非正規雇用問題

同一労働同一賃金だけでは不十分。非正規雇用には正雇用以上の待遇を

2020年4月1日に「パートタイム・有期雇用労働法」が施行される。正規雇用と非正規雇用労働者の不合理な待遇差が禁止され、同一労働同一賃金が義務付けられる。

今までは、非正規雇用は一般的には正規雇用と比較すると、給与や福利厚生などの面で劣る傾向があった。しかし、本法律の施行によってその格差は解消されると期待されている。

しかし、もし雇用形態ではなく、職務達成に必要なスキルや責任の範囲などを基準に

もっとみる

契約社員は本来エリート社員?日本企業が抱える闇

契約社員と聞くと、どのようなイメージを持たれるだろうか。正社員と同等の仕事をしているのにも関わらず、給料が低い、将来の保証がない、業績が悪くなったら切られる、会社に安く使われる、使い捨ての存在。負のイメージを連想される方が多いのではないだろうか。非正規と正規雇用には明らかな待遇の差があり、正規雇用を目指すべきというのが世間の論調だと思う。

しかし、契約社員とは本来、会社の都合のいいように使われる

もっとみる

技術革新による貧富の差

技術革新によって貧富の差は一段と広がっていく。

⏺️リーマンショック以降、世界中で富の格差が広がった。

⏺️これから先、格差の未来はどうなるのか?

⏺️2020年代に入ると富の格差はさらに広がり、先進国では新下流層というあたらしい階級が生まれると予想。

『格差と階級の未来』

これから起こりうるあたらしい経済格差について分析を展開。

将来のサバイバルのために必要な考え方を、ここから詳しく

もっとみる

【短編】 わたしは日産を愛してます

その人の名は、座間浩二。
彼は、その時代の雰囲気に合わせ、当時もてはやされた考え、
モラトリアム・フリーター・自分探しで生きていた。

そうして座間浩二は、T自動車に流れ着いた。
1999年、派遣業務の規制緩和に伴い、21世紀は日本国民の4割が
非正規雇用であるが、20世紀にはまず非正規雇用そのものがなかった。
そのため、自動車工場は季節期間工場社員(期間工)というものを
使用していた。これは本来

もっとみる

3.11この時私は

某デパートのイベント会場で働いていました。
これから休憩を取ろうかなと準備していた時にガダガタと揺れてお客様が騒ぎだしたのです。
咄嗟の判断で対応することになり、それと同時に資材を安全な場所に移して二次被害を出さないようにしていました。
もちろんこの時点で帰宅困難者となり、デパート側から休憩室で泊まる事を勧められたのです。
しかし、派遣会社は「迷惑行為だ!」と私に言って来たのです。
今でもその事を

もっとみる

物の価値と働くことの価値が問われている

最近働くことの価値が問われるようなことばかりが起こっています。

ZOZOTOWNの非正規の待遇をないがしろにしておいてばら蒔きをする企画や、コンビニや飲食店などのバイトテロといった問題が働くことへの価値が問われているのです。

確かに悪ふざけ動画は取り方次第では、「店のイメージを悪くした」「商品を台無しにした」という声や「信用棄損した」という経営者や資本家の方がいる一方、アルバイトや派遣社員とい

もっとみる

渋谷社会部 〜官製ワーキングプア〜

2019年1月29日(火)9:00〜10:00

00:00 | 00:30

本日のゲストは男女共同参画センターの瀬山紀子さんです。
テーマは「会計年度任用職員制度で官製ワーキングプアはなくなるのか」

公務員と聞くと
安定した仕事というイメージを抱く方も多いでしょう。
しかしその実態は、
3人に1人が待遇のよくない非正規と言われています。

公務員でありながら十分な報酬が得られない状態を
「官製ワーキングプア」といいます。

これを解消するために、
新たに会計年度任用職員

もっとみる