EMiLY CAVENDiSH|エミリー・カヴェンディッシュ、自己紹介。

EMiLY CAVENDiSH|エミリー・カヴェンディッシュという名前。

わたしは日本生まれ(人生の大半は日本育ち)の、英国・バーミンガム郊外のちいさな村で3年を過ごした帰国子女です。帰国後、30歳でふたたび渡英、こんどはイングランド南部ドーセットのボンマスという街に留学しました。

さいしょの滞在が思春期ということもあり、わたし自身の芯をかたちづくるうえで英国がおおきな影響をあたえたのは想像に

もっとみる

日本の主な美術家 約100人

シンプルに
押さえておきたい
鎌倉時代〜昭和時代の
"主な日本の美術家(一部アジア)"を紹介します💡

詳しい説明までは書いていません。
なので、聞きたいことがあれば、気軽に質問してください😌

✅日本の美術家

(1)『鎌倉時代』

・運慶(仏師)
・快慶(仏師)
・湛慶(仏師)
・円伊(画僧)

(2)『南北朝時代』

・無等周位(画僧)
・藤原隆章(画家)
・藤原隆昌(画家)
・可翁(水

もっとみる

日本画《錦鯉白雲図》着彩

昨日と近しい構図で着彩をしてみた。
金と銀は箔を押したいところ。今回は絵具。

戸田光祐《錦鯉白雲図》画仙紙 墨 絵具

やはり金と銀は箔でなければ文字通り箔がつかない...
絵具を塗るよりも墨のみの方が魅力的に感じるのは不思議。とはいえ、箔の感じは掴めたので今回は良し。

この錦鯉は完全に自分とシンクロしていて、入道雲と画業に入る入道を掛けています。空高く昇る上昇気流にのって、滝昇りのごとく高み

もっとみる

日本画《錦鯉白雲図》

戸田光祐《錦鯉白雲図》画仙紙 墨

昨日唐突に鯉が滝昇りしている光景が入道雲と重なった。降りてきた感じ。
この題材は引き続き描こうと思う。

とても気に入ったので掛け軸用にも手掛ける予定。

もっとみる

日本画《白雲図(しらくもず)》

国宝を手掛けるという夢にあたって何を描くかを思案した結果、雲に辿り着きました。もちろん、他にも描こうとは思いますが、まずは雲を軸にしようと思います。

理由としては、単純に雲が好きということや、古来日本画において雲や霞は情緒豊かな表現がなされており題材として面白いと思ったからです。

洛中洛外図屏風(上杉本)右隻(国宝・16世紀)

歌川広重「名所江戸百景」より「市ヶ谷八幡」

他の理由としては、

もっとみる

20世紀の西洋の美術家 約90人

シンプルに
押さえておきたい
『ジャンル名』と
『美術家の名前』が書いています💡

詳しい説明までは書いていません🙇‍♂️

✅20世紀の絵画

(1)『フォーヴィスム』

・マティス
・ブラック(後にキュビスムへ)
・ルオー
・ドラン(キュビスムからから古典回帰へ)
・ヴラマンク
・デュフィ

(2)『ドイツ表現主義(ブリュッケ)』

・ヘッケル
・キルヒナー
・ヘルデ

(3)『ドイツ表現

もっとみる

展覧会へのおすすめ手土産

ギャラリーで開催される展覧会の多くが入場無料なこともあり、お花やお菓子などの差し入れをくださる方も多い。普段ギャラリーに行きなれない知人から差し入れをいただいた際に「ググったらお菓子が無難と出てきた」と言われたことからも、「展覧会に行く=お土産持参」という図式が少なからず浸透しているようだ。

「ラフな服装で」と言ってもソコソコ恥ずかしくない格好をするように、「手ぶらで」と言われても何かしら持参し

もっとみる

18世紀末-19世紀の西洋の美術家 48人

シンプルに
押さえておきたい
『ジャンル名』と
『美術家の名前』が書いています💡

その詳しい説明までは書いていません🙇‍♂️

✅近代美術

(1)『新古典主義』

・ダヴィッド
・アングル
・カノーヴァ

(2)『ロマン主義』

・ジェリコー
・ドラクロワ
・フリードリヒ
・ターナー
・ゴヤ(1800年頃から)

(3)『写実主義』

・クールベ

(4)『バルビゾン派』

・コロー
・ド

もっとみる

琳派 雷神図の模写

尾形光琳の風神雷神図屏風の雷神図を模写してみた。
琳派といえば風神雷神図の継承があると思う。風神は中学生のときに描いたことがあったので、今回は雷神に挑戦。

戸田光祐 雷神図

雷神の線画

ちなみに今回の画材はイラストレーター。
データとはいえ、模写は結構勉強になる。

背景を切り取った雷神図

日本画とイラレは親和性が高い。モンドリアンほどではないにしても、線で骨格を決めベタに塗る手法は一周回

もっとみる

描く準備

僕が描こうとしている絵で肝になるのが円弧の美しさ。
だからまずは円を美しく描く練習。A3いっぱいに何枚も円を描いてみた。

僕が人生で最も絵を描いていたのは高校三年生のとき。ただ、そのときはほとんどデッサンだったため、一筆で正確で綺麗な線を追い求めた訳ではなく、描いては消してを繰り返し形を整えていた。ただ、僕が挑戦したいのは日本画であるため、一線で形を決めることに拘りたい。

考えるに、日本画は書

もっとみる