金銭的自立という壁。

今日は7時間労働でヘロヘロになっている森さんです。

現在週3回、6時間の労働でヘロヘロに。
就労移行を使うのか、A型を使うのか、B型を使うのか。障害者雇用を目指す?このままバイトしながら金銭的自立を目指す?

自分に何が合っているのか分からない。一気に突っ走ってある時パタリと来る身体に対してどういう働き方が合っているのか分からない。

純粋に働くことが怖いという感覚が襲うのです。
「行けなかった

もっとみる

今日のむすめっこ&聴覚過敏

台風が通過した昨夜から今日にかけて、どうも気圧の変化というのは、自閉症スペクトラムの各症状も敏感に影響するようで、特に頭痛と聴覚過敏がしんどそうです。

今日は、聴覚過敏のお話を。

学校に行かなくなった、中学1年生の冬。娘は、こんなことを言っていました。「みんなが騒がしくて、頭が痛くなる。」

そのときは聴覚過敏なんて、全く知らなかった私の反応は・・・・
「何?みんな、そんなギャーギャー言うの?

もっとみる

【発達障害のトリセツ】生活管理:毎日元気で暮らすための最重要ポイント3つ

みなさんこんにちは。一時は「病気のデパート」とまで呼ばれるほどだった、五十路MANです。

2009年から2013年ごろにかけては、次々と襲ってくる病に身も心も疲れ果てていました。うつ状態はもとより、「気胸」「突発性難聴」「網膜剥離」などなど、どれも緊急性を要する深刻な病気ばかり。

そうした病気にかかった原因は、本当はストレスと食事にあったんだと今になって改めて気づき、徹底した食事改善とストレス

もっとみる

私が企画と文章を担当している『でこぼこガールズトーク』が、もっと読みやすくなるようにマガジンを作ってみました!
よろしければポチッとフォローしていただけると、とっても嬉しいです!

https://note.mu/color073/m/m78e5aceda4fb

書く励みになります!シェアしていただくともっとはりきります!
3

私の発達障害日記(3)

私の新卒の就職活動

 久しぶりに自分語りをしてみたい。最近体調が悪かったので、過去を振り返るエネルギーが足りなかった。
 障害日記(2)では、大学生活が軌道に乗ったところまで話したと思う。
 大学3年秋頃から4年に進級するまで、私は精力的に就職活動を行っていた。本が好きだったこともあり、出版関係の仕事に就きたかった。今はどうか分からないが、当時は新卒で出版大手に就職するとなると、ほぼ東京にしか企

もっとみる

先延ばし特性大爆発😅

11月からラジオパーソナリティをさせて頂くことになっているのですがそのデビュー収録日が今日なのです。

原稿書いてない😱とギリギリまで先延ばしにして昨晩遅くから7時間ほどかけて書き上げました。
先延ばししまくるけど一時の集中力は半端ないワタクシ(発達あるある)

野生界でチーターに追い詰められて爆速で逃げるシマウマ的な瞬間爆発力はハッタツさんならでは。

野生本能で生きてますのでもうしょうがない

もっとみる

【アスペルガー革命】プロローグ:発達障害者からみなさんへ

東京パラリンピックまであと1年を切りました。まわりを見渡してみれば、心なしか街なかでも障害者の方がけっこう多く見かけるようになった気がします。ほんの少しづつですが、障害者も外に出て生活を楽しめるようになってきているのではないかと感じます。

これからはじめるこのストーリーは、発達障害者としての僕の経験から得た人生の学びや気づきを言語化したものです。内容は事実に基づいたフィクションの形を取っています

もっとみる

「あー、また怒っちゃったー!」と落ち込んでいませんか。怒りで後悔しないための正しい"怒り"講座

「あー、また怒っちゃったー!」と落ち込んでいませんか。
子供をしかるとき、つい怒りすぎると後悔しちゃいますよね。

子どもに何回言っても言うことを聞かず、

大きな声で怒鳴ってしまったり、

あまりにしつこいと最後の最後には

お尻をバチン、頭をポカンと叩いてしまうと

自己嫌悪におちいったり、、、

夜、子どもの寝顔を見ながら

『ごめんね、、、』と後悔していませんか。

【続きは下記のブログの

もっとみる

食にウルサイ姫

自閉症スペクトラムと診断された娘と過ごす毎日は、

私にとっては楽しいと思えるものではないかもしれない。

完璧主義とまでは言わないけれど、ある程度の規則正しい生き方を好む私としては、
彼女の子育てをしながら自身の心を健康に保つのは、至難の業だった。

食事は栄養バランスを考えて与えるものだと固く信じていた。

子供の健全な成長を願って。

母として当然のこと。

それをことごとく拒絶する子供が生

もっとみる

ココロの痛みに気付くこと

身体の感覚が分かりにくい。
ストレスが溜まってても気付かない。
爆発して初めて「無理してたんだー」と気付くのです。

感覚鈍麻という言葉をご存知でしょうか。
言葉のまま、自分の体の感覚に気付きづらいと言うことを感覚鈍麻と呼びます。

発達障害者の一定数は持つこの特性。
私も感覚鈍麻ありの人種です。

大学生の時、カウンセリングに言って何を聞かれても「わからへん」と答えていました。まるで感情がないか

もっとみる