自動生成

#4 マンガを描いてみる / できるだけ頭を使わずマンガを描いてみる

前回は、ゲームAIでキャラクターの行動を生成する....というところで終わりました。

で、人工知能とか、ゲームAIの本を読んでみたんです。

主に三宅洋一郎さんの本を。

これとか、

これとか。

どれも面白かったし、タメになったんですが、やっぱちょっとこれは数学をもうちょっと勉強しなおさないとダメだな。。。と思って、

この本を読んでいました。
そもそも対数とか学校でやった記憶すらないんです

もっとみる

#3 登場人物の名前をつくる / できるだけ頭を使わずマンガを描いてみる

前回、次回はお話を考えるみたいなことを書きました。

が、物語生成系の研究をみていると、どうもどれもピンとこなかったのです。
なぜかというと、要は既存の文章をたくさんインプットして、それをただ並べるだけ、みたいなのが多かったんですよね。
どう考えてもそれでおもしろい話になるとはちょっと思えなかった。
『人工無脳』みたいなことだと思うんですよ。

機械学習的なことは勉強したことないし、今からやっても

もっとみる

#2 あらすじとキャラクターをつくる / できるだけ頭を使わずマンガを描いてみる

前回は、ネットで見つけたサイトの自動生成で、タイトルができました。
「8月のこと」。なんて文学的なタイトルでしょう。
もうこれだけで満足してしまいそうです。

で、あらすじを作ってみようと思いました。
ただ、何気に結構みんな真面目に研究している分野のようです。
機械学習とか難しそうだし、もうやめようかな、とも思ったのですが、
いいサイトを見つけました。

あれ?ここでだいたい僕のやりたいことはでき

もっとみる

【ジャンクヤード】アプリで自動生成されたなんらかの怪談【Twitter】

※これは、つのがTLに流れてきた文章自動生成アプリを再び拾った結果発生した謎の文書です。何か吸ったような文章だったのでここに残します。全文は下のツイートの画像をクリックすると読むことが出来ます。でも広告とか踏ませるのもあれなのでします。太字化はつのによるものです。

全文:

 平次さんが入居したその部屋はいわゆる事故物件だった。

 前の住民は半魚人が胸を貫いて亡くなり、その前の住民はニンジャス

もっとみる

#1 タイトルを作る / できるだけ頭を使わずマンガを描いてみる

マンガを描いてみたいと思いました。

でも、自分でお話を考えると、人にバカにされたら嫌だし、

あんまり本気っぽい感じになると恥ずかしいので、できるだけ自分が考えたことにしないで済むような感じで描けないかなぁ、と思いました。

え? ああ、あのブログ? あれ、ほとんど自動生成で描いてるからね。

そういえたら、あんまり恥ずかしい思いをしないのではないか。

そう思ったのです。

なので、まずはタイ

もっとみる

機械学習魔改造ファウスト「道化にしては利口だ。お前は人間であったからな」

概要

 私がドイツ語原著から訳したゲーテの「ファウスト」を機械学習の元データにして文章を生成しました。そのアウトプットの内、意味が通じるモノをピックアップしました。そして一言コメントを付けました。
 あくまで趣味の範囲のお遊戯です。文章自動生成は素人なので、粗探しはご容赦願います。アドバイスはコメントにお願いいたします。

生成文書とコメント

「私はあなたのために、私の前には何をしているのです

もっとみる

ファンタジー小説を書くにあたり、世界地図、市街地の地図、キャラの名前とかアイディアを得るためのツールのご紹介。架空の地図や市街地は自動生成させてみると色々と面白い。妄想が膨らむ
https://yamato-tsukasa.hatenablog.jp/entry/2019/04/12/230053

麦茶にはカフェインが入っていないので水分補給に最適。カリウムも豊富。
5

2/22の学びっき

音楽の自動生成サービスっていろいろあるのね〜

Unityの本で、サンプルプロジェクトにBGMを入れたまま配布したかったので再配布可のBGMを探してたところ、音楽の自動生成サービスを見っけたのでメモ。

どれも無料で試せる。

Amper Music

ジャンルとかテーマとか調整して自動生成するらしい。無料で使える。Pro版は打ち込んだりもできるそうな。

曲は著作権フリーで個人利用OK、商用利用

もっとみる

文書を書くことで……

書いてみないとわからないことがある。

普段から文章を書き慣れていない人は、文章とは、自分が「わかっている」ことを書いて表現するものだと思っているかもしれない。
けれど、頻繁に文章を書いている人なら知っているとおり、書きはじめるときには何を書くかが定かではないことでも、書き進めることで何を書いているかが、自分でもわかってくるということがある。

僕なんて、むしろ、そういう場合の方が多いくらいだ。

もっとみる

【ジャンクヤード】アプリで自動生成されたなんらかの太郎【Twitter】

※これは、つのがTLに流れてきた文章自動生成アプリを拾った結果発生した謎の文書です。何か吸ったような文章だったのでここに残します。全文は下のツイートの画像をクリックすると読むことが出来ます。でも広告とか踏ませるのもあれなのでします。太字化はつのによるものです。

全文:

昔々ある所に三宅とナンシーが住んでいました。
 三宅は大阪へニンジャスレイヤーしに、ナンシーは三部へタキしに行きました。
 ナ

もっとみる