認証

YouTubeチャンネル認証が剥奪されました - YouTubeはGoogleのプラットフォーム

どうも、やんじぇです。

YouTubeのチャンネル認証が剥奪されました。
チャンネル認証とは、他SNSでいう公式認証と同じシステムです。

チャンネル認証されるとチャンネル名の横にチェックマークが入ります。

今回この認証が剥奪されるわけですが、何かやらかして剥奪されたわけではありません。
正確に言えば剥奪ではなく撤回、取消ですね。

もっとみる

「鍵」って何?鍵の本質とは?

本日は、NTTコミュニケーションズさんのベンチャー共創6社のコンペを見学しましたが、3社がデータセンター関連の効率化の関連でした。他の2社は鉄塔関係(鉄塔に取り付けたセンサーで風の状況をきめ細かくモニターしてドローンが安全確実に飛べるようにするのと鉄塔愛コンテンツで街おこし)、1社は、スポーツテックです。

 今日のサービスロボットの適用範囲は理想に比べると狭いものです:

大したことができない、

もっとみる

珈琲用語メモ>バードフレンドリー

渡り鳥がやって来る森林の木陰で珈琲を栽培し、渡り鳥の休む森林を守る。今日は愉快な仲間に教えてもらった、バードフレンドリーコーヒーについてメモします。

要するに何が良いの?

中南米など、大胆に森林を伐採して農地を開く。太陽の光をふんだんに受けて農作物を栽培する。渡り鳥がやって来る森林が無くなる。渡り鳥さん的には困る。

都会化だけでなく、農地化も自然の皆さんからすると、あまり変わりなく、迷惑な話

もっとみる

「2段階認証」を正しく伝えられないテレビ局、そもそも知らない一般の人々

7Payの不正利用問題で、社長が2段階認証を理解していないこと明らかになった7月4日以降、さまざまな報道が行われています。

新聞などは適切な内容で報じられているものが多いと感じていますが、テレビによる報道を見ると、その内容に誤りが見られるものも存在しています。

この報道だけでなく、Twitterなどを見ても、セキュリティ関係者以外の人が「2段階認証」「2要素認証」について正しい知識を持っていな

もっとみる

思い込み(バイアス)がおおい世の中

世界は「思い込み」と「思いやり」でできています。

お金をもらって情報を発信する場合「FACTFULNESS」と「思考のトラップ」を読んでから発信すると、ある程度バズっても痛い人との遭遇率は減る気がします(個人的見解という逃げ)。もし、どうにもならなくても「自分と話の通じない人はある一定数存在する」と思い込んでおけば、やり過ごせます。いつもより非難の割合が多かったら、たぶん貴方が(今の社会通年と照

もっとみる

珈琲用語メモ)レインフォレスト・アライアンス認証

ざっくり言うと何?

持続可能な農業を展開している農家で栽培された作物であることを示す。

ざっくり過ぎた!もう少し掘ると

 生物多様性の保護、環境・社会・経済面の発展や労働者の権利保護、生産性向上などを通じて、包括的に、長期的な持続可能性を維持している農園が生産している作物であることを認証しています。

 コーヒー栽培を長く、安定して続けるには、環境への配慮や、そこで働く関係者の労働環境改善、

もっとみる

シェアエコのトラブルを防ぐ6つの基準とは?【本人確認・レビューなど】

どうもこんにちは。シェアリングエコノミー協会の渡部です。

今回も、CtoCプラットフォームの安心の証「シェアリングエコノミー認証マーク」について解説をしたいと思います。前回は制度の大まかな概要についてお伝えしましたが、今回はもう少し具体的な内容をご紹介します。

前回したのは「認証マークって何?」という話。今回は「実際に認証マークを取得するために必要な基準って何?」という話をします。

シェアエ

もっとみる

【開催レポート】 "ISO/TC 324" 第1回総会、閉幕

こんにちは。事務局の二宮です。

6/13(木)・6/14(金)の2日間、シェアリングエコノミーの国際標準化の会議「ISO/TC 324 "Sharing Economy"」に参加しました。今回が初めての総会で、アメリカや中国をはじめ、各国代表が顔を合わせる初の機会となりました。

今回は、少し長文ではありますが、2日間に渡る会議の内容をレポートします。なお、今回の会議の様子は、日本経済新聞でも取

もっとみる

「REQU」、「シェアジョブ」が新たに認証マークを取得!

こんにちは。協会で認証チームを担当している渡部です。

今日は、新たに認証マークを取得した2つのシェアサービスを紹介します。

シェアリングエコノミー認証マークは、申請を行えば誰でも取得できるわけではなく、協会が設定した自主ルールに適合していることを確認した後に「認証委員会」という委員会の中で審査が行われます。

先日、この認証委員会が行われ、第6号認証として新たに「REQU(リキュー)」と「シェ

もっとみる