事について、
『ネットと、テレビと、情報が違う…。
 テレビを見ていても、本当の情報にたどり
 つけない。情報は、自分で取りに行って、
 見極める力をつけないといけないんだ』
と、氣付いたことでした。

予防接種の真実、牛乳神話の崩壊、添加物
の怖さ…などなど、これまで自分が常識と
思ってきた事がことごとく覆えされ、まずは
何を信じればいいのか分から

もっとみる
愛をあなたに♪
6

私のパートナー

30年くらい前に、バイク事故で亡くなった友人がいる。彼はここにはいないが、ずっと私の胸のなかで生きている。

人生の選択をしなければいけない時や、年末に一年を振り返り、来年の目標を決める時には必ず、そのパートナーに問いかけて決めている。

いつも私を導いてくれていると思っているし、試練も喜びも、私自身を成長させてくれる導きなのだ。

#私のパートナー

なるべく素敵に老いの準備をする      5

先の投稿に、住宅には興味がないと。いえ、建設中や解体中の中を観るのが好きです。良し悪しでなく、どんな資材を使って どんな方法があるのか。少々 男性的です。左官さん・大工さんから昔の工法とかきくと嬉しくなるほうです。

家を建てる時、ローンの返済を中心に考えますから、どうしても若い働き盛り。しかし、誤算は家族の年齢が上がること。親は老い、子供は心身ともに大きくなる。子供部屋のつもりが、子供の成長と部

もっとみる
自分の経験と先人達の経験が重なる時、夢=未来が近づく。
6

【リスから人類への質問】なぜ人間は必要以上の衣食住を求めるのか?

俺はリス。普段は森でどんぐりをモグモグしながら過ごしている。

着るものは必要ない、俺の毛皮が服だからだ。

食べ物が豊富にある季節には「貯食(ちょしょく)」を行い、厳しい季節に備える。(まあ冬だ。)

普段は巣穴や巣箱を寝床にしている。

確かにどんぐりが見つからなかったり、外敵が現れることもあるが、俺は今の生活に満足している。

それなのに、なぜ人間は必要以上の衣食住を求めるのか?

寒さに備

もっとみる
スキありがとうございます🐿
3