久しぶりに、生きることが辛いと思った日

「車いすで生きることって辛いんだな…」
出張先のミャンマーで、久しぶりに感じた。

二十数年生きてきて、いろんなことがあった。それでも、辛いと思うのは、久しぶりだった。なにが辛かったのかと言えば、一人では外に出られないことだった。

滞在先はミャンマーの旧首都、ヤンゴン。旧首都とはいえ、歩道は舗装されていない場所が多く、至る所に20センチ程度の段差があった。同行したスタッフがサポートしてくれたけど

もっとみる

久しぶりに悲しい

悲しかった。悲しかった。

初対面の人に
ショッキングなことを言われた

そして隣にいながら
全くフォローしてくれないスタッフ

たしかに彼女が言ったことは
間違ってなかった

だから否定せず、反論せず、
作り笑いするしかなかった

でもやっぱり悲しくて
そのあとは何も話せなかった

それは私も分かってるんだよ
私の力でどうにかできることではなくて
でもどうにかしてくれと言う人がいて

その葛藤と

もっとみる

私がインドに来たわけ①

・私について
インドに住み始めて早3ヶ月が経ちました。現在は、平日は現地のNGOと格闘する傍、こちらに住む学生と一緒にソーシャルワークをしようと試みる週末NGOワーカーとして日々を送っています。

現在は真面目にオフィスワークをしたり、インド人学生とミーティングをしたりして働いているわけですが、将来はスタンドアップ・コメディアンになって人を笑顔にしながら、違いをアクセプトして認め合って生きていくこ

もっとみる

ストリートチルドレン②~フィリピン~

1日目のゴミ山での衝撃を引きづったまま

研修は2日目に突入しました。

この日は、ストリートチルドレン達の

保護施設を訪れました。

私達が泊っていた市街地のホテルから

その施設に行く道すがら

私達はスラム街を訪れました。

そこには、ストリートチルドレンだけでなく

おじいちゃんやおばあちゃんなど

ストリートファミリーが沢山暮らしていました。

スラム街は、川を囲むように

長く細く形

もっとみる

ストリートチルドレン①~フィリピン~

出来るだけたくさんの

途上国の状況を感じに行きたい。

そして、できるだけ多くの

子ども達の状況を見に行きたい。

そう思って探していたところ

進学先の県主催の

フィールドワークを見つけました。

それは、フィリピンに暮らす

ストリートチルドレン達の生活を

調査する、という内容でした。

私は、これだ!と思い

すぐに申し込んで旅立ちました。

降り立ったフィリピンの首都

マニラの都

もっとみる

民家でホームステイ②~インドネシア~

寒空の下、Gに怯えながら

冷水で水浴びの如くお風呂を終え、

天井裏を駆け回るネズミの足音に

うなされながら眠りについた一日目。

そうして、二日目の朝を迎えました。

コケコッコー!!

と、元気な鶏の声に起こされ

ああ、本当に

鶏の声に起こされるってあるんだな、と

呑気なことを考えながら居間へ行くと

お母さんが朝食を用意してくれていました。

寝ぼけ眼で、お皿を見てビックリ!!

もっとみる

民家でホームステイ①~インドネシア~

インドネシア訪問の目的は

私達の研究室が支援している

コーヒー生産者農民組合の視察と

そこで働く人たちとの交流でした。

その一環として、組合のご厚意で

2つの家族が私達学生を受け入れてくださり

ホームステイをさせていただくことになりました。

私がお世話になったのは

子ども達はもう成人して

首都のジャカルタで働いているという

老夫婦でした。

2人一部屋で泊めていただいたのですが

もっとみる

初めての途上国~インドネシア~

大学2年生になって、遂に

夢にまで見た途上国への渡航が

実現しました!

場所は、インドネシアでした。

なぜ、インドネシアだったかというと

当時、入ることを決めていた

研究室の先生の研究対象地が

インドネシアだったからです。

ただ、これは単なる

研究室の研修旅行でもなければ

先生の研究への同行でもありませんでした。

私達には、別の目的があったのです。

それは、私たち研究室が支

もっとみる

出来るかではなく、やりたいか

成績も順調に伸びた

高校1年生の終わり。

高校2年生に進級する前に

人生2度目の進路選択として

”文理選択”の時期が訪れました。

300人中290位だった落ちこぼれの私が

なんとか1年必死に頑張って

300人中75位まで上がりましたが

その要因は、全て文系科目。

元々、理系科目が苦手だった私は

数学ⅠA、特に物理なんて

もうチンプンカンプン。笑

それに、夢は

途上国支援・

もっとみる

自分の生き方

周囲には無謀だと言われた

地元1番の進学高校への受験を

本人は、いたってお気楽にこなし

幸運にも合格を手にしました。

しかし、入学早々の学力テストでは

300人中290位!!!という結果。笑

今思えば当然なのですが

当時のお気楽な私は

まさか、ここまで悪いとは思っておらず

笑うしかありませんでした。笑

しかし、正直なところ

大したことじゃない、と思っていました。

心が疲弊し

もっとみる