資本提携

【ココカラとマツキヨの経営統合】をビジネスのフレームワークで考える💡

ドラッグストア大手のココカラファインは、マツモトキヨシホールディングスとの経営統合に向けた協議に入る方針を固めました。
資本提携ではなく経営統合を行う狙いはどこにあるのでしょうか?

考えられる狙いの1つに「密度の経済性」があります。
密度の経済性とは、物流や広告コスト削減を狙う経営戦略のことです。

密度の経済性の効果とは ( ´~`)?

・仕入れにおける物流コストの低減
・店舗同士の競争意識

もっとみる

資本提携の新しいカタチ

義は利の本なり、利は義の和なり
ー 春秋左氏伝 ー
いきなりナンですがw
利益が生まれる源泉をたどってみると、人として正しい思想に行きつく。。。
確かに世界的な素晴らしいプロダクトの背後には、人として正しい思想があると感じます。

自分の知る限りを見渡すと、長期的な利益の背景って、この言葉に沿っているな、と思います。

さて、資本提携という提携の形があります。

事業提携よりもう一歩踏み込んだ形。

もっとみる

ESG評価主流化の証

4月15日に大手信用格付け機関であるムーディーズがESG評価機関のVigeo Eirisを買収したと伝えられました。これによりグローバル展開している主要なESG評価機関が大手金融サービス提供会社と資本関係を持ったことになります。

先鞭を着けたのはMSCIで国際金融危機以降の10年で、北米で著名なESG評価機関だったKLDやInnovest、ガバナンスやリスク分析に強みを持つGMI Ratings

もっとみる

企業間における提携の種類とそれぞれのメリット・デメリット(資本提携・業務提携・資本業務提携)

http://kojigen.com/post-8764-8764.html

#業務提携 #資本提携 #資本業務提携