走馬灯

ページ201 オールスター走馬燈



 先日夢を見た。それも2日連続で。2日で前後編になるような豪華興趣二本立てだった。中身がなんとも言えず奇妙で、僕の小中高大社会と関わった人間のオールスター出演で嫁は出てこない。昔は仲良かった人、犬猿の仲、大嫌いな教師、恩師、親友、所謂元カノなどなど記憶フォルダの中に眠っているもの全てが呼び起こされそうな夢だった。
 記憶というものは良いものだけではなく封印したいものも混在しているものだけに色

もっとみる

自分の人生にタイトルをつける

こんにちは、もじりです。
暑い日が続きます。
今までの人生、これからの迎える人生にタイトルをつけるとしたらどんなタイトルにしますか。

私の場合過去のタイトル(題名)は、沢山の方々や出来事から与えてもらったものが沢山あるので、
「ありがとう」でしょうか。

これからの人生については、しばらく考えてからつけようと思います。

何故このようなブログを書こうと思ったかは、何の広告だか覚えてませんが、

もっとみる

ランニングライト

目の前に広がるのは荒野か楽園か。まだ分からない。瞳は閉じたままだ。

走馬灯のように脳内をかけめぐるあれやこれやに心を掻き乱されている。でも悪い気はしない。

瞳をそっと閉じれば君がいる。もっと強くつむれば君の声がする。その声が私の血となり肉となり地図になる。

「先の事なんて誰にも分からないだろ?」そういう希望は求めてない。残念だけどいらないからトイレにでも流しておいてくれ。

私を動かすのはた

もっとみる

0723「人生の7月第3週」

まあ一言で表現するならばすごく忙しくてこの日記を書く時間(約10-20分)がかなりストレスになるレベルではある。もうここまでの1行で終わりにしてしまいたくなる程度に面倒くさいが、もはやこの日記を書くことは病気でしかないので、どうにかやっていこうと思う。

昨日は、大学のサークルの同期のとても近しい友人と、お互いの家族で焼き鳥を食った。大学時代、「いつかお互いの子供を遊ばせることなどもあるのだろう

もっとみる

気になっていること
走馬灯って、実体ありますからね。 『回り灯籠』のことですから。
『走馬灯のように』思い出がめぐる、のであって、その思い出がめぐるの自体を『走馬灯』って呼んじゃうのは日本のマスコミの悪い癖です。
┐( ̄ヘ ̄)┌

アガスティアの葉というのがあるらしい。

色々と遺品や写真の整理を今日もした。自分の持ってるものも錆びてしまったものとかもう何年も着てない服を処分した。父やおじいちゃんおばあちゃんの写真も慰安旅行とか飲み会とかの写真で絵を描くときの資料にならなそうなのは捨てた。全然知らないおそらく親戚であろう人たちの結婚式の披露宴の写真も処分した。うちのお父さんとお母さんの結婚式の記念写真も4枚も同じのあったからダブっているのを処分した。

今まで手をつ

もっとみる