イギリスのデザートって美味しいの?

こんにちは、5ヶ月滞在して、イギリスの食事を体験してきて、ご飯がとても美味しいわけではないことはわかりました。今回は、デザートが美味しいのか紹介していきます。

目次

1. rhubarb
2. English afternoon tea
3. apple crumble
4. victoria sponge cake
5. 最後に

rhubarb
rhubarb(ルバーブ)は日本ではあま

もっとみる

うどん(クオリティありえない)がこの値段、まぁ、場所代も含めなんだろうけどね。日本なら立ち食いそばやのうどんの方がましレベル。これも一つの経験ですね!!日本の食文化はほんとすばらしいのだぁ!

#サンフランシスコ #食文化 #日本ブランディング

かっぱえびせん生臭い問題

最初に言っておくと、別にかっぱえびせんが嫌いな訳でもなければ糾弾したい訳でもない。大人になったいまでこそ自分で買うほどのファンではないが、子どもの頃はおやつとして食べていたし、あれば嬉しい類のスナックだった。

「あ、かっぱえびせんだ。これって、フランス人には生臭いって言われる。笑」

6月にフランスに行った際、親子で泊めてもらったあやかさんにそう言われて初めて気づいた。え、かっぱえびせんの匂いっ

もっとみる
ありがとうございます!読んでいただき嬉しいです。
8

ごはんは作るもの?

子供の友だちが県外から泊まりに来たので

夕飯にご当地のB級グルメを食べに行った

ほんとうはテイクアウトしてきて、サラダや味噌汁を作る予定でいたのだが、いつも(めんどくさいから)家で食べたいと言う子供たちが外でもいいよと言うので、食べに行くことにした

まぁ、単純に楽をしたかったのだ

ご飯作らなくてラッキーと思いつつも、実は自宅でもてなさなかったことに少し後ろめたさを感じていた

私の母は料理

もっとみる

【たまにグルメ】香川の讃岐うどん②

今回は、超のつくほどの有名店に行ってきました。
どちらもテレビで見たことあり行きたかったお店です。
備忘録として、香川の讃岐うどん②です。

■【たまにグルメ】香川の讃岐うどん①

目次
 ■須崎食料品店
 ■本格手打ちうどん もり
 ■手打ちうどん 渡辺
 ■やな川うどん 本店
 ■香川屋 本店
 ■七福
 ■宮川製麺所
 ■本格手打うどん はゆか
 ■本格手打 もり家
 ■丸宮製麺
上記の

もっとみる

はじめまして。ヒレザケボーイと申します。

こんにちは。僕は、都会生まれ→都会もどき育ち→都会不適合→田舎暮らし中の22歳で、自然と、読書と、釣りと、食べることと、何より魚を愛するボーイです。この投稿は自己紹介的な長文になります。ちょっと長いですが、付き合っていただけると有難いです。

僕は今、あるマイナー県の中でもさらにマイナー町で暮らしています。そこには豊富な食材(追い追い紹介します)や、ふとした瞬間に目にすると、思わずため息が出てしま

もっとみる

油の劣化抑制性能試験、5項目の試験結果が確定しました。

すでに、酸価とカルボニル価については速報としてお伝えしましたが、昨日その他の数値も含めた試験成績書が発行されました。

今回の試験は2017年のものづくり補助金によって製作した試作機に、その後の研究開発の成果である3件目の特許内容を実装した改良機によって行いました。

2017年の製作後に、5日間かけて行った約26.7kg調理実験の結果と比較してみたのが下の表です。

4倍近い調理を行ってこの数値

もっとみる

油の消費量削減を実現するクールフライヤー技術、食用油業界を敵に回すのか?

油の劣化抑制性能試験では、クールフライヤーの劣化抑制性能の高さを証明することができました。それに対して何人かの方から「食用油業界を敵に回すことになる?」との問い、又はご意見を頂きました。

結論から言うと私は全く逆だと思っています。

なので、すでに3月には大手精油メーカーの1社にコンタクトさせて頂きました。ただその時点では、クールフライヤー技術がどのようなものか説明は出来ても、すぐに信じて頂くこ

もっとみる

きのこを刻みながら、ハプスブルク大帝国数百年の歴史を感じる

留学していたウィーンに、7年ぶりに帰ってきた。

学生として来ていた当時はただただ目に入るすべてのものが新鮮だったけれど、料理を軸に世界を訪れだした今の自分の目で見てみると、あのときと何ら変わらぬ市場やレストランを見ても、浮き出して見えてくるものがある。

オーストリアを代表する料理のシュニッツェル(仔牛のカツレツ)はミラノから、グーラシュ(パプリカ煮込み)はハンガリーから持ち込まれたもの。色とり

もっとみる

今日もさぬきうどんを 〝食うかい〟?

機会があって、久しぶりにうどん県でうどんを食べ、あらためてそのおいしさにじーんときた。

強い陽射しの照りつける昼下がり。小さな町の、やや年季の入った製麺所に一歩足を踏み入れると、中はほぼ満席だ。汗とモルタルで汚れた作業着の若者、揃いの野球ユニフォームの中年グループ、よく日焼けした半袖の子どもとその祖父母らしきお年寄り。老若男女を問わず皆、粗末なビニールのクロスをかけたテーブルで、まるで呼吸をする

もっとみる